メンズモード系ファッションのオススメブランド&コーデ完全解説

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
2016_men's-modofashion-brand-coordinate_000

独自の雰囲気で洗練されたスタイルのモード系ファッション。

モード系、スタイリッシュでかっこいいですよね!常に流行を先取りしている感じがまさに上級者って感じです。

ですが解釈が難解なジャンルでもあり、最先端でありながらも人によってモード系の定義が分かれるようです。

しっかりと意味を理解しないとなかなか着こなしが難しいジャンルなので、「全身黒っぽくすればいいんでしょ」などと取り入れてしまっては、詳しい人から失笑されてしまうといった大惨事を招いてしまいます…。

今回はモード系ってそもそも何?という基本的な部分から、着こなし方のポイント、オススメのコーディネートやブランドなど、幅広くご紹介していきます!

モード系に興味がある方はもちろん、モード系に詳し方も是非参考にしてみて下さい♫

画像出展:brandbanzai.seesaa.net

1 そもそもモード系って何?

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_001

www.high-toned.fr

まずはモード系がなんなのかを知らなくてはお話になりません。

モード(MODE)とはフランス語で「流行やファッション」を意味しており、モード系とは「その年の流行を取り入れたファッション」のことを指す事が多いです。

その年の流行はコレクションに左右される部分が大きいため、コレクションをチェックしておくとよりモード本来の意味に近いファッションができます

モード系のファッションは「ハイファッション系」と呼ばれる事もあり、ハイブランドを使ったコーディネートが多く見受けられます。その理由も、コレクションに出ているブランドがほぼ全てハイブランド系だから。

すなわち、モード系とは「レベルの高いファッションでよりグレード感を与えるファッション」と定義する事ができますね。

しかし、特に最近の日本では従来の意味が発展し「一風変わった非凡なおしゃれ」という意味合いでモード系を認識する人も増えてきています。

表面的なモード系へのイメージが一人歩きした結果、

  • 黒や白などのモノトーン調で、シンプルもしくは特徴的なシルエットの服装
  • デザイン性豊富なアイテム、多色使い、派手柄の組み合わせなど、装飾的な服装

上記のような一見正反対に思えるスタイルのどちらもが「モード系」と呼ばれるに至っています。

 

さらに「非凡なおしゃれ」の解釈により「非日常的かつ超俗的なデザイン」、「モテなどの実利ではなく服飾、歴史そのものを楽しむ精神」をモード系と指すこともあり、かなり曖昧な言葉になってきています。

時代によって大きく移り変わるモード系のファッションを「今」の解釈にすると、

コレクションなどのハイブランドを中心として、モノトーン、もしくは独創的な色使いやアイテムを使ったファッション」と考える事ができますね。

2 モード系ファッション着こなしのポイント

他のジャンルとは異なりかなり着こなしにテクニックがいるモード系ファッション。

敷居が高いというよりも、「テクニックやトレンドを知っているかどうか」がオシャレさの分かれ目です。

モードファションをするにあたって、絶対に抑えたおきたいポイントをご紹介していきます!

2-1 トレンドを徹底してウォッチしよう!

常に1歩先いくモード系。

コレクションに大きく左右されるモード系のファッションは、トレンドの情報を多く仕入れて、自分にできる範囲でマネをするのが究極のコツだと言えます。

もちろんモード系はモノトーンのアイテムで構成されることが特に多いですが、必ずしも「モノトーンでコーデをまとめればモード系」という訳ではないので、しっかりコレクションのルックは参考にしましょう。

特に最近はモード系にストリートスポーツミリタリーのテイストをプラスするのが流行っています。なので定番のドレスシューズを合わせるのもかっこいいですが、スニーカーをコーデにプラスしてみるのもアリです。

2-2 モード系で使われているブランド、デザイナーを知ろう!

モード系はブランドやデザイナーに左右される要素が極めて強いブランドでもあります。

記事の後半でオススメのブランドやデザイナーをご紹介していますので、是非参考にしてみて下さい。

ハイブランドが好まれるためかなりお金がかかる印象ですが、あまりお金をかけないコーデにハイブランドを一点だけプラスするだけでもオシャレの説得力がアップします。

2-3 「シンプルだけど、どこか普通じゃない」デザインのアイテムをチョイスしよう!

