【メンズ】ヒゲ脱毛をする前に絶対に知っておいて欲しい全情報

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

今や女性だけでなく男性も脱毛が当たり前の時代に突入してきました。

中でも、多くの男性を悩ませているのが「ヒゲ」。

朝剃っても夕方にはもう生えてきたり、剃っても青ひげが残って清潔感のない見た目から本当の自分とは関係のない印象を持たれてしまったりと、濃いヒゲに悩まされている人が多くいます。

そこで今回は、今話題になっている「ヒゲ脱毛」に関する知識を幅広くご紹介!

どれも非常に重要な事ばかりですので是非参考にして、正しい知識を持った上で後悔のないように挑みましょう!

画像出典https://menshealth.pt

1 濃いヒゲで悩んでいる人の主な4つの悩み

1-1 青ひげが恥ずかしい

青ひげ

出典https://www.pakutaso.com

ヒゲ脱毛を検討している方に多いのがやはり青ひげの悩み。

いくらそっても口の周りが青くなってしまい、パット見泥棒のよう…しかも清潔感もなく見た目に自信を持てない。

なんていう方がたくさんいらっしゃいます。

 

1-2 手入れが面倒くさい

ヒゲ剃り

出典https://www.youtube.com

朝の数分、また多い人は夕方も夜もしっかり剃っているなんて言う人もいますが、濃いヒゲはとにかく手入れが面倒!

1日放置するだけでもうボーボーで不潔なヒゲだけで不潔な印象を与えてしまうことにもなっている方もいらっしゃいます。

 

1-3 肌が荒れやすい

ヒゲを触る男性

出典https://sevenpotions.com/

ヒゲが濃い人にとって、手入れは朝だけでなく夕方も夜もする必要がある方が中にはいます。

しかし、ヒゲ剃りの回数が多いほど当然肌にもダメージがかかっているため、肌荒れの原因になってしまっています。

小さなニキビや切り傷があることによって清潔感のある顔を作れていない可能性もありますね。

 

1-4 モテない

寂しがる男性

出典https://www.pakutaso.com/20150652153post-5581.html

単純に、ヒゲが濃いことによって顔周りの清潔感がなくモテないという方も多くいるのが事実。

今の時代、男らしいヒゲが好きという女性は少数になってしまっているためヒゲがないすっきりした顔の方がモテる傾向にあります。

また、プライベートだけでなく仕事においても清潔感のある方が圧倒的に有利であることは間違いないですね。

2 ヒゲ脱毛の主な5種類

ヒゲ脱毛といっても実は色々な種類があります。

大きく2つに分ける事ができるのですが、プロによる処理と自分で行う処理です。

それぞれ特徴があるので、一つ一つ見ていきましょう。

2-1 医療レーザー脱毛(プロ)

医療レーザー脱毛 機器

出典https://www.towergroupintl.com/

医療レーザー脱毛とは、メラニン色素(黒い色)に反応する特殊なレーザーを使用した脱毛施術です。レーザーはムダ毛の黒い色に反応して熱を発し、毛を生やす組織にダメージを与えます。出典:新宿マリアクリニック

数ある脱毛の種類の中で一番効果が早く見られ、さらに痛みも少なく肌へのダメージも少ないという事から非常に人気の施術方法です。

 

2-2 ニードル脱毛(プロ)

ニードル脱毛

出典https://aesthetic-centre.com.au

絶縁針(ETL)脱毛とは、皮膚内の毛根に沿って毛質に合わせた針(絶縁針)を入れ、その針に電気を通し、毛根・毛球・毛乳頭を破壊して脱毛する方法です。出典:美容皮膚科川口クリニック

ニードル脱毛が永久脱毛、つまり本当に映えさせなくする事に関しては一番効果があると言われております。

しかし、大きな難点は毛穴一つ一つに行っていくため、時間がかかる事、そして金額も一般的には200,000円~300,000円程度となかなか高額!

