ビジネスバッグの選び方とオススメブランド

  • 0
  • 0
  • 1
  • 1
  • 0
buisines-bag-brand-000

ビジネスシーンのマストアイテムはスーツやネクタイ、靴だけではありません。

実はバッグもとっても大切。案外相手には見られていたりするんです。

気の利いたビジネスバッグを持っていれば「デキるヤツ」に見られますし、

逆であれば「この人大丈夫かな…」と不信感すら与えてしまいます。

少しこだわったビジネスバッグを選んで、デキるヤツを演出しましょう!

1 正しいビジネスバッグの選び方

「いいバッグは欲しいけど、どうやって選べばいいのか分からない…」

そんな声を良く頂きます。

ポイントはこの3つ。

・自立

・用途

・素材感

この3つを詳しくご紹介していきます。

 

1-1 ビジネスバッグは自立する物を選ぼう

自立する物でないと床に置いた時パタッと倒れてしまいます。

名刺を渡すときにも気を使ってしまいますよね。

ビシッと床に立ってくれる鞄であればその心配がないうえ、型崩れもしないため長く使えます。

それに自立するという事は「マチ」があるという事。内容量も多く入れられます。

 

また自立しているビジネスマンであれば自立するバッグを持つべき、なんて言われ方をする事も。

デキる男としてはまず押さえたいポイントですね。

 

1-2 どう使うのかイメージしよう

PCを入れるのか、書類だけなのか、外回りなのか、内勤なのか、

などで選ぶべきバッグの形が大きく変わってきます。

 

PCと書類どちらがメインか?

パソコンを頻繁に持ち歩く場合はPC対応のバッグを、書類中心なら薄型のブリーフケースと、用途によってオススメのタイプは大きく二分されます。PC対応のバッグは、衝撃に強い構造になっていることが多く、大事なPCを守ってくれますが少し重いのが欠点。

書類だけの場合は軽量級ですが、耐久性が課題点だったりします。

 

移動手段は?

車移動が中心であればバッグの重さは大きく問題ではありませんが、軽いに越したことはありませんよね。

ちなみに1kg以内が軽量バッグの目安と考えておきましょう。

電車移動が中心なら床に置いても汚れにくい底鋲(そこびょう)付き、自転車通勤や、よく歩く方にはには肩掛けもできる3WAYタイプがオススメです。

 

万能なファスナータイプがオススメ

ファスナー付きバッグは、雨から中を守ってくれるのでお勧めです。

ですがファスナーの閉まりはしっかり確認しておきましょう。口が開いているタイプだと中が乱れていた際に相手に不快な印象を与えかねません。

ファスナーがうっかり書類に噛んだりした場合にファスナーの目(噛合わせ部の金具)が小さいと、目が飛んで故障の原因になることもあるので、大きめの目のタイプがオススメです。

 

1-3 素材感を意識しよう

ビジネスバッグの主な素材は、ナイロン、合皮、革の3種類に分類されます。

扱いやすさやメンテナンス性といった素材ごとの長所・短所は、実は表裏一体だったりもします。素材の特性を把握することで、バッグ選びがよりスムーズになりますよ。

 

ナイロン

buisines-bag-brand-001

出典:httpreibun.skry.info

【メリット】 ビジネスバッグの主流となっているナイロン素材はサイズ・種類が豊富です。軽量かつ高撥水素材やPC対応、多ポケットなど機能性が高いのも嬉しいですね。

手入れもしやすく、汚れたとしても薄めた中性洗剤を含ませた布で汚れた箇所を軽くたたけばOKです。

【デメリット】 軽く扱いやすい素材ゆえ、型崩れしやすいのが難点。また、撥水加工であっても、完全防水ではないので雨の日など長時間水に濡れていると浸透してしまいます。丈夫な素材だからといって、その性能を過信しすぎると失敗してしまいます

 

 

