【メンズ必見!】一枚上手な白シャツのオススメブランドと選び方の極意

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
2016_whiteshirt-brand_000

メンズファッションで欠かせない白シャツ。

春夏秋冬、シーン問わずに大活躍してくれるアイテムですよね。

合わせやすく、清潔感もあり女子ウケもいいという最強クラスのアイテム。

でもシンプルなアイテムだけに、どれも同じに見えてしまうからか、なかなか白シャツにこだわっている人って少ないんです…。

しっかりこだわりをもってイケてる白シャツを来こなせば周囲と差をつけられること間違いなし!

今回はカジュアルシーンにオススメの白シャツをご紹介してきます。

是非参考にしてみてください♫

1 白シャツを選ぶときにチェックしたいポイント

シンプルな白シャツだからこそこだわりをもって選ぶことが大切。

大事なポイントをしっかり押さえておきましょう!

 

1-1 素材にしっかりこだわろう

2016_whiteshirt-brand_001

出典:http://www.rakuten.co.jp/

綿(コットン)、麻(リネン)、ポリエステルがメインになってきます。

ベーシックなコットンのシャツを選ぶのが正解です。

夏などはリネンシャツをチョイスするのがオススメ。リネンは着れば着るほど身体に馴染んでくるので、シャツを育てる楽しみが味わえます。

 

素材だけでなく、生地の織り方によっても質感は変わってきます。よく聞くオックスフォードという言葉も織り方のことです。縦糸と横糸を2本ずつにしてあるので織り目が見えやすく、生地の厚みもあるのが特徴です。

ポリエステルのシャツは比較的安価ではありますが、こだわりのシャツ選びをするのであればあまりオススメはしません。

 

1-2 シンプルなアイテムだからこそシルエットには最大限気を使おう

2016_whiteshirt-brand_002

出典:http://www.ozie.co.jp/

シンプルなアイテムでだからこそシルエットの差は大きな違いになってきます。

基本的にはできるだけタイトなシルエットを選ぶことが重要です。

サイズ感で注意したいポイントは上の画像でチェックしてみて下さい。

シャツをしっかり選んでいると、着丈はいいけど手首周りが大きい、全部ちょうどいいけど首回りだけやけに大きいなどといったケースが多発します。

自分の身体にあったシャツを妥協なく選びましょう。

あえて大きいシャツを選ぶのもオシャレですが、慣れないうちはやめておくのが無難です。

 

1-3 ディテールにもしっかり目を向けよう

2016_whiteshirt-brand_003

出典:www.ordershirt.jp

  • シンプルなシャツを買ったつもりが、ステッチがなんか変
  • シンプルなシャツを買ったつもりが、襟がなんか変
  • シンプルなシャツを買ったつもりが、ボタンがなんか変

これは大惨事です。

が、よく起きる事態でもあります。

シンプルなシャツはデザイナーにとっては自由に表現できるアイテムなので、「他とはどこか違う感じ」をさりげなくも積極的に盛り込んできます。

シャツを買うときは細部までしっかりチェックしてから買うようにして下さいね。

2 オススメのシャツブランド

まずはシャツのつくりに定評があるブランドをご紹介していきます。

着ているだけで差がつく事間違いなしのブランドばかりです!

シンプルなシャツながらもどのブランドも着てみると驚くほど着用感が異なります。是非袖を通してお気に入りのアイテムを探してくださいね♪

「そこまでこだわらなくてもいいなあ」という方はユナイテッドアローズ、ビームスなどのセレクトショップのオリジナルアイテムを選ぶことをオススメします。

2-1 ANOTHERSHIRTPLEASE(アナザーシャツプリーズ)

2016_whiteshirt-brand_004

出典:shop.browniegift.com

スウェーデン発のブランド。

一見ベーシックなシャツですが、細部にまでこだわりが詰め込まれています。

綺麗に立体になる襟、細かい針目、上品な素材使いなどはドレッシーな仕立てをベースにしており、

柔らかめの襟芯とカフス芯や、綺麗にパッカリングが出来易い細かめのコバステッチを採用しカジュアルダウンした使い方ができるようデザインされています。

着こむたびに味が出てくるアイテムでもあり、身体に馴染んでクタッとしてきた時の味わいはシャツを着る楽しみを感じさせてくれます。

 