また、さらなる悩みは痛みも一番という事です。

もちろん人によって様々ですが、男でも悶絶するほど痛いという口コミがあるほど痛みは強いらしいです。

 

2-3 エステ脱毛(プロ)

エステ脱毛

出典https://cpstyle.jp/

医療脱毛もエステ脱毛もレーザーや光を毛根に照射するという事には変わりはありませんが、照射できる出力の強さが異なるため、効果にも格段に差がでます。

細胞を破壊する行為は医療行為に当たるため、レーザー脱毛は医療機関でしか行えません

エステ脱毛(美容脱毛)では毛を生成する細胞にダメージを与える事はできても破壊するほどの強いパワーを出すことはできません。出典:メアリクリニック

医療脱毛よりも効果は薄く、一時的な抑毛ができる程度といわれています。

その分、エステ脱毛は1回分としては比較的リーズナブルということが言えますが、効果が弱い分、たくさん通わなければいけないので、

トータルすると医療脱毛よりも余計にお金がかかったということもざらにあることです。

 

2-4 家庭用脱毛器(セルフ)

家庭用脱毛器

出典https://www.amazon.co.jp/

家庭用脱毛器は、光を照射する脱毛を自宅で、しかもセルフで行えるものです。

家庭用脱毛器によってセルフで脱毛することも可能ですが、ヒゲは毛が太く濃いため脱毛と呼べるまでの効果は得られないかもしれません。

あくまでセルフで行うものですし、プロの手によって行われる脱毛と比べると当然その差はあります。

また、料金は抑える事ができますが、効果が出るまでの期間はグッと長くなります。

しかし、わざわざ通うこともなく自宅で一人でできるので恥ずかしい思いもせずにできる事から、人気となっている事も事実です。

 

2-5 抑毛クリーム(セルフ)

抑毛クリーム

出典https://www.amazon.co.jp

気になるヒゲのところにクリームを塗って放置し、ヒゲ一本一本弱くする方法です。

名前の通り、あくまで抑毛であり脱毛のような毛をなくすまでの効果はありません。

除毛クリームなどと一緒にされがちですが、除毛クリームはヒゲ周りに使うには成分が強すぎて肌に良くない為、肌荒れやニキビ等の原因になってしまうだけでなく、ヒゲのような硬い毛には効果がないので避けましょう。

抑毛クリームに関しては、クリームを買うだけなので料金も抑えられ、肌にかかる負担も小さく、塗るだけで良いので簡単に行う事ができます。

1~3ヶ月を目安に使う事で毛が薄くなっていくという実感を得ることができると言われています。

3 ヒゲ脱毛によるメリット

3-1 つるつるになる

ヒゲをみる男性

出典https://www.pakutaso.com/20180339067post-15490.html

脱毛によって今までに感じたことのないツルツル感はやはり病みつきになるものです!

ツルツルの肌は気持ちよく、肌触り抜群!

 

3-2 処理にかかっていた時間、費用が減る

時計を見る男性

出典https://www.pakutaso.com/20150259057web-1.html

今までかかっていた数分の朝のひげ剃り時間が圧倒的に減ります。

またシェーバー代、クリーム等の費用も当然かからなくなります。

時間も費用も一気に削減出来ることになります。

 

3-3 モテる

モテる

出典https://www.hindustantimes.com

今の時代、ヒゲが無い男性の方が好きという女性が多いため、ヒゲがなく清潔感のある顔は単純にモテます。

ヒゲがなくなってから、女性と付き合う回数が増えた事や気になっていた人と結ばれた等良い方向に転じた人も多くいるのが事実です。

 

3-4 自信が持てるようになる

スーツを来た男性

出典https://www.irreverentgent.com

ヒゲがボーボーのせいで清潔感がなく、人と接する事に億劫だった方にとってツルツルの肌を手に入れる事は圧倒的な自信の向上に繋がります。

仕事はもちろん、プライベートの人付き合いの時にも、脱毛によって自信のある佇まい、姿勢になることによって別人といえる程変化する人もいるようです。

すべてにおいて相乗効果を生み、物事が好転していくきっかけにもなります!