合皮

buisines-bag-brand-002

出典:www.nuno100.com

【メリット】 本革に比べれば比較的安価。本革との違いとしては違い水に強く、雨の日でも安心です。手入れも簡単で水拭きだけでOK。カラーバリエーションが豊富で柔らかいデザインが多いので、黒のオーソドックスなバッグに飽きた人にもオススメですよ。

【デメリット】 経年劣化が早く、長期使用には向いていません。使用頻度にもよりますがおよそ2年~3年で素材が劣化してしまう事が多いです。

 

本革

buisines-bag-brand-001

出典:item.rakuten.co.jp

【メリット】 使いこむほどに味わいが出てくるのが魅力の本革。こだわりをもって長く愛用したいという人向きです。お手入れをすればするほど長持ちします。

理想は週に1回、クリーナーや栄養クリームを使ったケアをしてあげましょう。

本革のバッグは雰囲気も抜群なので、デキるビジネスマンの雰囲気をしっかりサポートしてくれます。

 

【デメリット】 本体が重く、中の荷物も多いとかなりの総重量になってしまいます。

また、オールレザーは高価格帯のものが多く、こまめなお手入れも必須。

水に弱い点もデメリットですが、革専用防水スプレーで対応しましょう。

 

2 バッグの種類

ブリーフケースやアタッシェケースといったオーソドックスなタイプに加え、最近は多機能型や3WAY、トートなど、どんどんビジネスバッグが進化しています。

この章で、主なバッグの種類をしっかり押さえておきましょう。

 

2-1 ビジネスバッグのスタンダー ブリーフケース

buisines-bag-brand-004

出典:https://members-club.flets.com
ビジネス用の書類を入れるためのバッグです。
機能性・利便性が高まりサイズ・形態も多様化してビジネスシーンで最もよく見かけるのがブリーフケース(書類鞄)と言えます。

本来は革の手提げタイプですが最近の主流は肩掛けショルダー付きの2WAY。ナイロン製でPC対応のものも増えてきています。

近年では従来よりマチ幅の狭い、ナイロン製の薄マチブリーフも登場しています。

2-2 ビジネス仕様でも堅すぎない印象 ソフトブリーフ 

buisines-bag-brand-005

出典:https://members-club.flets.com
丸みを帯びた柔らかいデザイン、ややカジュアルな印象のソフトブリーフ。
一般的なブリーフケースのように角がスクエアではなく、丸みを帯びているのが特徴です。

ナイロン、合皮、本革問わずランナップがあるアイテムです。

 

2-3 週能力重視 多ポケットタイプ

buisines-bag-brand-006

出典:https://members-club.flets.com
収納力を重視する方向けのタイプ。
ポケットがいっぱいあるので出張などにも便利です。
『32ポケット』『28ポケット』などバッグの内外に多数のポケットが配置され収納力が高い多ポケットタイプはPCやA4ファイル、スマホ、ペットボトル、折り畳傘などさまざまな物ポケットに場所に収まります。ACアダプターや、コード類を持ち歩くPCヘビーユーザーにとっても頼もしい味方です。

 

2-4 通常はブリーフタイプ、リュックやショルダーとしても 3WAYタイプ 

buisines-bag-brand-007

出典:https://members-club.flets.com

手持ち・ショルダー・リュックとして、3通りの使い方ができる3WAYバッグ。

普段はブリーフケースとして使用し、内蔵されているベルトを使えばリュックにもショルダーバックにも変身してくれます。

2-5 重要書類の持ち運びに アタッシェケース 

buisines-bag-brand-007

出典:https://members-club.flets.com
金属製や革張りタイプが主流のアタッシェケース。
特徴としては比較的薄めで角型のビジネス用書類鞄、かっちりとしたフォルムです。革製や「ゼロハリバートン」に代表されるシルバーのジュラルミン製(アルミニウム合金)が一般的。堅牢で機密性が高く、鍵付きタイプも多く見られます。

