おしゃれな部屋は男をアゲる!インテリア&雑貨コーデ超大全

  • 0
  • 0
  • 4
  • 278
  • 0
201604_interior-technique-perfect-manual_0000

女の子にモテるためにファッションはもちろん大切。でも服がオシャレなだけでモテる訳ではないんです!

筆者も気になる女の子が何回か部屋に遊びに来た事がありましたが、お世辞にもかっこいい部屋ではなかったために少しも進展しませんでした…。

普段は人から見えないライフスタイルに気を配って初めて、モテ男子への扉が開かれます。

「女の子にモテるためには、女の子ウケのいい部屋を作ることもとっても大切」という事を理解した筆者は、モテ部屋を追い求めてモテインテリアを追求しました。

今回は、筆者の研究結果の全てともいえる、モテ部屋をつくるコツ&おすすめインテリアなどなどをご紹介していきます!

画像出典http://nicomachus.jp/interior/

目次

1 女の子ウケ間違いなし!インテリアの人気テイスト9選

モテ部屋をつくる為には、どんな部屋にしたいのかのイメージを明確にしないといけません。

ちょっと良さそうな家具を買い揃えたはいいものの、合わせにくい、サイズ感がなんだか変など、インテリア的に大失敗してしまうとしたら、「どんなテイストの部屋にしたいのか」を明確にできていない可能性があります。

筆者は何も考えず、気の向くままに好きなものだけ集めて収拾がつかなくなった揚句なんか部屋ごちゃごちゃして落ち着かないねというコメントで恋心にとどめを刺された事があります。

実はテイストを「イメージできるかどうか」はかなり大切なんですね。

下記でご紹介する代表的なインテリアの例を参考に、「こんな感じの部屋にしたいなー」ってイメージを膨らませてみて下さいね!

1-1 モダンテイスト

201604_interior-technique-perfect-manual_001

出典http://kagu-note.com/room-of-the-modern-interior-1630

201604_interior-technique-perfect-manual_002

出典:www.1hitorigurashi.com

モダンスタイルは、飾り気のない、直線的なデザインのインテリアでまとめられたスタイルです。ホテルの様な雰囲気で生活感を感じさせず、都会的な洗練された印象、知的な印象を与えてくれます。

レッドやオレンジなどの温かみのある色ではなく、モノトーンやネイビーなど、温度感の低い色でコーディネートされます。

部屋の広い面積を同じ色で合わせてから、ファブリックや小物などで指し色を入れていくのがオススメです。

家具のフォルムは直線でシンプルな物を選ぶと、より都会的な空間を作り出すことができます。スッキリとシンプルに仕上げるのがポイントです。

木目を使う場合はダークトーンを使い、カラートーンを抑えるようにしましょう。

 

1-2 和モダンテイスト

201604_interior-technique-perfect-manual_003

出典:http://www.816chubu.jp/interior/japanese_room/

201604_interior-technique-perfect-manual_004

出典:https://tagle.jp/house/str00000210009

現代的なデザインの中に、和のテイストを取り入れた和モダン。

どこか懐かしい雰囲気で、居心地のいい和モダンスタイルは、実はなかなかテクニカル。

上述のモダンテイストをベースに、カラーバランスや、アイテム、素材、照明、小物などこだわりの調和で完成するやや上級者向けのコーディネートです。

小物などのアイテムでどれほど魅せられるかがポイントです。

 

1-3 ナチュラルテイスト

201604_interior-technique-perfect-manual_005

出典:http://sumai.panasonic.jp/sumai_create/hint/0058cat003.html

201604_interior-technique-perfect-manual_006

出典:https://housy.jp/photo/1874

気張らない優しい印象を与えてくれるナチュラルスタイルは、木の質感、ベージュやアイボリーといった色調を貴重としたコーディネート。自然で明るい雰囲気の、最も人気のあるスタイルの一つです。

木目で明るい色調の家具が活躍してくれます。観葉植物も相性抜群です。

最近ナチュラルテイストのインテリアが増えてきているため、没個性的にならないように小技を効かせたコーディネートで差を付けるよう心掛けてみて下さい。

 

1-4 ヴィンテージテイスト

201604_interior-technique-perfect-manual_007

出典:https://housy.jp/clip/24

201604_interior-technique-perfect-manual_008

出典:http://corkgrips.files.wordpress.com

古めかしいテイストやアイテムでコーディネートされたヴィンテージ。

数あるインテリアコーディネートの中でもアイテムのテイストの統一感を出す事が求められるため、アイテム選びのセンスが問われます。

近年ではサーフテイストやブルックリンスタイルなど、ヴィンテージに他のエッセンスをプラスしてのインテリアコーディネートも多く見られます。

 

1-5 サーフテイスト

201604_interior-technique-perfect-manual_009

出典:https://renoverisu.jp

201604_interior-technique-perfect-manual_010

出典:http://www.kurashiru.com/

近年特に人気が出てきたスタイルです。

カリフォルニア、西海岸風の海を感じさせるコーディネートが特徴です。

ナチュラル素材やヴィンテージ風インテリアをミックスさせ、サーフテイスト、ネイティブアメリカンやカリフォルニアテイストを盛り込んだインテリアは、のんびりとリラックスできる空間を作り出してくれます。

小物使いがとても活きるテイストでもあります。

 

