メンズのマストアイテム!トレーナー・スウェットコーデ40選

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
2016_trainer_sweat_coordinate_40_000

ラフな雰囲気を演出してくれるトレーナー(スウェット)。

気軽に着られて合わせやすい、メンズファッションのマストアイテムです。

でもラフすぎてコーデが子供っぽくなってしまうことも…

今回はトレーナーを使ったオススメコーデをメインに、着こなしのコツをご紹介していきます!

トレーナー・スウェットのオススメブランドの記事も参考にしてみてくださいね♫

出展:www.houyhnhnm.jp

1 トレーナーの着こなしのコツ

1-1 ダボつくアイテムは避けよう

2016_trainer_sweat_coordinate_40_001

出展:discoverfantasy.com

ラフな雰囲気のトレーナーはダボついたサイズ感で着てしまうと一気に子供っぽくなってしまいます。

ややタイトめなシルエットのアイテムを選ぶのが着こなしのポイントです。

1-2 カラートーンにしっかりメリハリをつけて

2016_trainer_sweat_coordinate_40_002

出展:www.geocities.co.jp

ブルーのトレーナーとデニムを合わせる場合などは、上半身と下半身のカラーが重なってしまう可能性もあります。

トップスが濃ければボトムスは薄めに、トップスが薄ければボトムスは濃いめにするなど、コーデをする際に意識しておくことが必要です。

1-3 レイヤードスタイルを活用しよう 

2016_trainer_sweat_coordinate_40_003

出展:1ldkshop.com

シンプルなトレーナーにはレイヤードスタイルの相性が抜群。

カットソーやシャツなど、レイヤードスタイルを活用すればワンランク上のコーデが完成します。

2 トレーナー(スウェット)を使ったオススメコーデ

ここからはオススメのコーデをご紹介していきます!

【グレートレーナー×デニム】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_004

出典:http://wear.jp/

トレーナーとデニムのシンプルなコーデ。

足元をドレッシーなシューズにする事でアクセントをプラスしています。

【グレートレーナー×スウェットパンツ】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_005

出典:http://wear.jp/

スポーティーなアイテムを上下に組み合わせたコーデ。

ポケット付きのトレーナーがゆるい雰囲気を醸し出してくれています。

【グレートレーナー×黒チノパン】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_006

出典:http://wear.jp/

デザイン入りのアイテムもオススメ。

モノトーンコーデが映えます。

【グレートレーナー×デニム】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_007

出典:http://wear.jp/

レッドのインナーをレイヤードしたスタイル。

胸のロゴもワンポイントでアクセントになっています。

【グレートレーナー×デニム】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_008

出典:http://wear.jp/

ゆるいサイズ感のコーデ。

ストリート感ある着こなしです。

【グレートレーナー×デニム】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_009

出典:http://wear.jp/

カットソーをレイヤードしたスタイル。

首元からチラ見せしたカットソーがこなれた雰囲気を演出してくれています。

【グレートレーナー×黒チノパン】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_010

出典:http://wear.jp/

リブが太めのアイテムを使ったコーデ。

スポーティーながらもタイトめなシルエットでスッキリした印象に。

【グレートレーナー×黒チノパン】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_011

出典:http://wear.jp/

すこし大きめのトレーナーに、細めのボトムスを合わせたコーデ。

足元のレザーシューズでコーデを引き締めています。

【グレートレーナー×チノパン】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_012

出典:http://wear.jp/

ゆったりとしたチノパンを合わせたコーデ。

ノームコアな雰囲気で、シンプルながらもアクセントが効いた着こなしです。

【グレートレーナー×オリーブチノパン】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_013

出典:http://wear.jp/

靴下とトレーナーのカラーを合わせたコーデ。

男らしいオリーブのパンツが抜け感ある男らしさを演出してくれます。

【グレートレーナー×スラックス】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_014

出典:http://wear.jp/

キレイめなスラックスとのコーデ。

あえてラフな印象のあるトレーナーとの合わせもアリ。

【グレートレーナー×パーカー×白チノパン】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_015

出典:http://wear.jp/

ホワイトのパンツと合わせても。

ネイビーのパーカーを合わせるとグッと爽やかな印象に。

【グレートレーナー×スタジャン×黒チノパン】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_016

出典:http://wear.jp/

ラフで男らしいスタジャンコーデ。

モノトーンで統一するとラフ感が程よく中和された雰囲気になりますね。

【グレートレーナー×チェスターコート×デニム】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_017

出典:http://wear.jp/

キャメルのチェスターコートと合わせた上級者コーデ。

ハット、レザーシューズなどのキレイめなアイテム、デニムやトレーナーなどのカジュアルなアイテムとのバランスが抜群です。

【グレートレーナー×ミリタチージャケット×カーゴパンツ】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_018

出典:http://wear.jp/

ミリタリージャケットとオリーブのパンツを組み合わせた無骨で男らしいコーデ。

男らしいコーデにはロゴが入ったトレーナーがオススメです。

【グレートレーナー×レザージャケット×黒チノパン】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_019