2-2 COMOLI(コモリ)

2016_whiteshirt-brand_005

出典:meetsichie.blog26.fc2.com

「全ての洋服の原型は欧米から生まれ、ある目的の為に作られた物である。」という考えの基、今の日本の気候に合う、日本人の体型に合った、上質でシンプルな日常着を展開するブランド。

織りから仕上げまで、一環して糸に負荷がかからない旧式な工程で仕上げているドレスシャツ生地を使用したシャツが定番アイテム。

たっぷりとゆとりを取ったシルエットが特徴的なアイテムです。

普通に見えるコモリのシャツは、袖を通せば明らかに他のシャツと違う何かを感じる事が出来ます。

 

2-3 CONFECT(コンフェクト)

2016_whiteshirt-brand_006

出典:http://nestrobe.com/

素材、製法にに強いこだわりを持つブランド。

余分なデティールを取り除いたデザインと、極細のリネン糸を国内で丁寧に織り上げた生地の滑らかで張りあるタッチは、他のリネンアイテムとは一線を画すシャツを提案してくれます。

脇やアームホールにはジャケットなどに使われ「る袋縫い」を採用し、前立ても後ろ前立てにするなど、ステッチを極力表に出していません。

またステッチワーク自体も高級なドレスシャツに見られるかなり細かな運針にすることで、素材の雰囲気を最大限に引き出しています。

リネンの極細の糸(80番手)を、これでもかというほど高密度に織り上げた贅沢なアイテムです。

シャツにこだわりがある、わがままな方にこそぜひ手に取っていただきたい一品です。

 

2-4 Engineered Garments(エンジニアドガーメンツ)

2016_whiteshirt-brand_007

出典:wear.jp

制作のすべてをアメリカで行っているエンジニアドガーメンツ。

ワークテイストのアイテムが人気のブランドです。

「子供の頃に夢見た アメリカらしい服をもう一度」という作り手の思いが原点となり、古き良き時代のアメリカの洋服を再編し、企画、縫製、素材、ディテールと細部にも徹底的にこだわり抜き、真の MIDE IN U.S.A を洋服にて表現。

古き良き時代のアメリカンウェアの優れたマテリアル、ディテールを巧みに取り入れ独自のスタイルを提案し、ファッションフリークを虜にしています。

キレイめに見えるのに、きどらず、どこか無骨な表情のシャツを是非楽しんで下さい。

 

2-5 Frank&Eileen(フランクアイリーン)

2016_whiteshirt-brand_008

出典:http://zozo.jp/

アメリカ・カリフォルニア発のシャツブランドです。

多くのセレブに愛されるブランドとしても有名。

ブランド名はデザイナーのオードリー・マックローリンの祖父母の名前に由来、またブランドロゴにある「1947」とは、その祖父母が結婚した年を表しています。

世界観の基本はオードリーの家族となっており、シャツのシリーズには家族の名前を冠しています。

アイルランド出身の祖父母が着ていたシャツから着想を得、当時のシャツを再現するべく2009年スタート。イタリアで130年以上の歴史をもつ老舗生地メーカーの生地を使用した着心地の良さはもちろん、シルエットにもとことんこだわったデザインが特徴です。

こなれた素材感とシルエットは洗練された大人のスタイルをアシストしてくれます。

 

2-6 INDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズドシャツ)

2016_whiteshirt-brand_009

出典:http://zozo.jp/

1961年、John Larescaの手により創業されたインディビジュアライズドシャツ。

創業から半世紀以上経った今も一枚のシャツへのこだわりは一貫しており、カスタムメイドの分野では現在もアメリカ国内シェア1位を誇るファクトリーブランドです。

ボタンダウンシャツの元祖であるブルックスブラザーズのシャツの生産を長きに渡り任されていただけあり、クオリティの高さは折り紙つき。

「個々に応じたシャツ」というブランド名が表すように、ブランドやショップによる別注品を用意する柔軟性も特長の一つ。

実績あるベーシックアイテムだからこそ、本物の風格を楽しむ事が出来ます。

 

2-7 MARGARET HOWELL(マーガレットハウエル)

2016_whiteshirt-brand_010

出典:http://zozo.jp/

イギリスのブランド。

プレスのかかったシャツが主流だった当時のイギリスで、糊の効いていない、ゆったりとしたシルエットのシャツを提案したことでブリティッシュ・ヴォーグでも取り上げられ、マーガレット・ハウエルは「英国の伝統を打ち破ったデザイナー」として高く評価されます。

