マウンテンパーカーコーデをキメる着こなし術&おすすめブランド

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 2
マウンテンパーカー

※この記事は2ページ構成です。

機能性とファッション性を兼ね備えたマウンテンパーカー。

アウトドアでの過酷な状況を想定して作られた防風性、防水性などの機能と、タウンユースのジャケットとしてのファッション性を兼ね備えたジャケットは、マウンテンパーカーをおいて他にないとも言えるほど。

ですがアウトドアやスポーティーな印象があり、このようなコーデに慣れていない人からすればどのように着こなせばいいのか悩んでしまうことも。

この記事ではマウンテンパーカーを使ったコーデやポイントをご紹介していきます。

読み終わった後はもうマウンテンパーカー選びや着こなしに悩むことはありませんよ!

1 マウンテンパーカーを使ったコーデとポイント紹介

1-1 マウンテンパーカーを着る時のポイント

とにかくサイズ感!サイズ感です。ぶっちゃけ他に言う事あんまりないです。

とにかくこれに尽きます。マウンテンパーカーは特にサイズ感のごまかしがききませんよ!

コーデ紹介の写真を参考にしっかりサイズ感を意識しましょう!

 

1-2 コーデ紹介

さあさあここからはコーデ紹介をしていきます。参考にしてみて下さいね。

【マウンテンパーカー×ネイビートーン】

マウンテンパーカー×ネイビートーン

出典:wear.jp

スポーティーな印象になりがちなマウンテンパーカーをフォーマルなテイストのアイテムと組み合わせたコーデ。

バックパックを合わせがちな所をあえてしっかり感あるバッグに、カラートーンも絞ってかなり上品な印象に仕上げています。

アウターの下にインナーダウンを合わせる事で防寒対策も今っぽさもバッチリ。

かなりの技アリコーデです。

【マウンテンパーカー×スウェット】

マウンテンパーカー×スウェット

出典:wear.jp

スポーツテイストを混ぜ込んだコーデです。カーゴパンツに見えますが、実はスウェット。

ラフに寄りすぎそうなアイテムの組み合わせですが、キレイめなシルエットと、インナーのシャツがこなれ感を演出してくれています。

【マウンテンパーカー×デニム】

マウンテンパーカー×デニム

出典:wear.jp

男らしいコーデです。

ベージュのアイテムは無骨な雰囲気になってしまいがちですが、足元にレザーシューズを持ってくる事で洗練された印象に。

【マウンテンパーカー×柄】

マウンテンパーカー×柄

出典:wear.jp

冬場に柄モノを取り入れたければマウンテンパーカーで解決しましょう。

当たり前ですが、他のアイテムは無地の物で。柄モノは一着あると重宝します。

【マウンテンパーカー×モノトーン】

マウンテンパーカー×モノトーン

出典:wear.jp

グレーとホワイトをメインにしたコーデにネイビーのマウンテンパーカーを。

単調な色合いに対しての指し色としても機能してくれます。

【マウンテンパーカー×チノパン】

マウンテンパーカー×チノパン

出典:wear.jp

ブラックのマウンテンパーカーにトーンを落としたネイビーのチノパンを。

ポイントはパンツのサイズ感。9分丈にする事でこなれた印象をあたえてくれます。ホワイトのスニーカーも効いてますね。

【マウンテンパーカー×マリンテイスト】

マウンテンパーカー×マリンテイスト

出典:wear.jp

薄手のなマウンテンパーカーであればシャツやパーカー感覚で着る事も出来ます。

モノトーンコーデ

出典:wear.jp

こんな組み合わせも可能。

ホワイトのマウンテンパーカーは爽やかな印象ですね。

実は夏以外にも使えるアイテムなんです。

2 迷ったらこれを選べ!マウンテンパーカーおすすめブランド6選

さてここからはオススメのブランドをご紹介していきます。アイテムを選ぶ際に参考にしてみて下さいね。

2-1 THE NORTH FACE (ノースフェイス)

THE NORTH FACE (ノースフェイス)

THE NORTH FACE (ノースフェイス)