出典:http://wear.jp/

レザージャケットと組み合わせたコーデ。

ワイルドな印象です。

【ブラックトレーナー×デニム】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_020

出典:http://wear.jp/

ブラックのトレーナーをホワイトのカットソーとレイヤードしたコーデ。

ブラックのトレーナーは男らしさを引き立ててくれます。

【ブラックトレーナー×カーゴパンツ】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_021

出典:http://wear.jp/

ブラックで固めたトレーナーコーデ。

ホワイトの色使い、胸元のポイントがアクセントになっています。

【ブラックトレーナー×デニム】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_022

出典:http://wear.jp/

スッキリした色合いのブラックのトレーナーに、濃い色合のパンツを合わせる事で、洗練された印象に。

【ブラックトレーナー×デニム】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_023

出典:http://wear.jp/

ブラックで固めたコーデ。

シャツをレイヤードする事で差し色をプラスしています。

【ダウンジャケット×ブラックトレーナー×デニム】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_024

出典:http://wear.jp/

ダウンジャケットを使ったコーデ。

男らしい印象に仕上がっています。

【ホワイトトレーナー×デニム】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_025

出典:http://wear.jp/

柔らかい印象のホワイトのトレーナー。

シンプルなコーデが正解です。

【ホワイトトレーナー×チェックシャツ×デニム】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_026

出典:http://wear.jp/

ネルシャツをレイヤードしたコーデ。

足元のレザーシューズ、ロゴが入ったトレーナーなど、要所要所にシャレ感をプラスしています。

【ホワイトトレーナー×黒チノパン】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_027

出典:http://wear.jp/

ロゴ入りのトレーナーを使ったコーデ。

細身のシルエットでキレイめな印象に仕上げています。

【ホワイトトレーナー×テーラードジャケット×黒チノパン】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_028

出典:http://wear.jp/

テーラードジャケットと合わせるのもアリ。

あえてキレイめなアイテムを使っているあたりが高ポイントです。

【ホワイトトレーナー×ダウンジャケット×デニム】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_029

出典:http://wear.jp/

シンプルなカジュアルコーデ。

ラフに着られるアイテムの組み合わせは、冬場に重宝します。

【エンジトレーナー×チノパン】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_030

出典:http://wear.jp/

エンジ色のトレーナーとチノパンを使ったコーデ。

柔らかい印象に見せてくれます。

【レッドトレーナー×デニム】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_031

出典:http://wear.jp/

ちょっとハードルが高めに見えるレッドのトレーナーはシンプルに合わせるのが正解。

ブラックを基調としたコーデに、足元をホワイトにする事でバランスある着こなしが完成します。

【レッドトレーナー×デニム】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_032

出典:http://wear.jp/

ホワイトのパンツとの相性も抜群。

レッドのトレーナーは男らしいコーデにと合わせる事でより活躍します。

【ピンクトレーナー×デニム】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_033

出典:http://wear.jp/

ピンクのトレーナーはデニムとの合わせがオススメ。

気張らないこなれ感あるスタイルが完成します。

【ブルートレーナー×デニム】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_034

出典:http://wear.jp/

ブルーのトレーナーはデニムとのコーデが正解。

程よい男らしさが演出できます。

【ブルートレーナー×デニム】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_035

出典:http://wear.jp/

サーフ感あるコーデ。

パンツは細身のアイテムがオススメです。

【ブルートレーナー×デニム】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_036

出典:http://wear.jp/

ライトブルーのトレーナーを使ったコーデ。

濃いデニムでカラーのメリハリをつけています。

【ブルートレーナー×デニム】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_037

出典:http://wear.jp/

シャツをレイヤードしたコーデ。

胸のワンポイントがシャレ感を引き立ててくれています。

【ブルートレーナー×シャツ×デニム】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_038

出典:http://wear.jp/

こちらもシャツをレイヤードしたコーデ。

ボトムスをブラックにして引き締まった雰囲気に。

【ブルートレーナー×スラックス】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_039

出典:http://wear.jp/

ラフなトレーナーとスラックスのコーデ。

足元をレザーシューズに、アクセントでハットをかぶる事でキレイめな印象に。

【グリーントレーナー×デニム】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_040

出典:http://wear.jp/

男らしい印象のグリーンのトレーナーは、シンプルなコーデで着こなすのがオススメ。

タイトめなシルエットでキレイめな雰囲気に。

【グリーントレーナー×チノパン】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_041

出典:http://wear.jp/

チノパンと合わせて土っぽい雰囲気を演出。

無骨ながらもリラックスした雰囲気です。

【グリーントレーナー×黒チノパン】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_042

出典:http://wear.jp/

モノトーンのコーデにうっすらグリーンのトレーナーを。

柔らかい雰囲気のコーデです。

【グリーントレーナー×スウェット】

2016_trainer_sweat_coordinate_40_043

出典:http://wear.jp/

スタジャンを合わせてより男らしく。

スウェットパンツと合わせてラフになりすぎないように、シャツをレイヤードしてキレイめなテイストをプラスしているのがポイント。

 

まとめ

いかがでしたか?

トレーナーを使ったコーデをご紹介してきました。

ポイントは、

  • ややタイトめなシルエットで合わせる
  • カラーにメリハリをつける
  • レイヤードスタイルを活用する

この3つ。

是非コーデの参考にしてみてくださいね!

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す

*