【アイテム別徹底解説!】デキる男のためのスーツ着こなし完全マニュアル

  • 0
  • 0
  • 1
  • 409
  • 379

※この記事は3ページ構成です。

ビジネスシーンのマストアイテムであるスーツ。

スーツを無難に着こなすのは難しくないですが、人と違った着こなしをセンスよくまとめあげるのは案外難しいものですよね。

  • 「スーツを着る機会はあるけど、いまいちカッコいいスタイルが決まらない…」
  • 「出来るなら周りと差がアイテムを身に着けたいけど、どんなブランドがいいのか分からない…」

などなどスーツスタイルに関してのご相談を頂くことは非常に多いんです。

今回はそんな方のためにデキる男を演出するオシャレなスーツスタイルや、アイテム毎のオススメブランドまで完全解説!

ネクタイやシャツなどのスーツスタイルの主要アイテムごとのオススメブランドや、スーツの着こなしのコツなどなど幅広くご紹介していきます!

加えてビジネスシーンでの印象を格上げできるようなバッグや名刺入れ、腕時計などなどのスーツ以外のアイテムもご紹介。

大ボリュームな内容なので、気になるカテゴリーがあれば目次から飛んでチェックしてみて下さい。

スーツスタイルに迷った時に見返すマニュアルとして、是非参考にしてみてください!

画像出典:u-note.me

bnr_menz

1 おすすめのオシャレスーツコーデ15選

出典:www.houyhnhnm.jp

まずはオシャレなスーツスタイル、コーデを15選ご紹介!

出来る男はスーツの着こなしも一味違います。

まずはかっこいいスーツスタイルのイメージができるようにしておきましょう♫

【さらに詳しいスーツスタイルのコーデ集の記事はコチラ】

1-1 ネイビーのスーツの着こなし5選

マストアイテムであるネイビーのスーツ。

着こなし次第で様々な顔を見せてくれるカラーでもあります。

ビシッとネイビースーツを決めて、デキる男を演出して下さいね!

【ホワイトシャツ×ネイビータイ】

出典:otokomaeken.com

ネイビーのスーツを使った基本的なコーデ。

すっきりとした印象のネイビーのスーツは、ややタイト目なサイズ感で着るのが正解です。

【ブルーシャツ×レジメンタルタイ】

出典:otokomaeken.com

同系色のシャツと合わせた着こなし。

暖色のアイテムを加える事で、より洗練された雰囲気に。

【ホワイトシャツ×グリーンネクタイ】

出典:xn--28ji0dzrzb5th113b.com

春や夏にオススメな、爽やかなグリーンのネクタイを使った着こなし。

季節感あるスーツスタイルが完成します。

【チェックネイビースーツ×ブラウンタイ】

出典:otokomaeken.com

ワンランク上のコーデが完成するチェック柄のスーツを使ったコーデ。

シャツやネクタイは無地のアイテムをチョイスしましょう。 

【レジメンタルタイ×ベスト】

出典:fashionsnap-freaks.net

ネイビーのベストを使ったコーデ。

さり気なくネクタイの暖色をチラ見せしている点も高得点です。

1-2 グレーのスーツの着こなし5選

安定感あるグレーのスーツ。

相手に安心感を与える事が出来るカラーでもあります。

定番のカラーだからこそ奥が深いグレーのスーツのかっこいい着こなしをご紹介していきます!

【ブルーシャツ×ブルータイ】

出典:fashionsnap-freaks.net

グレースーツの基本的な着こなし。

グレーはブルー系のアイテムと合わせるとよりクールな雰囲気に。

ブルー系のアイテムとの相性が抜群です。 

【ピンクシャツ×ブラウンタイ】

出典:fashionsnap-freaks.net

ピンクのシャツを使ったセンスが光るコーデです。

細めのネクタイもオシャレですね。

【ストライプジャケット×ブラックスラックス】

出典:otokomaeken.com

パンツの色を変えて着こなしてもアリ。

上下でトーンの差が大きく開かないように、落ち着いた色合いをチョイスするのが基本です。

【ライトブルーシャツ×グリーンタイ】

出典:otokomaeken.com

相手に爽やかな印象を与えることが出来るグリーンのネクタイを使ったコーデ。

春先や夏などにオススメです。

【ホワイトシャツ×レジメンタルタイ】

出典:kashi-kari.jp

グレーのスーツを使った定番のコーデ。

落ち着いた色合いのネクタイと、シューズカラーがマッチしています。

シンプルな着こなしですが、バランスのとれた雰囲気です。

1-3 ブラウンのスーツの着こなし5選

グッと大人っぽい雰囲気を演出してくれるブラウンのスーツ。

新卒や入社したての方にはやや敷居が高いですが、スーツに慣れてきた方は是非チャレンジしたい着こなしです!