1-6 アジアンテイスト

201604_interior-technique-perfect-manual_011

出典:  interiro.com

201604_interior-technique-perfect-manual_012

出典: www.interior-heart.com

「アジアン」と一口に言っても、中国、インドネシア、バリ、タイなど地域によってテイストも異なれば、素材によっても雰囲気が異なります。

民族模様でデザインされたファブリックや、葉が大きく青々とした南国を感じさせる観葉植物、アジアンテイストの小物などを活用しましょう。

数あるインテリアの種類の中でも特に非日常感を感じさせてくれる、リラックスできるスタイルです。

 

1-7 ポートランドテイスト

201604_interior-technique-perfect-manual_013

出典: tabroom.jp

201604_interior-technique-perfect-manual_014

出典:http://js-furniture.jp/

アメリカのオレゴン州のスタイル。ヴィンテージ感と、いつの時代か分からないタイムレスな雰囲気が特徴です。

あえて必要以上に手を加えない無機質な雰囲気が、温かみを感じさせてくれます。

適当に置かれているように見えても、実はかなり計算されたスタイルでもあり、家具や雑貨の配置一つで雰囲気は大きく変わります。

ヴィンテージベースなため、家具のテイストを揃える事、ありのままの自然な雰囲気をいかに創りだすかがポイントになってきます。

 

1-8 ブルックリンテイスト

201604_interior-technique-perfect-manual_015

出典:http://roomclip.jp/

201604_interior-technique-perfect-manual_016

出典:http://roomclip.jp/

アメリカのマンハッタン州の発祥のモダンとヴィンテージが融合したスタイル。

ヴィンテージ感の中にもゴージャス感や奇抜さを取り入れたマンハッタンスタイルに対し、ブルックリンスタイルは、ヴィンテージ感と最新性はあるものの、等身大の気取らないスタイルと言えます。

観葉植物を多く取り入れたコーディネートが特徴です。

ポートランドやヴィンテージと似ているように見えますが、比較的小物を多く使っており、「ごちゃっ」とした印象です。

失敗すると雑貨がいっぱい置いてあるだけのお部屋になってしまいますので、テイストを揃える事を意識しましょう。

 

1-9 北欧テイスト

201604_interior-technique-perfect-manual_017

出典: andcallalilies.tumblr.com

201604_interior-technique-perfect-manual_018

出典:http://vipworks.net/

年間を通して気温が低い北欧(北ヨーロッパ)では家の中で過ごす時間が多いことや、自然に恵まれた環境から材料となる木材が豊富なため、家具やインテリアなど、住まいに関わる分野で発展を遂げています。

シンプルでオシャレ、でもどこか暖かみのある印象を与えてくれます。

明るいカラーを取り入れる事が多いのも特徴。アクセントカラーの使い方が問われるテイストです。

 

2 モテ部屋をつくる際に参考にしたいオススメショップ&ブランド20選

モテ部屋を創り出すためには、モテ家具やモテ雑貨が売っているお店に足を運ぶ必要もあります。

イケてるお部屋作りに大活躍してくれること間違いなしのショップやブランドをご紹介していきます。

是非お店に足を運んでインテリアの参考にしてみてくださいね。

 

2-1 ACTUS 

201604_interior-technique-perfect-manual_019

出典:http://tabroom.jp/

「丁寧な暮らし」を提案し、全国に全20店舗の直営店をもつ人気ライフスタイルショップ。

モダンなテイストはもちろん、様々なライフスタイルに合った提案が楽しめるショップです。

シンプル、モダンなテイストにオススメです。

 

2-2 AIDEC

201604_interior-technique-perfect-manual_020

出典:http://void-jp.org/projects

「椅子の美術館」がコンセプト。

広くゆったりとした店内に、トーネットやバウハウスの歴史的な名作チェアや最新のデザイナーズチェアが美しくディスプレイされています。

ショールームでは、すべての椅子やソファに自由に座って実際の座り心地を体験することができます。

 

2-3 arflex SHOP TOKYO

201604_interior-technique-perfect-manual_021

出典: interiorshopguide.com

イタリアン・モダンの草分け的存在であるアルフレックス。 

実店舗では、大理石の広がるシンプルモダンな空間で、アルフレックスのプロダクトたちに触れることができます。

イタリアのコンセプトを持ちながらも日本独自のオリジナルデザインのプロダクトも楽しめます。

ヨーロッパらしい、シンプルな中にも遊び心あるデザインが魅力的です。

 

2-4 CARL HANSEN & SON

201604_interior-technique-perfect-manual_022

出典:https://shop.carlhansen.jp/

CARL HANSEN & SONは、デンマークの家具製造販売会社。

創業以来、ハンスJ.ウェグナー、コーア・クリント、フリッツ・ヘニングセンがデザイナーとして属し、彼らのデザインした家具は、北欧インテリアの代表的作として、現代のインテリアシーンにおいても愛される存在です。

北欧テイストを取り入れたい場合は是非チェックしてみて下さい。

 

2-5 CIBONE

201604_interior-technique-perfect-manual_023

出典:https://www.welcome.jp/

「未来のアンティーク、これからのクラシック」を新たなコンセプトとしたショップ。

ショップ=サロンととらえ、「エキシビション」「イベント/ワークショップ」「スペースデザインコンサルテーション」「ウェブ」と4つのコンテンツを基軸にしているショップです。

他とは一味違うシンプルさをもったアイテム、空間はとても魅力的。

こだわりある店内はつい長居してしまいます。

 

