メンズ必見!一味違うこだわりスウェットパンツブランド紹介

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
201605_mens-sweatpants-brand_000

オシャレのマストアイテムにまで注目されるようになったスウェット。

だらしなくならないようにかっこよく見えるコーデのコツさえ意識すれば、ファッションの即戦力になってくれるアイテムです。

でもスウェットパンツをコーデに取り入れる敷居が低くなってきたからこそ、周囲とアイテムがかぶってしまう事も多くなってきました。

この記事では定番のブランドから、一目置かれる通なブランドまで、幅広くご紹介していきます。

スウェットパンツを選ぶ際の参考にしてみて下さいね!

1 Champion

201605_mens-sweatpants-brand_001

出展:www.amazon.co.jp

1919年からある歴史あるブランドで、スウェットといえばこのブランドを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

米軍の運動用ウェアを手掛けていたため、頑丈な作りが特徴で、いつの時代も品質にこだわっているのも、長い年月定番でいられる理由の一つです。

近年スウェットが見直されてきた事で、さらに人気が過熱しています。

 

多くのブランドとのコラボレーションも行っている事で、様々な価格帯のアイテムやデザインが登場しています。

アイテムによってはプレミア価格が付くことも。

 

201605_mens-sweatpants-brand_002

出展:www.freaksstore.com

ベーシックなデザインが多いチャンピオンのスウェットパンツ。

その使いやすいディテール、カラー、デザインの豊富さは群を抜いています。

気分に合わせて履き替えられるように何着か持っていてもいいブランドです。

 

参考価格:¥7,000〜

 

2 NIKE

201605_mens-sweatpants-brand_003

出展;s443.photobucket.com

オレゴン大学の伝説の陸上コーチ、ビル・バウワーマンと、オレゴン大学でビジネスを専攻し、バウワーマンの元で中距離ランナーとして走ったフィル・ナイトの2人より創設されたブランド。

長く続くことになるそのビジネスパートナーシップは、1962年、ブルー・リボン・スポーツ(BRS)社として始まりました。

1972年、BRSはその社名を、ギリシャ神話の勝利の女神にちなんでNIKEと変更。

『誰もがみんなアスリートだ。アスリートが存在する限り、ナイキも存在する。』

というビル・バウワーマンの言葉を根幹に成長し、それから30年後、ナイキは世界最大のスポーツブランドにまで成長しています。

 

201605_mens-sweatpants-brand_004

出典:http://zozo.jp/

スポーツウェアブランドらしい機能的なアイテムが豊富なナイキ。

機能性を維持しながらも、タウンユースできるアイテムが多いのも特徴です。

他のスウェットブランドよりもスポーツ感がでるためスポーツミックスのコーデにオススメです。

 

参考価格:¥12,000~

3 FilMelange

201605_mens-sweatpants-brand_005

出展;filmelange.com

最高品質の物づくりを徹底する日本のブランドです。

「綿」から「糸」「生地」「縫製」に至るまで自社開発し、驚異の品質を誇ります
品質、着心地は圧倒的。

アイテムへのこだわりが凄まじく、一度触れば違いが分かるブランドです。

特に簡素なディテールを好むブランドなので、ブランドネームの主張、プリントアイテム等は少ないです。

 

201605_mens-sweatpants-brand_006

出典:indigo1998.com

とてもシンプルなフィルメランジェのスウェット。

所々に切り替えが入っていたり、場所ごとで素材が違ったりと、実は細部にまで強いこだわりを見せるアイテムが多いのが特徴。

一度履くと癖になる履き心地を是非一度体感してみて下さい。

 

参考価格:¥20,000~

 

