メンズデニムシャツおすすめの着こなしとブランド紹介

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
201603_mens-denim-shirts_000

「同じようなデニムシャツなのに、あの人の方がカッコ良く見える…」

こんな経験はありませんか?

様々なアイテムと相性が良くて、程よい男らしさを演出してくれるデニムシャツは、オシャレを楽しむ人のマストアイテムですが、サイズ感や着こなし方次第でカッコよさが大きく変わってくるアイテムでもあります。

デニムシャツをもっと楽しめる着こなしのポイントと、カッコいい着こなしを見ていきましょう!

1 デニムシャツを選ぶ際に気を付けたい3つのポイント

デニムシャツをコーデに加える際に気を付けたいポイントをご紹介していきます。

これさえ意識すればデニムシャツコーデの完成度が変わってきますよ!

 

1-1 サイズ感に気を付けよう

どのアイテムにも言える事ではありますが、「シャツ」に分類されるアイテムは特にサイズ感が重要になってきます。

白シャツはオーバーサイズに着たり、長い丈で着たりしても「あえて感」を出すことが出来ますが、デニムシャツにはそれが出来ません。一撃で野暮ったい印象になってしまいます。

丈感は少し短め、細身シルエットのアイテムで合わせるとキレイに着こなす事が出来ますよ。

 

1-2 合わせるアイテムをしっかり意識しよう

よく言われる事ではありますが、トップスのデニムシャツに対してパンツをデニムで合わせるのはかなりチャレンジング。一部でこのコーデが流行になってはいますが、慣れていない場合は避けておきましょう。

ホワイトデニム、スラックスやジャージ、スウェットやカーゴパンツなどと合わせるとこなれ感が出るのでオススメです。

 

1-3 デザイン性をしっかり意識しよう

案外どのデニムシャツも同じように見えたりしますが、デニムシャツにも流行があったりします。

デザインにメリハリのない物から、ポケットが両胸についているウエスタンタイプの物、スタッズがついている物、色の濃い物や薄い物、ダメ―がある物などなど実はバリーションがたくさんあります。

男っぽい雰囲気ならダメージ系やウエスタン系、爽やかさを演出したければ薄めの色など、自分が目指す雰囲気に沿ってアイテムを考えてみて下さい。

 

2 デニムシャツのオススメコーデ

デニムシャツを使ったオススメコーデをご紹介してきます。

コーデを考える際の参考にしてみて下さいね!

 

2-1 デニムシャツ×トラックパンツ

201603_mens-denim-shirts_001

出典:http://wear.jp/

ウエスタンタイプにトラックパンツ、長めのサーマル、スポーツサンダルと合わせたテクニカルなコーデ。

デニムシャツの上からのアクセサリーもアクセントになっています。

 

2-2 デニムシャツ×スラックス

201603_mens-denim-shirts_012

出典:http://wear.jp/

スラックスの様なフォーマルなアイテムと合わせるのもアリ。

キレイめなアイテムと合わせても活躍してくれます。

 

 

2-3 デニムシャツ×ニット

201603_mens-denim-shirts_002

出典:http://wear.jp/

全体的に同系色で合わせたコーデ。

デニム×デニムでも腰巻や、インナーとして使えばコーデに取り入れやすいですね。

 

2-4 デニムシャツ×デニム

201603_mens-denim-shirts_003

出典:http://wear.jp/

デニムシャツ×デニムのコーデ。

インナーのサーマルとシューズで色を合わせています。

サイズ感でインパクトがあるインナーにデニムシャツを合わせる事で野暮ったく見えずにちょうどいい男らしさを演出してくれます。

 

2-5 デニムシャツ×デニム

201603_mens-denim-shirts_008

出典:http://wear.jp/

デニム×デニムのワイルド感あるコーデ。

アイテムのサイズ感のバランスがいいからこそかっこよく見えるコーデです。

 

2-6 デニムシャツ×レタードセーター

201603_mens-denim-shirts_005

出典:http://wear.jp/

カジュアルな印象のセーターにデニムとレザーシューズを合わせたカジュアル目なアイビースタイル。

デニムシャツをインナーに使っています。

 

2-7 デニムシャツ×スウェット

201603_mens-denim-shirts_006

出典:http://wear.jp/

襟が無いタイプ、ノーカラーのデニムシャツにスウェットを合わせたコーデ。

ワイルド感とリラックス感が調和したコーデに仕上がっています。

 

2-8 デニムシャツ×スウェット

201603_mens-denim-shirts_009

出典:http://wear.jp/

色の濃いスウェットとのコーデ。

サーフ系の印象に仕上がっています。

 

2-10 デニムシャツ×チノパン

201603_mens-denim-shirts_011

出典:http://wear.jp/

定番のベージュのチノパンとのコーデ。

サイズ感が少しゆったり目ですが、パンツを細めにする事でバランスがとれています。

リラックス感と男らしさが程よく混じったこなれ感あるコーデです。

 

2-11 デニムシャツ×チノパン(オリーブ)

201603_mens-denim-shirts_007

出典:http://wear.jp/

オリーブのパンツと合わせるとグッと男らしさがアップ。

このコーデのようにホワイトのカラーを入れると男らしすぎずにちょうどいいバランスに仕上がります。

カットソー、時計、シューズにホワイトを入れていますね。

 