2-6 The Conran Shop

201604_interior-technique-perfect-manual_024

出典:http://www.conranshop.jp/

世界を代表するデザイナーとして名を轟かす、サー・テレンス・コンランの「ライフスタイルをデザインする」という考えを楽しめるショップ。

「コンラン・スタイル」とも呼ばれる彼のコンセプトは、「モダン・クラシックと、世界中から着想を得た、新しく、興味深いプロダクトの融合」。

ベーシックに少しひねりを加えたアイテムの数々を楽しんで下さい。

 

2-7 eilersen

201604_interior-technique-perfect-manual_025

出典:www.designbutiken

無駄な装飾のないシンプルなデザインが豊富なソファーブランド。

シンプルなライン、控えめなエレガンス、説得力あるスタイルなどに定評があり、アイラーセンのデザインは気性、表現、個性などの面で豊富な表情を見せてくれますが、同時に一見してアイラーセンのものとわかるような印象を与えてくれます。

 

2-8 Fredericia

201604_interior-technique-perfect-manual_026

出典:http://tabroom.jp/fredericia/

フレデリシアは、1911年創業のデンマークの家具メーカー。

ソファーやチェアだけでなく、「北欧と言えばこの形」と誰もが思い浮かべる典型的なデザインのアイテムが豊富です。

 

2-9 FUJI FURNITURE

201604_interior-technique-perfect-manual_027

出典:www.cozyspace.com

家具産地のひとつ・徳島で創業されたブランドです。熟練の職人技による日本屈指の技術力を誇ります。

総合木製家具メーカーとして国内生産にこだわり続けながら、北欧モダンスタイルも積極的に取り入れ融合させています。

トレンド感を感じさせつつ日本人の暮らしに溶け込みやすいデザインが特徴です。

 

2-10 Green Fingers

201604_interior-technique-perfect-manual_028

出典: www.anythingandeverythingla.com

プラントアーティストの川本諭さんが手掛けるお店。

独特の世界感が国内外問わず高く評価されているブランドです。

グリーンを使ったインテリアを楽しみたい時は、是非参考にしてみて下さい。

 

2-11 hike

201604_interior-technique-perfect-manual_029

ありそうでないデザインが発見できるブランドです。

ヴィンテージという言葉がしっくりくる、歴史を感じさせながらもどこか新しい一面を感じさせる家具たちが魅力的です。

永く愛せるアイテムが多く揃っています。

 

2-12 IDEE 

201604_interior-technique-perfect-manual_030

出典:http://tabroom.jp

代日本を代表するライフスタイルブランドの1つ。

手掛ける家具はすべてオリジナルなうえ、さまざまなデザイナーとのタッグで製品が生み出されるが、シンプルでありながら個性の溢れる“IDEEらしさ”が貫かれているのが特徴。

深いこだわりを感じさせてくれるブランドです。

 

2-13 journal standard Furniture

201604_interior-technique-perfect-manual_031

出典:furniture.jp/

ヴィンテージスタイルを今風に解釈したスタンダードなオリジナルアイテムと、トレンドが感じられる国内外の旬なブランドを組み合わせたテイストミックスのスタイルを提案するショップ。

ヴィンテージやポートランド、ブルックリンなど、男性的なインテリアにマッチします。

 

2-14 SEMPRE

201604_interior-technique-perfect-manual_032

出典:http://www.sempre.jp/

「SEMPRE」の6つの文字は、心地よい暮らしのキーワードを表しています。
SIMPLE, ELEGANCE, MINDFUL, PEACEFUL, RELAXING, ESSENTIALの頭文字がブランド名となっています。

時代の息吹を感じる新しいデザインと、長く愛され続ける普遍的なデザインが相まって生まれる調和とバランスこそ、毎日の暮らしに心地よいシーンをもたらすと考え、アイテムを提案しています。

どんなスタイルにもさり気ない上質さを与えてくれるアイテムが魅力です。

 

 

2-15 STANDARD TRADE

201604_interior-technique-perfect-manual_033

出典:https://www.rebita.co.jp

自然が生み出した木を刻み、削り、組み上げて、それを必要とする人に手渡せることを誇りとし、「スタンダード」な家具づくりを心がけています。

ナチュラル、無骨な家具は永く愛せるものばかりです。

 

2-16 UNICO

201604_interior-technique-perfect-manual_034

出典:http://unico-lifestyle.com/

ナチュラルな雰囲気が魅力的なブランド。

自分が自分らしくいられる空間、リラックスできる空間を提案してくれるショップです。

UNICOはイタリア語で「たった一つの」「大切な」「ユニークな」という意味を持ちます。

是非自分らしくいられるたった一つのスタイルを見つけてみて下さい。

 

2-17 WTW

201604_interior-technique-perfect-manual_035

出典:http://interiorshopguide.com/

urban(都会的)、surf(波)、natural(自然)がコンセプト。

肩ひじ張らない自然体のサーフテイストを中心に、都会的なエッセンスが加わったライフスタイルを楽しむ事が出来ます。

 

2-18 カリモク60

201604_interior-technique-perfect-manual_036

出典:http://vanilla-kagu.com/

近年セレクトショップで見かける機会が多いブランドです。

1962年、それまでミシンのテーブル部分やテレビの木枠部分など木製部分を生産していた刈谷木材が、洋風家具の生産を開始。

それが今日、多くの人から愛されるカリモクの、家具メーカーとしてのスタートでした。

「使うほどに、新しく感じる定番を。今日より明日、もっと好きになるモノたちを。」「自然なこと。やさしいこと。あたたかいこと。普通なこと。特別なこと。」

普遍的なモノに囲まれて暮らすことこそ、最も今らしいスタイルだと考え、アイテムを提案しています。

 