4 Loopwheeler

201605_mens-sweatpants-brand_007

出展:loopwheeler.web5.jp

大量生産が難しい「吊り編み」という古い製法を使うブランド。この技術はアメリカで生まれた物ですが、なんと日本のブランドです。

その質はとても高く、10年以上使ってもアイテムがへたりません。

シンプルなディティール、確かな品質に虜になるファンが多くいます。

201605_mens-sweatpants-brand_008

出典:http://zozo.jp/

数あるブランドの中でも主張の少ないデザインが特徴です。

最近では多くのブランドとのコラボレーションも行っています。

とにかく品質のいいアイテムを求める本物志向の方にお勧めしたい質実剛健なブランドです。

 

参考価格:¥20,000~

 

5 LIDEAL

201605_mens-sweatpants-brand_009

出展:blog.baycrews.co.jp

海外の名だたるメゾンブランドのボトムを手がけ、現在も国内外問わずラグジュアリーブランドのデザインに携わる井出裕之氏によるブランド。

ブランド全体を通して、スリムでドレッシーなシルエットが特徴です。

 

201605_mens-sweatpants-brand_010

出典:item.rakuten.co.jp

キレイめなテイストのアイテムが特徴。

スウェット特有のラフさが少なく、上品な印象に仕上げてくれます。

キレイ目のスウェットパンツを探している方に特にオススメのブランドです。

 

参考価格:¥20,000~

 

6 Y-3

 

201605_mens-sweatpants-brand_011

出展:growaround.net

2003年以降、アディダスとヨウジヤマモトとのコラボレートションを行っているY-3。

アディダスのトレードマークである3本線の配置やパターン、色使いにヨウジヤマモトが創り出す独特なテイストを加えて、トレンド、ファッション性の高いスポーツウェア、モダンなスポーツスタイルを表現しています。

革新的なスポーツウェアとして注目を集めています。

 

 

201605_mens-sweatpants-brand_012

出典:b.laso.jp

 

デザイン性のあるアイテムが特徴のブランド。

ベースはアディダスなのですが、デザインがアレンジされています。

注目される事間違いなしのアイテムが多く揃うブランドです。

 

参考価格:¥30,000~

 

7 KEPANI

201605_mens-sweatpants-brand_013

出展:blog.roughyard.com

ループウィラーと対極を成す、もう一つのスウェットの完成系を示すブランド。

「ケパニ」は日本語で「日本人、日本の」を意味します。

「永続できる物づくり」をテーマに、洗練された古き良き「物」を現代の技術で再現しようと、とことん素材と向き合いながら物づくりをおこなっている日本のブランドです。

昔の技術で新しい物を生み出すループウィラーに対し、昔の物を今の技術で生み出すケパニは、スウェットの到達した「もう一つの完成系」であると言えます。

 

201605_mens-sweatpants-brand_014

出典:roughyard.com

こだわりの製法で編みたてられた生地は、ふっくらと軽くて柔らかく 着る人の体に馴染んでいくのが特徴です。

ケパニのスウェットは、ふっくらと柔らかな肌触りと自然なムラのある着古した質感を生み出すために、糸、編み方、裏毛にまで徹底的にこだわっています。

洗濯をすることで形が元通りに戻るので型崩れしないのも嬉しい所。

繰り返し着続けることによって風合いが増していきます。

 

参考価格:¥20,000~

 

8 Ron Herman

201605_mens-sweatpants-brand_015

出展:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

洗練されたアイテムが揃うセレクトショップの代表格となったLA発のブランドです。

洗練されたセレクトセンスには世界中のファッショニスタからの信頼が厚く、同店に置いたことからヒットした商品も数知れず。

セレクト商品もさることながら、オリジナル商品にも高い人気があります。

 

201605_mens-sweatpants-brand_016

出典:page4.auctions.yahoo.co.jp

ロンハーマンロゴがかわいいアイテム。

少し色あせた雰囲気がサーフスタイルにピッタリのデザインです。

チャンピオンとのコラボレーションアイテムは毎年即完売するほどの人気を誇っています。

 

参考価格:¥20,000~

 

まとめ

スウェットパンツは今やオシャレのマストアイテム。

「スウェットなら何でもいいや」

とならずに、こだわったアイテムでスウェットパンツのコーデを楽しんでみて下さいね!

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す

*