 

2-6 ビジネスシーンでも大人気 トートバッグ 

buisines-bag-brand-008

出典:https://members-club.flets.com
近年ビジネスシーンで人気が出てきているトートタイプ。

本来はカジュアルなファッションに使うものですが、従来の帆布製以外に、革製やナイロン製など、仕事で使えるトートバッグが登場して来てから人気が高まっています。シックな色やレザーアイテムを選べば、十分ビジネスに対応可能です。

ナイロン製ではPC専用の仕切り付きタイプが登場するなど、機能面でも年々ビジネスシーンに対応できるよう進化しています。

 

2-7 根強い人気 ダレスバッグ

buisines-bag-brand-009

出典:https://members-club.flets.com

山型の独特のフォルムで根強いファンに支持されているダレスバッグ。

実はこれ、戦後に来日したアメリカのダレス特使が持っていたことから名づけられた、日本独自の名称なんです。

海外では医師が使うことも多いタイプで、別名「ドクターズバッグ」とも言われています。そういえば海外ドラマとかでよく見かけますね。

堅牢で容量の多いビジネス用の書類鞄で、中央の口金を外すとがま口状に広く開き、開けた瞬間に中身がひと目でわかるのも特徴です。

 

 

3 ビジネスバッグオススメのブランド

この章ではオススメのブランドを紹介していきます。

ビジネスバッグを選ぶ際に参考にしてみて下さいね。

 

3-1 POTER

buisines-bag-brand-010

出典:http://zozo.jp/

日本国内で絶大な知名度と人気を誇っているのポーター。

シンプルでスタイリッシュなデザイン、非常に扱いやすい素材・機能性から支持を集めています。

 

価格帯…20,000~

詳細はコチラ

 

3-2 BRIEFING

buisines-bag-brand-011

出典:http://zozo.jp/

ミリタリーの技術を使ったブランド。そのため耐久性、機能性は抜群です。

ビジネスシーンでは少しカジュアルな印象に見えますので、使うシーンには注意しましょう。

 

価格帯…40,000~

詳細はコチラ

 

3-3 Felisi

buisines-bag-brand-012

出典:http://zozo.jp/

イタリアのブランド。ナイロンとレザーを組み合わせたアイテムが特徴です。

 

価格帯…50,000~

詳細はコチラ

 

3-4 TUMI

buisines-bag-brand-013

出典:http://zozo.jp/

ビジネスマン御用達の定番バッグブランドの一つ。

防弾チョッキやパラシュートにも使われる素材を使用しているアイテムが特徴。

米軍指定のバリスティックナイロンを使用しながら、ビジネスマン向けに設計された作りが魅力的です。

 

価格帯…30,000~

詳細はコチラ

 

3-5 Daniel&Bob

buisines-bag-brand-014

出典:http://zozo.jp/

イタリアのブランドでレザーを中心としてアイテム展開をしています。

ワンランク上の雰囲気に格上げしてくれるブランドです。

 

価格帯…70,000~

詳細はコチラ

 

3-6 Paul Smith

buisines-bag-brand-015

出典:http://zozo.jp/

シンプルながらも個性あるデザインが特徴のポールスミス。

さり気ないデザインがオシャレ感を演出してくれます。

 

価格帯…20,000~

詳細はコチラ

 

3-7 TAKEO KIKUCHI

buisines-bag-brand-016

出典:http://zozo.jp/

カジュアルなシーンからビジネスまで幅広いラインナップを誇るブランド。

ビジネスバッグにも細部にまでこだわりが見られます。

 

価格帯…20,000~

詳細はコチラ

 

まとめ

いかがでしたか?

ビジネスバッグを選ぶ際は、

・自立

・用途

・素材感

この3点に注意して選んでみて下さい。

かっこいいビジネスバッグで、デキるビジネスマンを演出して下さいね!

 

 

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す

*