2-19 広松木工

201604_interior-technique-perfect-manual_037

出典: shop.hiromatsu.org

家具の産地・福岡県大川市に拠点を置く1950年創業の家具メーカーによるブランド。

「自分達が良いと思うもの、美しいと感じるものを作り続ける」という信念のもと、家具から生活雑貨までを幅広く手掛けています。

流行にとらわれない普遍的で飽きのこないデザインの製品が多く、日本国内はもちろん世界でも評価を受けています。

イギリス王室ご用達の百貨店・ハロッズへの納入実績も。

シンプルで暖かみがありながらも、洗練された家具が多くの人を魅了してやまない実力派のブランドです。

 

2-20 無印良品

201604_interior-technique-perfect-manual_038

出典:http://muji-life.com/

実はインテリアの評価がとても高い無印良品。

ナチュラルなアイテムが多い無印良品は、インテリアに取り入れやすいのが魅力的です。

 1980年から大切にしている「生活に本当に必要なものを本当に必要なかたちでつくる」という考え方のもと、商品が作られています。

 

3 【Level1】 まずは覚えておきたい!モテインテリアを創り出すための5つの基本テクニック

まずはモテ部屋を創り出すための基本的なテクニックをご紹介します。オシャレな部屋の共通点と言っていいかもしれません。

インテリアを組み替えるのには時として手間と時間がかかりますが、

「モテ部屋は一日にしてならず」

というを心に刻んで一歩ずつモテ部屋を組み上げていきましょう!

 

3-1 ファブリックを統一しよう

201604_interior-technique-perfect-manual_039

参考URL:http://item.rakuten.co.jp

基本のテクニックでありながら、ワンルームの部屋を考えるときに一番大切な条件とも言えます。

なぜなら目につく色で最も大きな面積を占めるのがファブリックだから。ファブリックのテイストがずれていると、家具や小物がどんなに良くても「おしゃれな部屋」の印象を与えることが難しくなってきます。

インテリアを考える時はとにかく「ファブリック(布類)を統一する」ことを意識しましょう。

特に注意したいのは、カーテン、寝具、ソファ、カーペットの色味に統一感があるかどうか。写真のようにグリーンを主体にしていてもトーンが違うとメリハリを生み出す事ができます。

ですがすべてのファブリックを全く同じ色にしてしまうと、何かの施設のようになってしまい、これはこれで落ち着かない部屋になってしまいます…。

簡単なコツとしては、ファブリック類を3色で組み合わせるだけ。それだけでグッとオシャレ度が上がります。

ただし、3色といっても相性があります。ファッションと同じですね。

 

3-2 デスクまわりのオシャレも気を抜かないで

201604_interior-technique-perfect-manual_040

出典: www.sterior.com

狭いお部屋であっても、今や一人暮らしには欠かせないデスク。社会人であれば仕事用のPCデスク、学生さんであれば勉強机としても使えるデスクが必要という人も多いですよね。

「でも機能的すぎるとオシャレさに欠けるし、とはいえオシャレな机はなんだか大きかったり特徴あったりして使いにくいし…」

「オシャレな部屋にしたいけど、デスクがあると何だかテイストが崩れそう…」

こんな悩みを良く聞きます。

特に一人暮らしのワンルームだとなおさら大きなデスクは扱いにくかったりもします。

なのでデスク周りは様々なワザを組み合わせてオシャレに仕上げるのが正解です。

201604_interior-technique-perfect-manual_041

出典: somewhereiwouldliketolive.blogspot.jp

教科書や辞書も含めどうしても書籍類が多くなってしまう事はありませんか?

しかし本棚を設置しようと思っても、本棚分のスペースを確保しないといけなくなってしまいます。

そんな時はデスクの上に棚を設置して、その部分を本棚として活用するのもオススメ。スペースを効率よく活用できます。

この写真のような棚付きのデスクもあるため、インテリアやライフスタイルに合ったものを探してみましょう。

雑貨を置いてもオシャレですね。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_042

出典: elisabethheier.no

普段使わない書類などは、ボックスに収納して棚にしまうと統一感が出て見た目もスッキリ。

ラベリングをすることで、どこに何が入っているのかもわかりやすくなりますよ。

デスク周りに限らずリビングでも使えるテクニックです。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_043

出典: www.hitta-hem.blogspot.se

ワイヤーラックを壁に設置して、必要な物をS字フックで吊るしたり、ウッドピンチなどで挟んでおくと、飾りながら収納でき、すぐに使えて便利です。

 

3-3 シェルフを活用しよう

デスクスペースと就寝スペースが隣同士の場合、インテリアのメリハリをつけるのが実は難しかったります。

しかし、ワンルームの場合はどうしても同じスペース内にデスクとベッドを設置せざるを得ない事もありますよね…

こういった場合は写真のように、シェルフでうまく仕切りを入れるのがおすすめです。こうやってスペースを区切ることで、インテリアにもメリハリが生まれます。勉強や仕事に集中しやすくなるのも利点ですね。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_045

出典:http://www.1hitorigurashi.com

壁にセットしてインテリア棚として使用するのもいいですね。

高い所までアイテムを設置できるので部屋を広く見せてくれます。

 