4 ヒゲ脱毛によるデメリット

4-1 時間・お金がかかる

時計とお金

出典https://www.inc.com

脱毛をするという事は当然、時間もお金もかかります。

1回当たり20分~1時間程の施術時間、また数万円〜100万円と大きな時間とお金が必要です。

また、さらにそれに加えて労力もあるため根気強く継続して行う大変さは必要不可欠ですが一種のデメリットですね。

 

4-2 痛い

痛みで顔を抑える男性

出典https://www.medicinenet.com

医療レーザー脱毛、ニードル脱毛、エステによるフラッシュ脱毛、それぞれ痛みの程度は大きく変わりますが、

毛穴を攻撃している分、もちろんある程度の痛みはあります。

また、施術している時の痛みだけでなく、アフターのヒリヒリ感やそこから炎症を起こした場合にできるニキビや毛嚢炎、やけど等の痛みも場合によってはあります。

この痛みという部分もある種デメリットといえるかもしれません。

 

4-3 本当に生えて来なくなる

レーザー治療している男性

出典https://www.youtube.com

意外と脱毛を行ってから多いのが、「またヒゲを生やしたい」という願望。

当然、脱毛をしっかり行った場合は今後も生えてこないか、生えてきても限りなく少なくしか生えてきません。

今は、毛が多いのでなくしたいと思っているかもしれませんが将来的に本当に生えなくても良いのかという点もしっかり自分と相談する必要があります。

 

4-4 日焼け禁止

日焼けした体

出典https://www.merckmanuals.com

脱毛期間中は、基本的に日焼けは禁止です。

理由は、

・痛みを感じやすくなってしまう

・脱毛効果落ちる

・肌トラブルが起きやすい

です。

なので、夏の脱毛は意外と難しく、するなら肌のためにも冬の時期から夏に向けて準備するのが一番良いと言われています。

5 ヒゲ脱毛にかかる平均金額

5-1 医療レーザー脱毛の場合

当然受ける場所によって金額感は変わってきますが、目安としてこちらを御覧ください。

ゴリラクリニック 料金表

出典https://hige-gorilla-datsumo.com/menuprice.html

こちらは医療レーザー脱毛で人気のゴリラクリニックさんでの料金表ですが、

一般的に気になるところの鼻下、アゴ、アゴ下の3部位で68,800円/6回(税抜)です。

 

湘南美容クリニック 料金表

出典https://www.s-b-c.net/lp/bodycare-mens2.html

そしてこちらは、湘南美容クリニックさんの料金表です。

こちらは、鼻下、アゴ、アゴ下の3部位で29,800円/6回です。

 

ここで大事なことは、そもそも6回で本当に納得行くまでの効果が得られるかということです。

ちなみに、90%脱毛完了!(ヒゲがなくなる程度)となるまでの平均回数はおおよそ10回と言われており、

完全にツルツルとなるまでは15回ほどが目安といわれています。※個人差あり

 

つまり、ゴリラクリニックで10回受けた場合は、68,800円/6回+400円/4回で合計は、79200円(税抜)。

湘南美容クリニックで10回受けた場合は、29,800円/6回+39200/4回で合計は、69000円(税込)。

 

10回程度で、ヒゲがなくなった!という効果くらいでOKに方には、湘南美容クリニックの方が安く、

完全にツルツルにしたい!という方にはゴリラクリニック安くすむということですね。

 

5-2 ニードル脱毛の場合

ニードル脱毛は、ほとんどが皮膚科、形成外科、美容外科等のきちんとしたクリニックで行う事となり、医療レーザー脱毛のようにみんながいく有名なところはココだ!