感性によって良し悪しが分かれるためにかなり難しいポイントですが、コレクションを見ていたり、ハイセンスなセレクトショップなどに足を運んでいると、「なんだこれ」ってアイテムが出てきたりします。

シャツの丈がすごく長かったり、ズボンの足回りが妙に太かったり、Tシャツなのにシャツの生地で作ってあったりなどなど、「ちょっと普通とは違うぞ」と思わせるアイテムがモード系の雰囲気を演出してくれます。

シンプルさやコーデの全体のバランスもモード系には大切なポイントなので、意識してみてください。

3 メンズモード系のオススメのコーディネート20選

ここからはモード系のオススメのコーデをご紹介していきます!

取り入れやすいコーデから、ちょっとクセのあるコーデまで様々な範囲でセレクトしてみました。

ぜひ参考にしてみて下さい♫

Tシャツ×レザーシューズ

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_002

http://wear.jp/

カジュアルなTシャツをモノトーンで着こなしたコーデ。

足元はレザーシューズに、ソックスはホワイトをチョイスし、キレイめ&トレンドをしっかり抑えたコーデです。

程よくこなれたカジュアルなモードコーデですね。

 

カットソー×グラフィックデザインパンツ

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_003

http://wear.jp/

ストリート感をミックスしたコーデ。

モードテイストのアイテムをチョイスしながらも、いい意味でモード感を薄くしています。

モード系初心者でも取り入れやすいコーデです。

 

テーラードジャケット×ブーツ

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_004

http://wear.jp/

モード系の定番アイテム、テーラードジャケットを使ったコーデ。

トップスとボトムスであえてボリューム感に差を付けることで、コーデのバランスを取っています。

 

ロング丈カットソー×バイカーデニム

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_005

http://wear.jp/

レッドのスニーカーがポイントのコーデ。

ストリート感ある男らしいバイカーデニムの使い方も秀逸です。

トップスのレイヤードテクは頻出ワザなので、是非参考にしたいですね。

 

ジャージ×スキニー

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_006

http://wear.jp/

スポーツ感をミックスさせたコーデ。

全体的にタイトめなアイテムをチョイスしており、ラフなアイテムを使っていながらも、キレイめな雰囲気です。

 

グラフィックTシャツ×レイヤードスタイル×ダメージジーンズ

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_007

http://wear.jp/

グラフィックアイテムもモード感を強めてくれます。

ポイントはトレンドのオレンジを使ったレイヤードスタイル。

トップスだけで3アイテムレイヤードしています。

 

ロンT×レイヤードスタイル×ゆったりめスラックス

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_008

http://wear.jp/

シンプルなモノトーンコーデ。

タイトめのトップスにワイドなスラックスのマッチ感が絶妙です。

胸元のネックレスもポイントです。

 

ロンT×レイヤードスタイル×スポーツミックス

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_009

http://wear.jp/

同じブラックを基調にしたコーデでもアイテム次第でモードストリートテイストに。

キャップやハイテクスニーカー、リュックを活用して、気の抜けたモード感を演出しています。

 

オールホワイトコーデ

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_010

http://wear.jp/

オールブラックがOKなモード系ならオールホワイトもOK。

ややストリート感ある着こなしです。

ポイントでのデザインがアクセントになっており、着こなしが退屈に見えません。

 

ノーカラーロング丈シャツ×ハット

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_011

http://wear.jp/

一見普通だけど、普通とどこかちがう印象を与えてくれる、こだわりシャツを使ったコーデ。

リブ付きのパンツに、足元はあえてローテクスニーカー。

実はスポーティーなテイストが隠されている技ありコーデです。

 

テーラードジャケット×ワークデニム

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_012

http://wear.jp/

やや大きいかな?というサイズ感のツイードテーラードジャケットに、ロング丈カットソーをレイヤード。

パンツはワイドなアイテムを使用し、ヌケ感もしっかり。

デニムのロールアップと、レイヤードカットソーの色が揃っている点、かなりテクニカルです。

 

ロング丈シャツ×スキニー

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_013

http://wear.jp/

もはやチェスターコートレベルの長さの、白衣のようなシャツを使ったコーデ。

インナーはしっかりモノトーン、タイトめなシルエット。

キャップ使いも上級者です。

 

オールブラックコーデ×ホワイトソックス

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_014

http://wear.jp/

ソックスのみホワイトにしたコーデ。

シンプルながらモード感満載のコーデです。

 

ニット×ダメージジーンズ

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_015

http://wear.jp/

ストリート感あるモードコーデ。

インパクトの強いアイテムを使っての着こなしですが、色合いを絞り込むことで、大人っぽさをより演出しています。

 