3-4 テイストによって置くべきアイテムの量をしっかりイメージしておこう

ブルックリンスタイルなどのアイテムを多くして魅せるインテリアもありますし、モダンテイストなどの少ないアイテム数でスマートに魅せるインテリアもあります。

ですが、どちらも中途半端になってしまうとモテ部屋にはなりませんし、かといって極端すぎるのも問題です。部屋全体のイメージを決め次第、バランスを見て適度に作り上げていきましょう。

大切なのは、家具類や小物類のテイストを揃える事です。

 

【アイテムを多めに使ったインテリアの例】

201604_interior-technique-perfect-manual_046
出典:http://js-furniture.jp/
 
 
201604_interior-technique-perfect-manual_047
出典:refopedia.jp
 
 
201604_interior-technique-perfect-manual_048
出典:Pinned from receno.com
 
 

【アイテム少なめのシンプルインテリア例】

201604_interior-technique-perfect-manual_050
出典:Pinned from receno.com
 
 
201604_interior-technique-perfect-manual_051
出典:ttp://livedoor.blogimg.jp 
 

3-5 ソファーなどの「居場所」を用意しよう

居場所を用意しようって言われても、ワンルームには置けるものが限られますよね。

そんな中で実はモテ部屋で大活躍してくれるのがソファーです。

ソファーは女の子受けを狙うなら間違いなく導入すべきアイテムと言っても過言ではありません。

女の子が部屋に来てくれたとして、床の上に直接座ってもらう、それともベッドにいきなり来てもらうとしたら、かなり抵抗があるのではないでしょうか…。

解説が女の子ウケにだいぶ寄ってしまいましたが、お客さんの困惑感をなくすために居場所を作る事が大切。その代名詞がソファーです。

いい感じのソファを置いて、いい感じに盛り上がることができれば、いい感じになれる可能性がグッと上がるはず…。

後ろから柔らかい光が差し込むソファースペース。何かが起こりそうですね。
 
201604_interior-technique-perfect-manual_053
出典:www.interior-heart.com

ソファーに座ってテレビが見れるように設置された二人掛けのソファー。何かが起こりそうですね。

 

4 【Level2】実践してみよう!モテインテリアを創り出すための7つの応用テクニック

Level1の後はLevel2です。ちょっと上級編です。

基本の覚えておきたいことに加えて、実践的かつ、テクニカルな要素が多くなっています。

上述の基本テクニックと合わせてお部屋を組み立てていけば、誰から見ても「オシャレな部屋だな」と思わせる事が出来るはず!

お部屋をお洒落に演出したい!けど、どこから手を付ければいいのか分らない…何をどうしたらお洒落な空間を作れるの?と、思った時は、このお部屋をお洒落にする為のポイントを思い出して、是非実践してみて下さいね。

 

4-1 まずはライフスタイルを把握しよう

お部屋作りの第一段階です。

自分がどんな風な生活を送っているのか、どんなイメージが好きなのかを整理して、部屋のスタイルを決めていきましょう。

雑誌で見つけた素敵な部屋でも、自分が居心地良く過ごせるとは限りません。まずは自分の生活スタイルを把握して、部屋で何をしたいのか、そのために何を置くべきか、しっかりイメージしておきましょう。

ナチュラル系、サーフ系、アジアン系、モダン系、北欧系、和風などなど様々なスタイルがありますが、代表的なスタイルを真似るのは手っ取り早いですが、「自分に合わなくて何だかくつろげない…」なんて事も多いんです。

好きなものを色々合わせるミックススタイルなんて方法もありますが、
なかなかテクニカルかつ、失敗すると目も当てられない大惨事を招きかねません。

どんな部屋にしたいか、イメージをしっかり持っておけば素敵なインテリアの完成までスムーズに進みます。

オシャレな部屋に自分のライフスタイルを合わせるのではなく、自分のライフスタイルに合った部屋のイメージを元に、オシャレなモテ部屋を仕上げていくのが正解です。

 

4-2 どんな雰囲気でインテリアを楽しみたいのかを明確にしよう

先ほども少し触れましたが、

「インテリアをオシャレにしてみたけど、くつろげない…」
こんな意見、とても多いんです。

自分のライフスタイル、気分が本当に求めているインテリアの雰囲気って、実はあまり意識できていません。

この部分をちょっと考えてみましょう。これだけで過ごし方に大きな差が出ます。

 

例えば、のんびりリラックスしたい部屋なら、下記の左の画像ように、

上(天井)が明るく、下(床)が暗い」事が大切な条件になります。

これはいつも太陽が上にある事も少なからず影響しているようです。

自然な日常の生活に近いため、安定感を感じてリラックスできるんです。これは人間の生理的な感覚なんだそうです。

ナチュラル系やサーフ系などがのお部屋がこのイメージに近いですね。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_054

出典:http://aflat.asia/

言われてみれば左のお部屋の方が安定して見えませんか?

軽い色が上、重い色が下だと安定した印象に、

軽い色が下、重い色が上だと不安定な印象になるんですね。

 

そのためムードある雰囲気の部屋なら右の画像のように、

上(天井)が暗く、下(床)が明るい」事が大切になります。

夜に足元がライトアップされているイメージが分かり易いですね。

非日常感のあるこの状態は、不安定感を感じさせ、心の揺れ幅が大きくなります。

アジアン系が代表各ですね。

 

余談ですがイルミネーションデートが成功する確率が高いのは、この非日常感により心の揺れ幅が大きくなっている事も要因の一つなんだとか。

 

暗い色、重い色が上にあると部屋に動きが出ます。感じる距離感も変化し、狭いお部屋でも広く感じさせることが出来るのも特徴。

インテリアのコツは「意識して無意識を感じさせる事」にあります。

「心が落ち着く部屋」「心が動く部屋」

これを意識するだけでもモテ部屋にはグッと近づけますよ!