というものがあまりありません。

金額面に関して、基本的に時間制でいくらというような価格設定が基本となっています。

目安としては、5分/2000~3000円が一般的です。

ただしこれはあくまで施術代なので、最初には初診料、軟膏の料金もプラスされます。

また、毛の多さや痛みによる影響から続行する時間にも大きく差が出るそうです。

そして、総額の目安としては、

90%脱毛完了!(効果をしっかり得られた)となるまでには、約400,000円

完全にツルツル!となるまでには約1,000,000円

と言われることもあります。

かなり金額差があり、更に高額になりますがこのニードル脱毛が永久脱毛と言われる脱毛の効果としては一番高く、とにかくヒゲをもう生やしたくない!という方におすすめです。

 

5-3 エステ脱毛の場合

メンズエステの場合は、下記のような料金表が目安です。

BOWZU 料金表

出典https://www.bowzu.com/price/?id=kao

こちらは、メンズ脱毛専門店「BOWZU」さんの料金表ですが、

上記のような医療レーザーの回数や場所を同じとすると、

ヒゲ3部位で、1万円/1回ということになります。

 

また、エステ脱毛は基本的にフラッシュ脱毛になり、先程説明した通りレーザーよりも効果は感じられません。

なので、90%脱毛完了!(効果をしっかり得られた)となるまでには、15回程度は必要として、150,000円

完全にツルツル!となるまで(そもそもで完全にツルツルにはなりづらい)には、20回程度は必要として200,000円

ほどかかるということになります。

1回当たりの単価としては安いものの、行う回数や期間等を加味すると、納得の行く結果までに料金が結構かかってしまうことが多々あります。

 

5-4 家庭用脱毛器の場合

ケノン

出典https://item.rakuten.co.jp/mrock/ke-non2/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_113_0_10001868

商品の詳細はこちら

 

家庭用脱毛器の場合は、基本的にその機械の金額と取替えカートリッジ代だけで済むことになります。

カートリッジは、電球と同じく光る回数によって機能が弱っていくのでその時に交換するために必要となります。

あくまで家庭用脱毛器なので、完全脱毛まで毛をなくすことは難しいのですが、自分で処理が楽にできるレベルなら、1個〜2個あれば十分という声が多くあります。

そして、気になる今色々なメディアで人気となっているケノンの家庭用脱毛器は本体で約7万円、カートリッジ代で、6800円〜9800円となっているため、

おおよそ8万円程が目安となります。

 

5-5 抑毛クリームの場合

AFTER SHAVE LOATION

出典https://item.rakuten.co.jp/andbeauty/1150897/

商品の詳細はこちら

 

抑毛クリームの場合は、クリーム代しかかからないため基本的には5000円~1万円で済むものが多いです。

今、楽天で6冠を達成している人気の抑毛クリームは、約5000円で購入可能!

化粧水としても使えるため、日々継続していく簡単さの面でもおすすめです。

 

6 完全脱毛までにかかる目安の期間と回数

6-1 医療レーザー脱毛の場合

医療レーザー脱毛の場合、一般的に言われているのが10回程度で期間は半年!

濃い人だと15回程度で1年程度というのが目安です。

また、期間に関しては毛の生える周期があり一度施術をしてから4週間程開けるのが普通です。

一度施術を行ってから、期間を開けてまた生えてくるのを待ち、生え揃ったタイミングでまた施術、それを繰り返すのですがそれが4週間程と言われています。

しかし、施術を行うたびに少しずつ開ける期間も長くしていくため、あくまで目安で人によって少し左右される部分ということを覚えておきましょう。

 

 

6-2 ニードル脱毛の場合

ニードル脱毛の場合は、施術回数ではなく一般的には時間単位での計算になります。

約10時間程度で、いわゆる効果が実感できるレベルまでの脱毛ができ、その期間は約1年!