【参考価格】¥20,000~¥60,000

買っておけばまず間違いないブランドです。

1968年に、アメリカのサンフランシスコで創設されたブランドです。

それまでのアウトドア用のアイテムは、機能性を重視されたものが多く、お洒落を重要視していませんでした。しかし、ノースフェイスは機能性に加え、ファッション性を大切にし、ヒットアイテムを次々生み出して行きます。

デザイン性が若者にうけ、ファッションアイテムの定番として広まっていきました。

数あるアウトドアブランドの中でもデザインが洗練されています。

商品の詳細はコチラ

 

2-2 Columbia (コロンビア)

Columbia (コロンビア)

Columbia (コロンビア)

【参考価格】¥7,000~¥20,000

ちょっとシブめのコロンビア。

1938年からある老舗のブランドです。

コロンビアの代名詞は、アウタージャケットとインナージャケットをジッパーで着脱し、気候に合わせて3通りの着こなしができる「インターチェンジシステム」。

これが爆発的なヒットとなり、1989年には、アウトドアウェアブランドとしてなんと全米シェア第一位を記録。米国内アウトドアウェアの年間最多販売記も打ち立てています。

商品の詳細はコチラ

 

2-3 MAMMUT (マムート)

MAMMUT (マムート)

MAMMUT (マムート)

【参考価格】¥10,000~¥30,000

スイスで設立されたマムート。赤と黒のカラーリングが小粋なブランドです。

ブランドの設立自体は1862年と、歴史はかなり古いんです。本場アルプスの雪山で耐えうる堅牢性・機能性は、アウトドアブランドの中でもトップレベル。
軽量なのに、高機能、デザインもシンプルな「本物志向」なラインナップが魅力です。

商品の詳細はコチラ

 

2-4 ARC’TERYX (アークテリクス)

ARC’TERYX (アークテリクス)

ARC’TERYX (アークテリクス)

【参考価格】¥40,000~¥100,000

1991年誕生のカナダのブランド。

良く見る「防水ジッパー」や「熱を利用した圧着技術」などはアークテリクスが開発したもので、妥協しないモノづくりをするブランドです。

アークテリクスのなんだか不思議なロゴは『始祖鳥(ARCHAEOPTERYX LITHOGRAPHICA)』なんです。

「進化によって空を飛ぶようになった爬虫類(トカゲ)のように、アークテリクスも弛まぬ進化を続けていく」という意味合いが込められているらしいです。

何だか壮大ですね。

商品の詳細はコチラ

 

2-5 CHUMS (チャムス)

CHUMS (チャムス)

CHUMS (チャムス)

【参考価格】¥10,000~¥60,000

米国ユタ州発のカジュアルアウトドアブランド。1983年に誕生しました。

ネーミングは設立者マイク・タゲット氏の愛犬「チャムリー」をもじって命名されたようです。

トレードマークの「ブービーバード」がとてもかわいいブランドです。

そんなブービーバードの愛らしさも相まって、明るく、元気なデザインが特徴的。カジュアルなアウトドアファッションにはうってつけです。

野外フェスのスポンサーも積極的に行っています。

商品の詳細はコチラ

 

2-6 SIERRA DESIGNS (シエラデザイン)

SIERRA DESIGNS (シエラデザイン)

SIERRA DESIGNS (シエラデザイン) 

【参考価格】¥20,000~¥50,000

1965年のアメリカで誕生したブランド。マウンテンパーカーの元祖とも言われているブランドです。「命を託せる物作り」を掲げ、質の高いウェアを作っています。

シェラデザインズの代名詞と言えば60/40マウンテンパーカー。
これはコットン60%、ナイロン40%で織られた生地であるという意味。もっと正確にいえば、コットンを横糸で58%、ナイロンを縦糸で42%。コットン100%よりもごわごわせず、ナイロン100%よりも摩擦に強いんです。
この絶妙な配合が、現代のハイテク素材でも真似することができない高機能性を生み出しています。

機能性と、ファッション性を兼ね備えたマウンテンパーカー。

とっても使い勝手のいいアイテムなんです。

商品の詳細はコチラ

次ページへ

SNSもチェック!