 

4-3 メインになるカラーを決めよう

どんなお部屋にしたいか、その部屋でどんな気分で過ごしたいかを考えた後は、今度はメインになる色を決めましょう。

ここで意識したいのは三種類

ベース(メイン)カラー、サブカラー、アクセントカラーです。

 

このカラー比率にも黄金比があるとされています。
ベースカラー…全体の70%
サブカラー…全体の25%
アクセントカラー…全体の5%

201604_interior-technique-perfect-manual_055

この比率でインテリアを構成する事で全体のバランスを取る事が出来ます。

インテリアではお部屋の壁や天井が大きな面積を占めますので、
その色がそのままベースカラーになる事が多いです。

そのため、ベースカラーとしてはオフホワイトやブラウンが一般的に合わせやすい色となります。

そこにサブカラーとして、作ってみたい部屋のイメージに合わせてブルーや、レッド、オレンジだったりグリーンだったりと合わせるカラーを選んでいきます。

最後にアクセントになるカラーを差し込むのもポイントです。

 

暖色系と寒色系の効果

201604_interior-technique-perfect-manual_056

出典:http://aflat.asia/

左の画像のように、赤、オレンジ、黄色の暖色系の色相は「膨張色」「進出色」と呼ばれ、実際よりも大きく前にせり出して見えるのが特徴

メインカラーに使うと暖かい雰囲気になりますが、部屋は実際より狭く感じられます

反対に、右の画像、青緑、青、青紫の寒色系の色相は「収縮色」「後退色」と呼ばれ、実際の面積より小さく、引っ込んで見えます。この為、メインカラーに使うと暖色系より部屋を広く見せる事が出来るのもポイントです。

 

4-4 覚えておきたいカラーごとの心理作用

インテリアにおける色のイメージは人の心にも大きく影響します。

色の持つ心理作用を使って、どんな部屋にしたいかのイメージを考えてみましょう。

ポイントは「色にはそれぞれ連想するイメージがあり、どの色をどこに用いれば部屋がどのように見えるのか」というルールを把握すること。

配色次第で好みのイメージを演出できますよ!

201604_interior-technique-perfect-manual_057

  • 温暖色:耐用や火を連想して温かさを感じるイメージ
  • 寒暖色:水や氷を連想して涼しさを感じるイメージ
  • 中性色:温かくも冷たくもなく中間のイメージ

 

4-5 アクセントカラ―を効果的に使おう

アクセントカラーの無い、ぼやっとした空間はメリハリがなく感じられてしまいます。アクセントカラ―を導入する事で、視線の行き場所を意識的に決める事が重要です。

しっかりとした「さし色」を少し入れることによって、メリハリがうまれグッとオシャレさをアップしてくれます。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_067

出典:http://interior-coordinate.info/

ファッションでも使われる色相環。黒やグレー、白が混ざらない最もピュアな「純色」を基準にリング状に並べたものを色相環といいます。

ちょうど「反対側にある色同士が補色の関係にある」と考えられ、お互いの色を目立たせる効果があります。

アクセントカラ―を取り入れる時は、べースカラーやメインカラーに溶け込まないよう、メリハリがつくようにバランスを考えて選んでみてください。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_068

出典:http://simplemodern-interior.jp/

ホワイト、黒でまとめた重厚感のあるリビングのカラーバランス例です。
無彩色の中にアクセントカラーとして有彩色を取り入れています。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_069

出典:http://simplemodern-interior.jp/

ナチュラル感のあるリビングの例。

暖色である赤とオレンジ、中間色の緑を上手くアクセントにした暖かみのあるコーディネートになっています。

 

4-6 目線を意識しよう

案外見落としがちな「目線」への意識。

背が高い家具を揃え過ぎても閉塞感のある部屋になってしまいますし、背が低すぎても広い子供部屋みたいになってしまいます。

ここで意識したいのは目線の高さにインテリアを揃えるという事。

部屋で自分が過ごす時間の多い場所を基準に考えてみましょう。おそらく部屋でずっと立っている人はあまりいないのではないでしょうか?

だいたい居心地のいいソファーやベッドに座っている事が多いですよね。

なので、最も居心地良く長く過ごせる場所からの目線をインテリアの基準として考えてみましょう。

ちなみに背が高い家具よりも、少し低めの方が視線が通り易いのでお部屋は広く見えますよ。家具の高さをある程度そろえておくと、 統一感も出て雰囲気にまとまりが出ます。

 

4-7 間接照明と植物を活用しよう

201604_interior-technique-perfect-manual_070

出典:http://magazine.ietty.me/

ほんのり照らされる部屋に、さり気ない観葉植物。

これは完全にモテ部屋のソレですね。

空いたスペースに観葉植物を置いてみる事で部屋の雰囲気はグッと変化します。

間接照明を置くときは、テレビなどの家具の裏側から照らしてみたり、天井に向かって観葉植物を下から上に照らすなど、あえて空間に陰影を作るようにすると部屋にメリハリが生まれ、リラックスできる空間を作ることができますよ。

間接照明と観葉植物に関しては、下記で細かく解説していきますね。

 5 モテ部屋のマストアイテム「間接照明」を使いこなそう!