マーガレット・ハウエルというブランドの真髄、アイコンである白シャツは不思議な魅力をもったアイテム。

上質な素材、丁寧な裁縫を行い、ベーシックながらもトラッドで、遊び心があり、着ている人のキャラクターがスッとおさまるような静かな存在感のあるシャツ。

極めてシンプルな表情ながらもここまで表情を変化させることができるシャツはなかなかありません。

単なるベーシックではない、奥深いシャツに是非袖を通してみて下さい。

 

2-8 nonnative(ノンネイティブ)

2016_whiteshirt-brand_011

出典:http://coverchord.com/

「nonnative」とは「属さない、固有されない」と言う意味。

着ている服に捕らわれない生き方をモットーに、ディテールやロゴなどによるブランドの主張よりも、着心地・シルエット・風合いを優先させたアイテムが特徴です。

そんなブランドが提案するベーシックアイテムはシルエットに無駄がなく、ほんの少し長い着丈やスッキリと細身のシルエットが楽しめます。

トレンドをさり気なく取り込みながらもオリジナルを貫く、静かな反骨心を感じさせてくれるシャツです。

 

2-9 GAMBERT CUSTOM (ギャンバートカスタム)

2016_whiteshirt-brand_012

出典:http://zozo.jp/

1933年アメリカ東部ニュージャージー州に創業し、現在は3代目が運営するシャツメーカー。

他の工場が品質より採算を考えた結果、生産過程を機械化していく中で、未だに多くの箇所の縫製工程を熟練した職人達による手作業で生産しているため信頼も厚く、数多くのブランドやショップのシャツ制作を請け負っている事でも知られる実力あるブランドです。

昔ながらのブランドのシャツにありがちな太めのシルエットは一切なく、シェイプもキツ過ぎず適度なフィット感を楽しめます。

タックアウトで着こなすことを想定して着丈は短めに、肩幅には少しゆとりを取っているためにラフに羽織ることが出来るのも嬉しいところ。

カッティングや縫製のクオリティが飛びぬけているからこそ、プレスを効かせればジャケットやスーツにタイドアップで合わせることも可能という、一枚持っていると様々なシーンで大活躍してくれる万能シャツです。

価格帯:¥20,000~

販売サイトへ

 

2-10 Gitman Brothers(ギットマン ブラザーズ)

2016_whiteshirt-brand_013

出典:http://zozo.jp/

1978年創業のペンシルバニア州の北部にある伝統的なシャツメーカー。

アメリカの高級百貨店での取り扱いを始め、老舗紳士ブランドやデザイナーズブランドのシャツの生産を手がけるなど、アメリカ製を守り続ける信頼性あるブランドです。

創業当時のアーカイブからチョークボタン、背面のロッカーループなど細かなディテールに至るまで忠実に再現しつつ、現代的にモダナイズされた注目のボタンダウンシャツコレコレクションが特にオススメ。

ベーシックなオックスフォード生地で仕上げたボタンダウンシャツはマストで持ってきたい一品です。

2009年には創業当時である70年代後半から80年代初頭のアーカイブを参考にしたギットマン・ヴィンテージというラインも誕生しており、生地も当時のデッドストックをもとにしています。

ギットマン・ヴィンテージのボタンダウンシャツは表前立て(前立てあり)で箱ヒダ(センターボックスプリーツ)というアメリカントラッド仕様であることは当然とし、首の後ろにあるバックボタンやハンガーループなど、往年のファンならばたまらない仕様もしっかり盛り込んでいます。

こちらのラインはクラシックな仕立てながら、現代でもファッションフリークに愛されています。

 

2-11 YAECA(ヤエカ)

2016_whiteshirt-brand_014

出典:http://shop.ciacura.jp/

人気が高く、非常に注目されているブランドのひとつ。

ブランド名の八重日(ヤエカ)には、日々重ねて着てもらえる服作りがしたいという意味が込められています。

「シンプルで長く着ていけるような日常着」を見事に体現しているシャツは、着やすさを追究して改良されてきた、こだわりがたくさん詰まった一着。

特に人気なのがスナップボタンシャツ。

ボタンがスナップボタンになっており、サイドにポケットがついているのが特徴。

極めてシンプルですが、いままでになかったシャツは、一度着てみればその使いやすさに驚くはず。

着心地も抜群で、着れば着るほど手放せなくなるシャツです。

3 大事な白シャツが汚れてしまったら…

大事な白シャツに汚れがつく、襟が黄ばんできているなど、シャツ好きであれば頭を抱える一大事。

そしてなぜか良いシャツを着ている時にかぎって、白シャツに恨みがあるかのようにパスタソースが飛んできたりします。

ここからはそんな有事のためのケア方法をご紹介していきます!

