【必見!】サラサラヘアを手に入れるトリートメントオススメ10選

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

トリートメントと言えば女性のもの、なんてイメージが強いですが今となってはメンズも髪のお手入れは基本中の基本です。

トリートメントを使えばサラサラでセットしやすいヘアに進化してくれますし、髪のダメージ自体も防いだり改善してくれたりするんです。

というわけでここでは特に人気の洗い流さないトリートメントタイプのトリートメントをご紹介。

是非参考にしてサラサラヘアを手に入れてくださいね。

画像出典http://welcome-to-gettyimages.jp/licensed-by-gettyimages/

1 トリートメントの基本知識

1-1 トリートメントってなに?

トリートメント

出典pixta

そもそもトリートメントとは、髪の表面と髪内部の状態を整えるものです。

バサバサで乾燥してる髪に使えばうるおいのある健康的な髪になり、しかも内部からも修復してくれるという優れものなのです。

1-2 リンスやコンディショナーとの違い

o0671047412689028874

出典http://green-romp.com/blog/?p=8245

では、リンスやコンディショナー良いのでは?と思ったあなた。

これは間違っているんですね。

そもそもリンスやコンディショナー、実はこの2つはほぼ同じです。

ただ、厳密に言うとコンディショナーの方がリンスよりも髪の表面をしっかり保護してくれる働きがあると言われています。

リンスやコンディショナーとトリートメントの違いは以下のようになります。

  • リンスやコンディショナー・・・髪の表面に滑らかさと艶を出す。
  • トリートメント・・・髪表面の状態を整える。内部までも状態を整える。

つまりトリートメントがあればリンスやコンディショナーは不要という事です。

ただし、お風呂上りに髪がキシんでいる状態が嫌な方は、リンスやコンディショナーで肌触りを良くすると良いでしょう。

 

1-3 洗い流さないタイプと流すタイプの違い

toreatment

出典http://xn--y8j2c012k2bd22hg8kjyj.com/

つまり、洗い流すトリートメントと洗い流さないトリートメントの違いは以下のようになります。

  • 洗い流すトリートメント…インバストリートメント。お風呂の中で使うタイプ。
  • 洗い流さないトリートメント…アウトバストリートメント。お風呂の外で使うタイプ。

中でもオススメしているのが洗い流さないタイプのトリートメント。

洗い流さないタイプのトリートメントは、髪の不足している油分や水分、タンパク質を補給してくれたり、ドライヤーの熱の痛みから守ってくれるなど、内部、外部双方から守ってくれる効果があります。

2 オススメのトリートメント10選

2-1 ケラスターゼ

540

出典http://www.cover-s.jp/spa/blog/2014/12/post-185.php

ヘアエステティックの代表格として知られる KERASTASE(ケラスターゼ)のトリートメント。

本場フランス「ロレアル毛髪科学研究所」にて常に最高のクオリティーを実現するために、日々美の研究が行われています。

日本においても、多くのヘアサロンで取り扱われるほどの圧倒的人気を誇り、そのクオリティーからタレントやモデルさんの中にも愛用者が多いのだとか…

シルクのような指通りを手に入れるならKERASTASEで間違いなし。

参考価格 : ¥3,000円

詳細はコチラ

 

2-2 オイリム

item_1000021700_1

出典https://matome.naver.jp/odai/2139227362620593601/2139255834300219203

オイル部門で第一位を獲得したという大人気商品 オイリムのヘアトリートメント。

アーモンドオイル、ザクロ種子オイル、アルガンオイル、マカデミアナッツオイル、ククイナッツオイル、ココナッツオイルなど複数のオイルを贅沢に配合。

思わず触れてみたくなるような滑らかな髪質へと導いてくれます。

参考価格 : ¥1,600円

詳細はコチラ

 

2-3 モロッカンオイル

about_h1_img2

出典http://forcise.info/moroccanoil/about/

スタイリングをしながら髪に栄養を与えることのできるモロッカンオイル。

モロッカンオイルには、抗酸化作用と非常に優れた浸透性を持つ高級オイルとして知られるアルガンオイルを配合しており、健康的でしなやかな髪質を実現してくれます。

うっとりするような甘いバニラの香りもGOOD。

参考価格 : ¥4,000円

詳細はコチラ

 