MA-1×ハーフパンツ

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_016

http://wear.jp/

防寒のためのアウターに、ハーフパンツを合わせたコーデ。

MA-1はあえて前を開け、オレンジのレスキューカラーをチラ見せしています。

くるぶし丈のソックスの使い方もこなれていますね。

 

ブルゾン×ハット

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_017

http://wear.jp/

取り入れやすく、軽いモード感あるコーデ。

シンプルでキレイめなアイテムにハットをプラスすることで、激しすぎない、モードテイストのコーデが完成します。

 

テーラードジャケット×サルエルパンツ

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_018

http://wear.jp/

かなりテクニカルなコーデ。

モード系に好まれるアイテムを多く取り入れたコーデです。

 

オレンジカットソー×ワイドパンツ

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_019

http://wear.jp/

こちらもテクニカルなコーデ。

サイズ感にかなりこだわっています。

オレンジのカットソーに丈の短めの羽織をさらっと。

気の抜けた雰囲気ながらも、ポイントを抑えています。

 

レザージャケット×ハイカットスニーカー

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_020

http://wear.jp/

トレンドのスキニーとハイカットスニーカー組み合わせにレザージャケットをプラス。

ワイルドなモードファッションです。

 

スタジャン×テーパードパンツ

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_021

http://wear.jp/

テーパードが強くかかったパンツがモード感を演出しているコーデ。

レイヤード、スニーカーなどトレンドを意識している着こなしです。

4 モード系オススメのブランド&アーティスト15選

ここからはモード系で好まれるブランドやアーティストをご紹介してきます!

アイテムを探す際に参考にしてみてください!

4-1 Alexander McQUEEN(アレキサンダー マックイーン)

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_022

www.karuizawa-psp.jp

キャサリン妃、レディー・ガガなどに影響を与えた天才デザイナー、アレキサンダー・マックイーンの名を冠したブランド。

高い仕立ての技術と、常にファッション業界の先を行く、退廃的でアバンギャルドな表現が高く評価されてきたブランドです。

2010年2月11日、アレキサンダー・マックイーン自身がが40歳で死去しましたが、ブランドの親会社であるグッチ・グループはブランド継続を決定し、翌月のパリ・ファッション・ウィークでは遺作となってしまったコレクションが発表されています。

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_023

thewildworlddreams.blogspot.com

4-2 Alexander Wang(アレキサンダー ワン)

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_024

www.polyvore.com

2004年、アレキサンダー ワンが自身の名を冠したブランドを設立。

アメリカを拠点をするブランドです。

映画「ワーキングガール」のメラニー・グリフィスと「ナインハーフ」のキム・ベイシンガーを自身のミューズとしているように、女性が徐々に自立していく過程をファッションのテーマの一つとしています。

シンプルに見えながらも、ドレープやレイヤード、ダメージなど、様々な要素を組み合わせた提案を得意としており、そのコレクションは、バーニーズニューヨーク、ハーベーイニコルズ、ブラウンズ、リステア、インターナショナルギャラリービームス、ユナイテッドアローズなど世界各国約200のセレクトショップでセレクトされるほど。

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_025

www.fashiongonerogue.com

4-3 CHRISTIAN LOUBOUTIN(クリスチャン ルブタン)

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_026

otokomaeken.com

クリスチャンルブタンは真っ赤なソールがトレードマークのハイヒールがアイコンアイテム。

クリスチャンルブタンの顧客には、カトリーヌ・ドヌーヴやアンジェリーナ・ジョリー、二コール・キッドマンなどにも愛されているブランドです。

メンズにはバッグや、財布が特に人気です。

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_027

www.modescape.com

4-4 COMME des GARÇONS(コム デ ギャルソン)

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_028

nagoya.parco.jp

ブランド名の由来はフランス語で「少年のように」。

創設者である川久保玲は、ファッションの正規教育を受けていないという異端児。

ギャルソンのスタイルは、社会に流されることのない、自立した女性像をデザインに落とし込んだもので、従来型の女性らしさのない、ルーズなシルエットに黒などモノトーンな色を多様、孤高の女性を描いたことで革新的なブランドとして認識されました。

パリでの最初のコレクションは極めてセンセーショナル。

華やかなデザインが主流だった時代に、穴の開いたセーターや、それまでモードの世界で禁欲的な色として敬遠されていた黒を用いたファッションを発表したことで、服飾の既成概念を崩したアバンギャルドで斬新な表現手法は「黒の衝撃」と言われ批判を受けましたが、アバンギャルドかつクラッシックなスタイルは徐々にクリエイティブな若手デザイナーから受け入れられていき、現代のモードを牽引するブランドにまで成長しました。