完全になくなった!と実感できるまでで、20時間~40時間でその期間は、約2年程度と言われています。

レーザー脱毛と期間大きく変わらないですね。

 

 

6-3 エステ脱毛の場合

エステ脱毛の場合は、一般的に10回程度、期間は1年程と言われています。

ひげの濃い方だと約20回程度で1年半程度が目安です。

医療レーザー脱毛よりもパワーが弱いため当然期間は長くなります。

 

 

6-4 家庭用脱毛器の場合

家庭用脱毛器の場合は、1週間に1回の照射(5~10回)、これを15回〜25回行うことで毛も薄くなり処理も楽になるという実感を得るレベルに達する事ができます。

つまり、約4~7ヶ月程が目安です。

毛の量、照射パワー、頻度によってもちろん大きく差がありますが、目安としてはこのくらいでしょう。

医療脱毛のようにツルツルにすることはなかなか難しいので、あくまで目安として覚えておきましょう。

 

 

6-5 抑毛クリームの場合

抑毛クリームの場合は、基本的に毎日使用して「少し薄くなってきたな」と感じるまでに最低でも1ヶ月はかかると言われています。

また、あくまで抑毛なので少しずつ薄くなってくるという感覚であり個人差も非常にあるということをしっかり覚えておきましょう。

 

7 ヒゲ脱毛体験者の意見

7-1 良い意見

もうすっきりツルツルです!

完全脱毛を目標にしていたので10回以上通いましたが、日頃の手入れするストレスもなくなり時間も空き、いいこと尽くし。

爽やかでいいね!と言ってもらえたり非常に満足しています。

 

 

朝剃ったヒゲが夕方には生えてきて、夜にはまたボーボーという体質でしたが脱毛を行ってからその悩みがなくなりました。

私はそこまで痛みも感じずに出来たのでそこまで困る事もなかったですね。

なによりも手入れする面倒がなくなったことが大きい!

 

 

毎日カミソリでヒゲを剃っていた分、肌が赤くなったり荒れたりと悩まされていました。

しかし、脱毛を行ってから2,3日に1回程度で処理が済むので本当に楽ですし、肌のトラブルがなくなって自信にも繋がっています。

 

 

7-2 悪い意見

針で刺すような痛みが本当に嫌だった。

施術後2,3日は赤みがあって腫れたりするので直近で女性と会う予定があったりするとちょっと恥ずかしいですね。

 

やっぱり5,6回通って効果が出始めるという期間の長さを我慢しないと行けないのが嫌ですね。

1回で効果を期待している人はがっかりするのでその期待は捨てるべき。

 

肌が弱いので施術から1週間しても肌が赤くプツプツとしてちょっとかゆかったり少し荒れたりするのがストレスでしたね。

期間中はそれと戦うのも一種の我慢する点ですね。

 

結局、本気で脱毛するならまじで医療脱毛かニードルがおすすめです。

エステだったり家庭用の脱毛器はやっぱりかなりお金と時間がかかるだけで結局数十万かかっちゃったって事が起きます。

ヒゲが濃くてしっかり脱毛したいって人は、最初から効果が大きいところに行った方が絶対無難です!

 

 

まとめ

今回は、多くの人が悩まされているヒゲ脱毛に関してのご紹介でした。

脱毛の方法や種類によって大きく期間も料金も変わってくるので自分にあったものを見つけて後悔のないように行う事が大事です。

また、どの程度ヒゲをなくすのかということも今の気持ちだけでなく今後の事も考える事が重要です!

是非参考にして今まで苦労していたヒゲの処理から開放されて新しい自分を見つけてみてはいかがでしょうか!

 

こちらの記事もおすすめ!

【クリニック・サロン別】男の腕脱毛の料金目安一覧!

【サロン・クリニック別】メンズのワキ脱毛の料金一覧

クリニック・サロン別!メンズ脱毛の料金一覧まとめ!

種類別!東京都内にあるメンズ脱毛機関14選

今やハイジ男子は常識?メンズのVIO脱毛によるメリットや料金をご紹介

 

SNSもチェック!