2-4 ジョンマスターオーガニック

jmp0019_l

出典http://www.johnmasters-select.jp/s/f/dsg-592

ニューヨーク発、人と地球に優しいラグジュアリーなヘアケアコスメブランド john masters organics(ジョンマスターオーガニック)のヘアオイルです。

アルガンオイルを配合しているため地肌と髪にたっぷりと栄養補給できます。

高品質な成分のお墨付きとして知られるオーガニック成分認証機関 エコサートの認証を受けた成分を贅沢に使用しています。

信頼感抜群のヘアオイルですね。

参考価格 : ¥5,000円

詳細はコチラ

 

2-5 モンシャルーテ

167068_xl

出典http://www.cosme.net/product/product_id/10069898/pictures/photo/3032482

アルガンオイルとアプリコットを贅沢にもダブル配合したモンシャルーテのヘアオイル。

上質なアルガンオイルに含まれる高浸透のビタミンEが、髪の奥まで浸透しダメージを補修します。

枝毛や切れ毛でお悩みの方には是非ともオススメしたいヘアオイルです。

参考価格 : ¥1,500円

詳細はコチラ

 

2-6 パンテーン

20151121_07f8e7

出典http://www.mama365.jp/product/384

1000円前後でお買い求めいただけるリーズナブルな価格設定とクオリティが魅力のパンテーン ディープエアエッセンス。

プロビタミン処方で、髪の芯まで浸透し痛みが目立つ毛先も補修しなめらかな髪が朝まで続きます。

オーガニック系のヘアオイルは値段が高く手が出しにくという方にもオススメです。

参考価格 : ¥1,000円

詳細はコチラ

 

2-7  TSUBAKI

shohin_pl_c1_693101_l

出典http://www.shiseido.co.jp/sw/products/SWFG070410.seam?online_shohin_ctlg_kbn=1&shohin_pl_c_cd=693101

カラーやドライヤーの熱でひどく傷んだ髪の毛にも効果抜群なTSUBAKI(ツバキ)のヘアミルクです。

このヘアミルクの特徴は、髪だけでなく地肌にもアプローチしてくれるという点にあります。

外出前につければ、冬も侮れない日中の紫外線から守ってくれる優れもの。

パンテーンに続き、リーズナブルなお値段でお財布にも優しいですね。

 

参考価格 : ¥900円

詳細はコチラ

 

2-8 アハロバター

55286_1_800

出典http://www.cosme.com/products/detail.php?product_id=55287

濡れた髪にも乾いた髪にもお使いいただけるアハロバターのヘアミルクです。

5種のバターと6種以上のオイルに、生コラーゲンを練り込み作られた濃厚なヘアミルク。

最近スーパーフードとしても話題のアサイーや、アユールヴェーダ(インド式の伝承医学)の考え方に基づく伝統的なハーブなどを加え、芯から輝く髪へ導いてくれます。

参考価格 : ¥1,000円

詳細はコチラ

 

2-9 あんず油

41jmqtu5zpl

出典https://www.amazon.co.jp/

べたつかずにしっとりとまとまるクリームタイプのあんず油ヘアクリーム。

男性の中には、やはりオイリーなタイプはちょっと苦手…という方もいますよね。

そんな方にもオススメしたあんず油のヘアクリームはべたつかず、スッと髪に馴染み、内側から髪を補修してくれます。

甘酸っぱいあんずの香りもたまりません。

参考価格 : ¥800円

詳細はコチラ

 

2-10 フラガール

e452350h_l

出典http://www.kenko.com/product/item/itm_6945235072.html

パッケージからも南国の雰囲気が漂うフラガールのヘアオイルです。

厳選されたハワイアンオイルが、乾燥した髪質を整えしっとりとした潤いを与えてくれます。

オイルタイプにもかかわらずベタつきが少ないのも魅力的。

スパにいるかのような香りに包まれ心もリラックスできます。

参考価格 : ¥2,300円

詳細はコチラ

3 まとめ

いかがでしたか?

メンズにオススメのヘアトリートメント10選でした。

今となってはメンズもヘアケアをしっかりした方が女性ウケも間違いなし。

今から対策してさらに男を磨きましょう。

SNSもチェック!