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_029

www.funkyspacemonkey.com

4-5 DIOR HOMME(ディオール オム)

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_030

www.nationalworshipconference.org

2001-2002A/Wのパリコレクションからクリスチャン ディオールのメンズウェアラインとして発足したブランド。

イヴ・サンローランでメンズウェアラインのデザイナーを担当していたエディ・スリマンがブランド立上げのアーティスティック ディレクターを担当しました。

「男たちにもっと洗練され、もっと魅力的なものになって欲しい」というスリマンの思いが根本にあり、黒を基調にしたレザータキシード、細身のジャケットを中心とした非常にタイトなシルエットの作品を発表しており、高い評価を得ています。

細身のデニム、スキニージーンズも大ヒットしています。

スリマンの後任にはクリス・ヴァン・アッシュが着任し、ブランドの成長を牽引しています。

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_031

usan10.blog.fc2.com

4-6 GIVENCHY(ジバンシィ)

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_032

www.crede.co.jp

フランスのブランド。

1951年、創設者であるユベール・ド・ジバンシィ24歳でのコレクションの斬新なアイデアが評価され、「モードの神童」と呼ばれました。

翌年の52年2月2日、ジバンシィ社が創設されています。

オードリー・ヘップバーンにも衣装を提供し、「麗しのサブリナ」「ティファニーで朝食を」「おしゃれ泥棒」にも使われています。

アレキサンダーマックイーンがデザインを手がけていたこともあります。

現在ではリカルド・ティッシがデザイナーを務め、モードストリートなテイストのアイテムを提案しています。

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_033

perezhilton.com

4-7 ISSEY MIYAKE(イッセイミヤケ)

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_034

b-o-y.me

1970年に三宅一生が「三宅デザイン事務所」を設立、71年に「ISSEY MIYAKE(イッセイ ミヤケ)」としてニューヨークにてコレクションを発表したのが始まり。

イッセイミヤケの服づくりは、創業当初から現在に至るまで「一枚の布」という考え方が貫かれており、一本の糸からオリジナルで素材を開発しながら、身体と、それをおおう布、その間に生まれる「ゆとり」や「間(ま)」の関係を追求しています。

88年よりプリーツへの取り組みをスタートし、93年「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE(プリーツ プリーズ イッセイ ミヤケ)」をスタート。

このブランドでは裁断・縫製後にプリーツをかける「製品プリーツ」手法を用い、機能・汎用性・美しさをかね揃えた服を展開しこれまで約400万枚が世界中で愛用されているなど、常に革新的なアイデアを追求しているブランドです。

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_035

bella.tw

4-8 Martin Margiela(マルタンマルジェラ)

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_036

www.kashiwa-kaitori.com

1988年、パリにて「メゾン マルタン マルジェラ」設立。2015年1月、メゾン マルジェラに改名しています。

1989S/Sにパリのプレタポルテコレクションにデビュー。

それまで流行していたゆったりとしたシルエットに対し、シルエットの細いジャケットやボトムを提案し、タイトでボディフィットしたシルエットの流行の先駆けになりました。

常に常識から逸脱していたマルジェラのスタイルは「脱構築(デコンストラクション)」や、全ての常識を覆すものであったことから「デストロイ・コレクション」と称されてきました。

古着を使用したグランジスタイルや、ギャルソンとのコラボレーション、エルメスのデザインなど、ファッション業界を牽引するブランドです。

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_037

www.fashion-press.net

4-9 Maison MIHARA YASUHIRO(メゾン ミハラヤスヒロ)

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_038

www.makes.jp

ブーツ、スニーカーなど素材へのこだわり、デザイン性の高いシューズが人気のブランド。

シューズ同様、ウェアでもデザイン性と素材へのこだわりが反映されており、高い評価を受けています。

2016年1月に新ラインである「マイン(MYne)」を発表。

「マイン」はミハラ ヤスヒロの革新的なスタイル美学を受け継ぎながら、モードはもちろんストリート、スポーツの要素を取り入れ、ストリートにアンテナを張る若い世代のアイディアを取り入れています。

コストパフォーマンスにも優れたブランドです。

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_039

www.imn.jp

4-10 OFF WHITE(オフホワイト)