【チェックシャツ×ブラウンタイ】

出典:otokomaeken.com

重厚感あるシックな雰囲気の着こなし。

要所要所に柄モノを取り入れている点も好印象です。 

【ボーダータイ×トイプードル】

出典:kashi-kari.jp

グリーン&イエローのアイビーな雰囲気のネクタイをチョイスしたシャレ感あるコーデ。

ブラウンのスーツならトイプードルの毛がスーツについてもあまり目立ちませんね。

【チェックシャツ×グリーンタイ】

出典:fashionsnap-freaks.net

チェックのシャツとグリーンタイを使ったコーデ。

こなれた雰囲気抜群です。

【総柄シャツ×レジメンタルタイ】

出典:fashionsnap-freaks.net

主張しすぎない総柄のシャツにインパクトあるネクタイを合わせた着こなし。

シンプルに見えて、上級者向けのコーデです。

【ブラウンカーディガン×ブラウンタイ】

 

出典:fashionsnap-freaks.net

カーディガンを使ったコーデ。

ダークブラウンのスーツに対して、やや明るめのカーディガンをチョイスしているのがポイント。

2 オススメのスーツブランド22選

出典:http://otokomaeken.com/

ここからはスーツスタイルを構成するメインアイテムをご紹介。

まずはスーツ本体のブランドから。

リーズナブルなブランドから、歴史的なトップブランドまで幅広くご紹介してきます!

是非お気に入りの一着を見つけてくださいね♫

【さらに詳しいスーツブランドの記事はコチラ】

2-1 リーズナブルでオススメのスーツブランド5選

まずはセットアップで揃えても5万円以下のブランドを中心にセレクトしています。

中でも特にオススメなのは、就活生や新入社員であればORIHICA。

リーズナブルでシャレ感あるアイテムが揃います。

少し金銭的に余裕が出てきたらタイトめなアイテムを得意とするnano・universeのスーツがオススメです。

【nano・universe(ナノユニバース)】

2016_men's-suit-brand_004

出典:http://zozo.jp/

キレイめなアイテムが揃うセレクトショップ。

実は10年以上、オリジナルテーラードラインナップを提案しているブランドでもあるんです。

スーツもスタイリッシュかつ細めの仕上がりで、洗練されたスーツスタイルが完成します。

【ORIHICA(オリヒカ)】

2016_men's-suit-brand_006

出典:onlineshop.orihica.com

スーツブランドである青木が提案する新ブランドであるORIHICA。

ORIginal(独創的で) HIgh(高いレベルで) CAtegory(違う切り口で)という3つのキーワードから命名されたブランドです。

低価格帯でセンスのいいアイテムが手に入ります。

【URBAN RESEARCH DOORS MENS(アーバンリサーチドアーズ)】

2016_men's-suit-brand_010

出典:http://zozo.jp/

カジュアルでナチュラル、シンプルなファッションを提案するセレクトショップ。

スーツのラインナップもシンプルながらも趣味のいいアイテムが揃います。

ワンランク上のシンプルな着こなしが楽しめるブランドです。

【THE SUIT COMPANY(スーツカンパニー)】

2016_men's-suit-brand_007

出典:http://www.uktsc.com/

洋服の青山で有名な青山商事の別ブランド。

全体的にややスリムなアイテムが多く、

価格は抑え目に、しかしデザインはよりスタイリッシュなアイテムが揃います。

細め、伝統的、ゆったりめの3つのスタイルからスーツを選べるのも特徴。

【SUIT SELECT(スーツセレクト)】

2016_men's-suit-brand_008

出典:http://www.suit-select.jp/

コナカの別ライン。

選ぶ、着る、楽しむをテーマに、佐藤可士和氏に総合監修された「合理的に選ぶこと」と「楽しく選ぶこと」を基準に、スーツの新しい買い方そのものをデザインしたスーツショップ。

特にスキニースーツが人気で、シルエットがキレイに決まるブランドです。

2-2 ワンランク上のオススメのスーツブランド5選

セットアップで10万以内のブランドをセレクトしています。

着ているだけで格上の印象を醸し出してくれるオシャレなスーツブランドばかりです。

中でも特にオススメなのは五大陸。質の高い、確かなスーツが揃います。

ワンランク上のスーツへの入門編としてはgreen label relaxingがオススメですよ!