3-1 ソースなどの汚れがついてしまった時の対処法

外で食事をしていたらいつの間にか白シャツに何かが付着してしまった…。

そんな時は染み抜きをしましょう!

「叩きだし」が一般的かつ効果的です。

ですが染みの種類によって対処法が変わってくる可能性があります。

どうしても落ちない場合はすぐにクリーニング屋さんに持っていきましょう。

準備する物

  • 汚れてもいい白い布
  • 水、中性洗剤、石鹸水、ベンジンなど

歯ブラシやタオルに洗剤等を染み込ませて、上からトントンと叩いて、下の布に汚れを移すのが基本のやりかたです。

外出先でシミを付けて、応急処置擦る時も、まずティッシュで汚れを吸い取ってから、シミの下にティッシュをあてがい、シミの上から別の濡らしたティッシュで叩いたり、石鹸水を付けたティッシュで叩いたりしてあげて下さい。

時間がかなり経ってしまったシミは、まずたたき出しと洗濯を行い、それでも落ちなければ漂白液に浸け置きしましょう。

洗剤に漂白剤を混ぜて浸け置くのではなく、先にきちんと洗濯してから、40~50℃のお湯に漂白剤だけを溶かして、1時間ほど浸け置きしてよく濯ぐのがコツです。

 

3-2 襟が汚れてしまった時の対処法

シャツの襟汚れの原因は、毛穴から出る皮脂。

皮脂が襟に付着して「黄ばみ」になり、さらに皮脂の上に「ほこり」や「ちり」が蓄積することで「黒ずみ」になります。

また、汗や紫外線も汚れの原因になるので、夏は特に襟が汚れやすい季節なんです。

考えただけで嫌になりますね。

準備する物

2016_whiteshirt-brand_015

出典:https://lafabric.jp

  •  食器用洗剤(クレンジングオイル、シェービングクリームでも可)
  •  40度以上のぬるま湯

まずこの2アイテムを用意しましょう!

【手順1:汚れている部分を軽くぬるま湯で濡らす】

2016_whiteshirt-brand_016

出典:https://lafabric.jp

あらかじめ湿らせておくと、生地と洗剤がなじみやすくなってくれます。

【手順2:汚れている襟の部分に食器用洗剤(クレンジングオイル、シェービングクリームでも可)を直接塗る】

2016_whiteshirt-brand_017

出典:https://lafabric.jp

汚れている部分全体に塗っていきます。

大量につけると色や柄が落ちてしまう可能性があるので、アイテムによっては注意が必要です。

【手順3:手でもみ洗いする】

2016_whiteshirt-brand_018

出典:https://lafabric.jp

生地同士を優しくすり合わせてあげましょう。毛が柔らかくなった歯ブラシを使っても大丈夫です。

思いっきりゴシゴシと生地をこすり合わせたりすると、生地が傷むんで汚れが逆に奥に入り込み、取れにくくなる可能性があるので、優しくすり合わせることを心がけてください。

【手順4:ぬるま湯で食器用洗剤を洗い流し、いつも通り洗濯機へ】

2016_whiteshirt-brand_019

出典:https://lafabric.jp

後はいつものように洗濯機に入れて心を込めて洗濯してあげましょう。

たったこれだけのことで、あんなに取れなかった襟の汚れが驚くほど落ちてくれますよ♪

まとめ

いかがでしたか?

白シャツを選ぶポイント、オススメのブランド、お手入れ方法をご紹介しました。

選ぶポイントは、

  • 素材
  • シルエット
  • ディテール

です。

良いシャツをしっかりお手入れして、長く楽しんで下さいね!

白シャツを使ったコーデの記事も参考にしてみて下さいね♪

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す

*