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_040

fashioncore-midwest.com

ストリート系の要素が強いアイテムが目立ちますが、2013年より突然大きなブレイクをしたファッションブランド。

新たなジャンルである「ストリートラグジュアリー」の分野で評価されています。

デザイナーであるヴァージル・アブローは、ヒップホップアーティストのカニエ・ウェストが絶大な信頼を寄せるクリエイティブディレクターでもあります。

20世紀のモダニズム建築家ミース・ファン・デル・ローエの作品からインスピレーションを得た力強いグラフィックデザインをシグネチャーに、バリエーション豊富なコレクションを展開しています。

モード系のファッションにオフホワイトを取り入れるファッショニスタも多く、モードストリート系のファッションに大活躍してくれます。

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_041

mtrl.tokyo

4-11 Rick Owens(リック オウエンス)

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_042

item.rakuten.co.jp

フランスのファッションブランド。

メンズレディースともに展開しており、日本でも絶大な人気を誇っています。

グラマラスとアンダーグラウンドの融合など、非相称的なスタイルが特徴的。

シャドーなどのくすんだ色合い、多くの色を使用しないミニマルな色調、ドレープの美しさがアイテムに表れています。

「これまで慣れ親しんできたもの、安心できるものの代替になるもの」を模索している事が軸となり、素材は全てヴィンテージ加工に。

縫製後に更に手を加えて独特の風合いを加えています。

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_043

www.stylise-web.com

4-12 Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_044

lowch.com

ヴィヴィアン・ウエストウッドはイギリスのファッションブランド。

王冠と地球をモチーフにした「オーブ(ORB) 」がブランドのアイコンロゴで、アパレル、バッグや財布などのアクセサリー、ジュエリー、アイウェア、時計、香水と幅広く展開しています。

パンクムーブメントを引き起こしたセックスピストルズに同ブランドのファッションをさせており、パンクファッションとして一世を風靡する存在となりました。

以降はクラッシック、トラディショナルとの融合を追求し、ヴィヴィアン・ウエストウッドは徐々にアンダーグラウンドから表舞台にシフトしていきます。

現代ではエッジの効いたデザインはそのままに、幅広い層に支持されるブランドに成長しました。

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_045

www.beautynewstokyo.jp

4-13 Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_046

b-o-y.me

山本耀司が設立したファッションブランド。

81年に発表したパリコレクションで当時タブーとされていた黒を前面に押し出したコレクションを発表し、「黒の衝撃」と称され一大旋風を巻き起こしたギャルソンの仕掛け人の一人。

賛否両論の評価を受けつつも、時代に流されないその反骨精神はモード業界に革命をもたらし続けています。

素材感でみせるレイヤードやドレーピングで見せる独自のスタイルは、ファッションの美意識を書きかえ、伝統的な男性服のスタイルを女性服にとり入れるなど、彼のコレクションはジェンダーの固定観念を打破したとも言われています。

Y’s(ワイズ)というブランドもあり、幅広い層に山本耀司の世界観を楽しめるカジュアルラインとして展開しています。

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_047

accetory.jp

4-14 Yves Saint-Laurent (イヴ サンローラン)

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_048

note.mu

1961年にスタートしたフランスのラグジュアリーブランド。

「モードの帝王」とも呼ばれる、モードの歴史そのものの様なブランドです。

2008年6月1日、ムッシュ イヴ・サンローランが死去し、世界中が偉大な功績を遺したファッションデザイナーの死を惜しみました。

その後の2012年、エディ・スリマンがイヴ・サンローランのクリエイティブ・ディレクターに就任し、ファッション部門のブランド名を「サンローラン」に改名しています。

現代でも熱狂的なファンが多いブランドです。

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_049

iemo.jp

4-15 3.1 Phillip Lim(3.1フィリップリム)

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_050

zozo.jp

2005年、デザイナーのフィリップ・リムがアメリカ・ニューヨークにて設立したブランド。

「3.1 Phillip Lim」の3.1はブランドを設立した時の年齢が由来。

モードらしいアイテムが揃う、チャレンジングながらもシックなラインナップが特徴です。

2016_men's-modofashion-brand-coordinate_051

fashionpost.jp

まとめ

いかがでしたか?

モード系ファッションのブランド、コーデなどをご紹介してきました。

モード系ファッションを着こなすポイントとしては、

  • トレンドをしっかり意識する
  • ブランドやデザイナーを知る
  • シンプルだけどどこか普通じゃないアイテムをチョイスする

この3点。

是非モード系のファションを楽しんでかっこよく着こなして下さいね!

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す

*