リラックス&モテ部屋の必須テクニックです。モテ部屋をつくりたいのであれば、なんとしてでも間接照明を取り入れましょう。

間接照明があるだけで部屋の印象を大きく変えてくれます。

注意したいのは「暗すぎる」状態にならないこと。暗すぎると女の子が警戒してしまいます…。

 

ポイントとコツをつかんで、照明の上手な使い方をマスターしましょう!

 

5-1 間接照明って何?

201604_interior-technique-perfect-manual_071

出典:profile.ne.jp

間接照明とは、光を直接当てずに、壁や天井などに反射させてその周囲を照らすものです。

間接照明を取り入れることで、光が柔らかい印象になります。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_072

出典: www.asahi22.jp

反対例として、光源が見えていて、直接光を当てるものを直接照明といいます。

部屋全体を照らしてくれる生活には欠かせない明かりで、作業効率を上げるなどの効果があります。

そのため間接照明は、直接照明の補助照明として使うのが基本的な考え方です。

 

5-2 間接照明の効果

間接照明を使う事で様々な効果があります。

その中でも、代表的な3つの効果をご紹介します。

 

5-2-1 リラックス効果

201604_interior-technique-perfect-manual_073

出典: yabeen.com

最も代表的な効果ですね。

柔らかく温かみのある光は、心を落ち着かせてくれ、心地よいリラックス状態にさせてくれます。

リラックス状態になることで、集中力を高めたり、快眠効果があったりします。

 

5-2-2 視線誘導効果

2つ目は、視線誘導の効果です。

人間の目には、暗い所より明るいところを見ようとする傾向があります。

観葉植物や壁の絵などにスポットライトの光を当てることで、視線をそちらにに向けることができます。お気に入りの小物や家具などを照らして強調する事でオシャレ度も計算してアップさせる事が出来ます。

逆にいえば、あまり見られたくないところは暗くしておくと、目立たなくすることができます。

 

5-2-3 立体感の演出効果

201604_interior-technique-perfect-manual_075

出典: www.aqura.co.jp

3つ目は、部屋を広く感じさせる効果です。

間接照明で部屋に陰影をつくることで、空間にメリハリをつくることができます。

壁や天井を照らすと、立体感が出て広がりを与える事ができるんです。壁と家具の隙間を照らすと奥行きがあるように感じるのも、この効果があるから。

間接照明を効果的に使えば、天井を高く、部屋を広く見せることができるという事も覚えておきましょう。

 

5-3 間接照明のカンタンテクニック

殺風景になりがちなモノトーンのお部屋も、間接照明のぼんやりとした光で、優しい印象に。

雑貨の置いてある高さに光を持ってきて視線を誘導しているのもポイントです。

 

リラックス感と立体感を演出できる是非取り入れたいテクニックです。

テレビの背後から壁面に向かって間接照明を照らしてしています。光が横へ広がって見えるので、空間が広く、奥行があるように感じることができるんです。

加えて低い位置に照明器具を置くことによって落ち着いた雰囲気も演出してくれます。

間接照明を多段使いしたテクニック。

ホワイトを基調にしたインテリアには、落ち着いた色の電球を使うことで、明るくも落ち着いた部屋に仕上げてくれます。

照明を照らす位置も、高い位置や低い位置に置くことによって解放感や空間の強調など様々な効果を得ることができます。

お部屋が単一のカラーでメリハリがないと感じた場合はこのようなテクニックもオススメです.

 

201604_interior-technique-perfect-manual_079

出典: www.trendir.com

シームレスライトを使ってベッドの下に光源を設置。暗くなっても、足元を優しく照らしてくれます。

が、家でマネするのはちょっと難しそうですね…。

 

ベッドサイドのライトもさることながら、さり気なく壁から間接照明で照らすテクニック。

ライトの色と壁紙の色が計算されていて、落ち着いた印象の寝室に仕上がっています。

 

アジアンテイストにオススメのテクニック。編み込み型のスタンドライトを使っています。

ベッドサイドのライトは小さい照明を想像しがちですが、こういった大きな照明を置いてみるのもアリです。

部屋の雰囲気をさらにエキゾチックな部屋に演出してくれています。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_082

出典: raitonoosyare.seesaa.net

壁を照らすことで、空間に広がりを与えてくれます。

天井と壁を同時に照らすと、空間が立体的になり、おしゃれに見えますね。

写真のように、見せたい雑貨から少しずらした照明の使い方もオススメです。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_083

出典: item.rakuten.co.jp

スポットライトで壁の絵や床の観葉植物などを照らしてみましょう。

お気に入りの家具などを目立たせたい場合は、天井や壁から光が反射するように角度を調節するのがコツです。

直接光を当てない事で、照らされたものが引き立って見えます。

 

5-4 配線はできるだけ雑多に見せないようにしよう

せっかくおしゃれな間接照明を設置したのに、ごちゃごちゃした配線が丸見えでは台無しです。

新築の場合などは壁の中を通したりできますが、基本的に配線は表に出てきてしまいます。できるだけ目立たないように工夫しましょう。

どうしても気になる人や、置きたい場所が配線を隠すのが無理な場所なら、コードレスの間接照明を選ぶのも手です。

 

5-5 火災には注意して

201604_interior-technique-perfect-manual_085

間接照明でもっとも注意しなくてはいけないのは、火災です。

ちょっとした不注意が大惨事を招いてしまいます。

消し忘れには注意して下さい。

燃えてしまってはモテ部屋どころではなくなってしまいます。

照明器具は熱を帯びるので、周囲に燃えやすいものを置いていると本当に危険です。

心配な人は、LEDライトの照明を使うことをおすすめします。

 

6 グリーンを取り入れたインテリアコーディネート20選

 間接照明と同様、モテ部屋を作る上では避けては通れないアイテムがグリーン。

お手入れが簡単な植物も多いため、気軽にお部屋に取り入れることが出来ます。

インテリアにグリーンを取り入れた例をご紹介していきますので、是非参考にしてみて下さいね!

