ダウンベストおしゃれな着こなし~メンズコーデ30選~

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
ダウンベスト

※この記事は2ページ構成です。

ダウンベストは セーターやシャツ、デニム、の上から羽織れば着こなしのアクセントにもなり、いつもとは違った着こなしが楽しめるのが魅力的。

ですが、袖がないデザインのため、コーディネートが難しい・・・そんな風に決めつけてしまっていませんか?

メンズのダウンベストは実をいうと・・・夏以外の3シーズン着用する事ができる優れものなんです!

今回はそんなダウンベストの基礎知識から、魅力着こなしのコツコーデ30選

おすすめのブランドと一緒にご紹介します。

1  そもそもダウンベストとは【豆知識】

ダウンベスト

出典http://www.ronherman.jp/lookbook.php

元々はダウンジャケットはアウトドアアイテムです。

そのため雨風を身を守るナイロン製のシェルに、ダウンとフェザーの中綿を詰めたブルゾンになっています。

昔はフロントはジップアップタイプのモノが主流とされていました。

保温性に優れていて、アウトドア以外にもワークウエアーとしてダウンジャケットを着用することもあります。

日本ではアメカジブームの80年代後半から、人気が出だしたアイテムです。

ビンテージジージャンの上にダウンジャケットを羽織ったスタイルが、90年代によく見られました。

Tシャツの上にダウンジャケットを羽織るスタイルもこのころから生まれたスタイルです。

1-1  ダウンベストの特徴

3枚のダウンベスト

出典http://wondermoutain.blog.so-net.ne.jp/archive/c2303042487-1

ダウンベストの特徴といえば、身頃に施したキルティング加工です。

中綿を入れて前と後ろ、全面にキルティングステッチを施しています。

ダウンフェザーじゃない中綿を使用したものは、キルティングベストと呼びますがダウン風と言うこともあります。

1-2  ダウンベストの素材

ダウンベストの素材

出典http://blog.livedoor.jp/comoda810/archives/1010979910.html

表地はナイロン中綿はダウンフェザーを使用するのが定番です。

他にも、変わりどころでは表地にツイードを使用したものが見られます。

ツイードを使用することで、スポーティーなイメージの強いダウンベストが大人な雰囲気へと変わります。

2  ダウンベストの魅力

ダウンベストを着た男性

出典Pinned from coleccha.com

袖が付いているダウンジャケットのほうが暖かく、使いやすいと思う人も多いのではないでしょうか?

そんな方にはカルチャーショックな事実かもしれません!?

袖がないダウンベストだからこその、とっておきな魅力を3つご紹介します。

実は、ダウンジャケットよりもコストパフォーマンスに優れている側面もあるんです。

2-1  ダウンベストは3シーズン着用できる

ダウンベストを着た男性

出典http://www.mensfashion-news.com/blog/wp-content/uploads/2012/10/2012y10m29d_101359953.jpg

ダウンベストは、袖がないので中途半端などの、マイナスイメージを持っている方が多いかもしれません。

しかし、袖の付いたダウンジャケットは冬場の厳冬期の短い期間しか使えないのに対しダウンベストは、冬場コートの中にダウンベストをIN、春先や秋口にはアウターとして活躍します。

つまり、ダウンベストであれば夏以外の3シーズンに対応してくれるので、着用率を考えるとダウンジャケットを買うよりもコストパフォーマンスが高い!ということがわかります。

2-2  コーディネートに取り入れやすい

ダウンベストの置き画像

出典http://item.rakuten.co.jp/solfiglio/sev016/

袖のないダウンベストは、ダウンジャケットのように重い印象を与えないのでちょっとした羽織りものとして、着こなしに取り入れることが可能です。

カジュアルに着こなすならカットソーに羽織ったり、きれいめに着こなすならシャツと合わせたりと、着こなしの幅が広いのもダウンベストの魅力です。

また、薄手のタイプであればインナーダウンとしても活用できます。

2-3  袖がないので動きやすい

ダウンベストを着た男性

出典http://wear.jp/leyline0629/5468292/

袖がないので、腕や肩回りがもたつくことなく動かしやすいというのも他にはないダウンベストの魅力です。

タウンユースはもちろんですが、ちょっとしたアウトドアの際も腕を自由に動かしやすく、体はしっかりと保温してくれるのでおすすめです。

3  ダウンベストを着こなす4つのコツ

ダウンベストを使ったコーデ

出典http://le-21eme.com/category/designers/superdry/

ファッション性と防寒性に優れているダウンベスト。

便利ですが、着こなし難易度の高めなアイテムだと言われています。

ですが、コツさえ押さえれば以外と簡単にコーディネートの強い味方になるんです!

ここでは必ず押さえたい4つのコツをご紹介します。

3-1  ダウンベストとトップスのバランス

ダウンベストとトップスのバランス

出典http://zozo.jp/shop/b2ndrequa/goods/7776096/?did=20937277&kid=13087

ダウンベストに合わせるインナーですが、基本的にダウンベストよりも着丈は長めのほうが着こなしやすいです。

理想の長さは、インナーがダウンベストよりも2〜3cm長いくらいです。

それよりも長いと少しだらしなく見えてしまうので、バランスには気を遣うことをおすすめします。

3-2  同系色でまとめる

モノトーンコーデ

出典http://zozo.jp/shop/nanouniverse/goods/12569408/?did=28426542&kid=13087

ダウンベストを着るうえで基本としてまず抑えたいのが初めて着こなす時はトレンド感や上級者っぽさにこだわる必要はないということです。

おしゃれにそれほど自信がないという方は、ベーシックな王道アイテムを使って同系色でまとまりを意識すると、失敗なく着こなせます。

3-3  ワンアクセントでこなれ感アップ

アクセントを入れたコーデ

出典http://item.rakuten.co.jp/minsobi/ni-out-0703/

ダウンベストのコーディネートに慣れてきたら、ワンポイントアクセントとなるアイテムカラーを取り入れるのがおすすめです。

例えば、ブラックコーデには赤をポイントで取り入れるとメリハリがつきます。

どこかコーデのポイントとなる部分を意識して、是非チャレンジしてみてください!

3-4  インナーダウンで上級者

インナーダウン着用画像

出典http://zozo.jp/?kid=13080

大人っぽく簡単に上級者感が出る着こなしは、やはりインナーダウンです。

もちろんスーツスタイルに合わせるのも良いですし、ドレッシーな着こなしの時に良いはずしにもなり、一気にこなれ感が引き立つコーディネートに仕上がります。

ついでに防寒にもなるので一石二鳥の上級者コーデです。

次ページへ

SNSもチェック!