【green label relaxing(グリーンレーベルリラクシング)】

2016_men's-suit-brand_018

出典:http://zozo.jp/

ユナイテッドアローズが提案するライン、グリーンレーベルリラクシング。

カジュアルファッションのセレクトショップですが、ドレッシーなスタイルにも力をいれており、本格的なスーツの提案が楽しめます。

価格帯もリーズナブルで、プロのフィッターのカウンセリングも楽しめます。

【五大陸(ゴタイリク)】

2016_men's-suit-brand_020

出典:mensbrand.rash.jp

「世界的な視野で活躍する男たちが着る東京発の国際服」というコンセプトで、1992年にデビュー。

ブランド名の由来は、「世界の紳士服の魅力を取り入れ、日本の技術で昇華し仕立てる」という志から。

その名に恥じない高い品質で定評を得ています。

【EDIFICE(エディフィス)】

出典:http://zozo.jp/

大人のための上質なカジュアルファッションを提案するエディフィス。

スーツの提案は数あるセレクトショップの中でも頭一つ抜けている印象です。

ワンランク上のスーツスタイルが完成します。

【COOL STRUTTIN&co(クールストラッティン)】

2016_men's-suit-brand_015

出典:http://zozo.jp/

大人の男性に贈るジャズ系スーツブランド。

ニューヨークを中心に1950年代から60年代にかけて活躍した、黒人モダンジャズミュージシャン のスーツスタイルを提案しています。

その時代においてのメインジャズレーベルである、「ブルーノート・レーベル」のアルバムジャケットでジャズメンが着用していたような、細身でシャープなシルエット、ゴージ位置、高めのウエス トライン、ナローラペルのジャケットやノータックで細身のパンツなど、徹底したディテールへのこだわりが楽しめます。

【Loro Piana(ロロ ピアーナ)】

出典:http://zozo.jp/

1936年にイタリアのクアローナで創業された、最高級カシミアと最高級ウールを取り扱う服地メーカー兼プレタブランド。

他社が大量生産の薄利多売に走る中、同ブランドは最高級の原料から最高級の製品を作り出しており、業界の中でも特別な存在として認識されています。

質の高いスーツを楽しむ大人のためのブランドです。

2-3 大人の男のためのオススメ極上スーツブランド5選

誰もが憧れる一流スーツブランドをご紹介します。

セットアップで20万以内と値段は少し高め。

ですが身に纏う事で男としてのランクをグッとアップさせてくれる、是非袖を通したいブランドばかりです。

中でもBRIONI、Kitonはスーツ好きであれば避けて通れないブランドです。

 

【BOGLIOLI(ボリオリ)】

2016_men's-suit-brand_021

出典:item.rakuten.co.jp

説明不要の超有名ブランド。

1890年にイタリアで創業。

「クラシック&モダン」をコンセプトに、創業当時からの伝統に現代的な要素を加え、世界のニーズに応え続けているブランドです。

100年を超えた歴史の中で「ドーヴァー」「Kジャケット」「コート」などの名品を出し、更にニューモデルを発表し続ける気鋭のブランドでもあります。

【BRIONI(ブリオーニ)】

出典:ca.finance.yahoo.com

ブリオーニは世界で最も多くのエクスクルーシブ達が着用していると言っても過言ではない、世界最高峰のスーツブランド。

ハイクオリティな生地ブランドから仕入れた極上の生地を使い、最大規模の縫製工場で作られるブリオーニのスーツは、世界最高峰と言われるだけあるクオリティです。

威厳のあるシルエット、「第二の肌」と称される柔らかい着心地、シーンを選ばないベーシックなラインナップが特徴で、世界の著名人から愛されています。

軽い着心地ながらも、威圧感はないけれども頼りがいのあるような、そんな絶妙なバランス感が楽しめます。

【Kiton(キートン)】

2016_men's-suit-brand_023

出典:isetan.mistore.jp

ブリオーニと並ぶ、あるいは人によってはブリオーニより上にあるとされる南イタリアの一流スーツブランド。

多くの人の憧れのスーツです。

ブリオーニよりも少ない約350人の工房で一着に何十時間も掛けて作られるスーツは、繊細で滑らかな生地、特にカシミアや超絶高番手の生地を使っており、まさに極上の着心地。

また、ナポリという南イタリアの温かい気候から、芯地などをほとんど使用しない軽やかでリラックスした仕立ても特徴の一つ。

リラックスしていながらも、圧倒的な重厚感を放つブランドです。

【D’URBAN(ダーバン)】

出典:toyokeizai.net

日本人がエレガントにシックに着こなすことができるように作られている日本のブランドであるダーバン。

そのこだわり抜かれた縫製に「仕事をするときはダーバン以外は身につけない」という人まで出てくるほど。

全ての工程を自社で行うことから、地が良く、縫製がとても手が込んでいて上質。

「デキる男」を演出してくれます。

【LANVIN(ランバン)】

出典:item.rakuten.co.jp

創業時からファッションモード界の地位を確立し続けている最古のオートクチュールブランドであり、現代服飾ブランドとしては最も歴史の長い部類に入ります。

「LAMVANと言えばオーダーメードスーツ」と言われるほどの高級生地を使ったブランドでもあり、エレガンスをテーマとし、デザイン性だけでなく快適な着心地を追及し続けるブランドです。