 

201604_interior-technique-perfect-manual_086

出典:https://roomclip.jp/

多くの植物を取り入れたインテリア。

お手入れが簡単なエアプランツを多く取り入れているため、水やりの手間もグッと省けます。

ヴィンテージ感あるお部屋との相性は抜群です。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_087

出典:https://roomclip.jp/

ブルックリンテイストにも。

いたるところに植物が配置されています。

雑多に見えすぎないように考えられたアイテムの大小のバランスにも注目したいですね。

 

 201604_interior-technique-perfect-manual_088

出典:https://roomclip.jp/

木目調の雰囲気にも。

小さいアイテムばかりでインパクトに欠けそうな場合は大きな植物でメリハリをつけるのもテクニックです。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_089

出典:https://roomclip.jp/

エアプランツを効果的に使ったインテリア。

無骨な中にも洗練された雰囲気を漂わせています。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_090

出典:https://roomclip.jp/

ホワイトを基調にした部屋との相性も抜群。

上から吊るすタイプの植物もさり気なくインパクトを与えてくれます。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_091

出典:https://roomclip.jp/

ソファーの横に大鉢の植物を。

無造作に置かれている事で、こなれた雰囲気を演出してくれます。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_092

出典:https://roomclip.jp/

ウッドボックスと植物を組み合わせたコーディネート。

参考にできるポイントが多いテクニックです。

多くの種類を使っていますが、視線をばらつかせない配置、バランス感は参考になります。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_093

 出典:https://roomclip.jp/

モテ部屋感満載のこのお部屋は、さり気なく、かつ効果的に植物を取り入れています。 

気張らない雰囲気が魅力的ですね。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_094

 出典:https://roomclip.jp/

モノトーンが強いモダンテイストのインテリアには、あまり多くの植物を取り入れるのではなく、さり気ない使い方が正解。

グリーンが挿し色になってくれています。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_095

 出典:https://roomclip.jp/

目線の先にさり気なく配置されたグリーン。

さらに視線の先のジャストの位置でなく少しずらしたポイントに配置している点もポイントです。

床には大鉢のグリーンを置きがちですが、写真のように小ぶりのグリーンを置いてもシャレていますね。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_096

 出典:https://roomclip.jp/

サーフ系のインテリアにはインパクトある植物が大活躍してくれます。

いたるところにさり気なくグリーンをあしらっており、リラックスした雰囲気に仕上がっています。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_097

 出典:https://roomclip.jp/

男性らしい部屋にはグリーンが栄えます。

多く取り入れないところもポイントです。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_098

 出典:https://roomclip.jp/

低い視線に統一されたインテリアには小ぶりのグリーンを複数使ってコーディネート。

窓際にグリーンのコーナーを設けています。

手前と奥に緑色がある事でカラーバランスを整えているのもポイント。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_099

 出典:https://roomclip.jp/

北欧テイストにもバッチリ。

シェルフの上に多肉植物やエアプランツをさり気なく。

カラートーンを絞ったインテリアのアクセントになっています。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_100

 出典:https://roomclip.jp/

背の高いグリーンを窓際に配置したのみですが、インパクトがあります。

飾らない雰囲気がリラックスできる等身大のバランスを演出してくれています。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_101

 出典:https://roomclip.jp/

間接照明とグリーンを上手につかったインテリアコーディネート。

間接照明で下からグリーンを照らす事で、また見え方が変わりますね。

テレビに映ったビックマックが気になりますが、こなれたグリーンの使い方です。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_102

 出典:https://roomclip.jp/

ソファーの後ろにざっくりとグリーンを。

自然とグリーンに目が行く効果的な配置ですね。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_103

 出典:https://roomclip.jp/

こちらもソファーの後ろから大ぶりのグリーンを。

ソファー、食卓、台所など、生活で関わる重要なポイントへのアクセントとしてグリーンを使っています。

 

201604_interior-technique-perfect-manual_104

 出典:https://roomclip.jp/

 いたるところにグリーンを使った小技をちりばめたインテリア。

どの視線の先にもグリーンがあるように配置されています。

基本的に目線低めでコーディネートされていますが、視線を上げるとグリーンに目が行くように配置している事で、グリーンに目が行く機会が多くなっています。

 

まとめ

いかがでしたか?

モテ部屋をつくるにはまず、

どのような部屋で、どのように過ごすか

をしっかりイメージしてみて下さいね。

 

それさえイメージ出来れば、あとはインテリアの写真を参考にどんどんレイアウト変更が進むはずです。

 

間接照明やグリーンも織り交ぜて、他の男子と大きく差を付けるモテ部屋を作り上げてくださいね!

少しでもインテリア探しの参考になれば幸いです。

 

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す

*