「装飾は出来るだけ抑え、色彩は控えめ」というエレガントさがテーマがあるため、シンプルなランナップが特徴です。

上質感と美しい艶感が特徴で、着る人を美しくスマートに見せます。

派手さよりも品格を備えているブランドです。

2-4 世界最高峰のスーツブランド7選

スーツの頂点とも言える歴史ある最高級スーツブランドたち。

オーダーの仕方にもよりますが、20万から100万ほどでスーツを仕立てる事ができます。

なかなか身に纏う機会が多くないブランドばかりですが、ビジネスマンたるもの死ぬまでに1度は袖を通してみたいですね。

  • このブランドの商品をもっと見る

【Ede & Ravenscroft(イード&レベンスクロフト)】

出典:media-knowledge.jp

ロンドン最古の老舗テーラーブランドイード&レベンスクロフト。

1689年に創業し、式典用の礼服やスーツの仕立て販売を行っています。

英国王室の3つ、エリザベス女王、エジンバラ公、チャールズ皇太子すべてからロイヤルワラント認定をもらっていることでも有名です。

【HUNTSMAN(ハンツマン)】

出典:www.gentlemansdivision.com

1849年に創業した英国王室御用達の仕立て屋であるハンツマン。

1919年にサヴィルロウに移転し、仕立てに定評のあるサヴィルロウ地域の数あるブランドの中でも別格扱いされているほどのレベルです。

英国らしい伝統的なスタイルを踏襲しながらも、時代の流行を合わせた最高級のスーツをコンセプトとして提案しています。

【HENRY POOLE(ヘンリー・プール)】

出典:www.permanentstyle.com

1806年創業の、サヴィルロウでも最古の仕立て屋です。

英国王室御用達でもあり、それ以外にも欧州各国の王室から数多くワラントをもらっています。

日本でもパターンオーダーは伊勢丹や三越などの有名百貨店で可能、フルオーダーは年二回開かれるホテルオークラのトランクショーで注文可能です。

【Kilgour(キルガー)】

出典:www.pufnica.com

1882年に「T&Fフレンチ」という名で創業した英国王室御用達の老舗仕立て屋です。

過去にビートルズのスーツを仕立てていたことでも有名で、正統派英国スタイルとモダンスタイルをうまく組み合わせたデザインに定評があります。

重い生地が主流だった時代に軽いスーツを手掛け、着丈が長めでシャープな「ロングエレガンス」として支持されているスタイルは、正統派クラシックと最新スタイルを同時に実現しています。

【ANTONIO PANICO(アントニオ・パニコ)】

出典:www.permanentstyle.com

イタリアナポリを代表する仕立て屋で、ナポリ仕立ての歴史の中でも最高のサルトと言われており、その跳び抜けた技術は孤高の存在であるがゆえに継承不可能とまで言われている事から、「最後のマエストロ」とも呼ばれている天才サルトです。

鮮やかな艶の生地をハンドメイドで丁寧に作りこんだ、イタリアらしい上品な色っぽいスーツデザインが多くのファンを魅了しています。

現在はナポリとローマにアトリエを構えており、政財界の要人をはじめ世界中の好事家が彼のアトリエを訪れています。

 

【SEMINARA(セミナーラ) 】

出典:lukance.com

1957年にジュゼッペ・セミナーラ氏が創業したイタリアフィレンツェの仕立て屋です。

現在は2代目のジャンニ・セミナーラ氏が継承し世界各国に多くのファンを持ち、サッカー界でもスーツ通の三浦知良氏がセミナーラのファンということでも話題となっています。

【MARIO PECORA(マリオ・ペコラ)】

出典:ordermadeguide.com

イタリア、ミラノに拠点を持ち、半世紀以上に渡ってイタリア伝統の「美しくも動きやすい服」をモットーに最高級のオーダースーツを提供している仕立て屋。

流行に沿って大量生産されたスーツとは一線を画した、自身のアイデンティティを表現するためのスーツという考えを体現するエレガントなスーツを楽しむ事ができるブランドです。

既製服はありませんが、日本ではマリオ・ペコラで修行した佐藤英明氏が腕を振るう「ペコラ銀座」でも同様のコンセプトのオーダースーツを注文できます。

3 スーツを着こなす際に気をつけたい10のポイント

ここからはスーツスタイルをカッコよくキメるためのポイントをご紹介していきます!

第一印象が大きく円鏡してくるビジネスの世界において、スーツの役割はとても重要です。

まずは好印象を与えられるスーツの着こなしのポイントを意識しておきましょう!

【さらに詳しいスーツの着こなしポイントの記事はコチラ】

次ページへ

SNSもチェック!