2-9 ノーカラーデニムシャツ×チノパン×ブルゾン

201603_mens-denim-shirts_010

出典:http://wear.jp/

人気のMA-1タイプのアウターを使ったコーデ。

全体的にブラックがメインのコーデの指し色としても活躍してくれます。

 

 

2-12 デニムシャツ×ダウンベスト

201603_mens-denim-shirts_013

出典:http://wear.jp/

デニムシャツとダウンベストの相性は抜群。

あえてデニム地のダウンベストをチョイスする事で、オシャレさがグッと増します。

全体的にブルーのコーデですが、白カットソーのチラ見せ、腕まくりなどで平坦な印象を与えない所がポイントです。

 

3 デニムシャツのオススメブランド

3-1 REMI RELIEF(レミレリーフ)

 201603_mens-denim-shirts_015

出典:http://item.rakuten.co.jp/

自然に着古したような独自の加工感と現代におけるリアルなアメリカンベーシックを追い求めるブランド。
「REMI RELIEF」とは「REMIX=ミキシングし直す」という工夫と「RELIEF」という作業を意味しています。 ひとつひとつの工程に工夫を付け加えながら余分なものは取り除く。結果「いいもの」が生まれるというMEISTERが由来です。

コンセプトは「HIGH QUALITY OF LIFE」量では無く「質」という思いを基に、糸、撚糸、編み立て、プリント顔料、加工と全てを拘りながら、無駄を取り除いた「究極なアメリカンベーシック」を追求しています。

一つのブランドでありながら自社でファクトリーを持ち、生地やデザイン、加工にいたる全てにとことんこだわる希有な存在。

シンプルなものからアクセントが入ったアイテムまで幅広くアイテムを取り揃えています。

 

レミレリーフのデニムシャツは動画の様な方法で作られています。

 

価格帯 20,000円~

 

3-2 niuhans(ニュアンス)

201603_mens-denim-shirts_016

出典:http://item.rakuten.co.jp/

ブランドコンセンプトは「ここにあるもの そこにあるもの 変わらないもの」。

素材に対して深いこだわりがあり、上質な天然素材を使っているのが特徴です。

シンプルかつクリーンなデザインが特徴です。中性的なデザインなためにキレイめ、ノームコア系のコーデにオススメです。

価格帯 20,000円~

 

3-3 ENGINEERED GARMENTS(エンジニアドガーメンツ)

201603_mens-denim-shirts_017

出典:http://item.rakuten.co.jp/

ワーク、トラッド、アウトドアなどのアメリカンテイストを加えたファッションアイテムを得意とするブランド。ニューヨークで製作することにこだわっており、ファッションフリークの中でもファンの多いブランドです。

中でもシャツの人気は高く、左右のポケットが非対称などクオリティが高いコレクションが多く、ディテールまでこだわり抜いた作品を多く提案しています。

価格帯 20,000円~

 

3-4 orSlow(オアスロウ)

201603_mens-denim-shirts_018

出典:http://item.rakuten.co.jp/

デニムを中心とするブランド。19世紀終わりから20世紀にかけた時期のスタンダードな服、特にミリタリーウェアやワークウェアと現在もファッションとして着られる服からインスピレーションを受け、“slow(ゆっくりと)”をキーワードとしてデザイン。

めまぐるしく変わっていく現代社会においてゆっくりと手を掛けた物作りを行うブランドです。

ヴィンテージのマシンを使い、日本製に拘ったクオリティーの高いアイテムを生産しています。

価格帯 14,000円~

 

4  デニムシャツの素材の違い

デニムシャツには実は生地によって種類があります。

簡潔にご紹介していきます。

 

4-1 デニム生地

デニム生地とは、縦糸は色糸(インディゴブルーの青糸など)、横糸に白糸(さらし糸)を使って綾織り(1本交差したら次は1本飛ばして交差する織り方)した生地のことを指します。

ちなみに「ジーンズ」は、デニムを縫製してできあがった状態のパンツの事を言います。

生地は少し厚手なので、動きが激しいボトムスに使われても、丈夫で長持ちしてくれます。

そのため「デニムシャツ」と言ってもジーンズに使われている生地の状態でのシャツはあまりありません。

 

4-2 ダンガリー生地

ダンガリー生地とは、縦糸に白糸、横糸に色糸を使って綾織りした生地のことです。つまり、ダンガリーとデニムは縦糸と横糸が逆なんです。

さらに織り込む糸もデニムに比べて細いため、生地がやわらかく、シャツ素材としても使用されます。さらに綾織りの特徴として耐久性が強いという事も挙げられます。

 

4-3 シャンブレー生地

シャンブレー生地とは、縦糸に色糸、横糸に白糸など(縦糸とは違う色糸)を使って平織り(交互に規則的に交差した織り方)にした生地のことです。

糸は細く、平織りしたものなので、やわらかい風合いと明るい色が特徴的です。平織りの生地の特徴として、耐久性は少し下がりますが、軽い着心地が強みになります。

 

5 まとめ

デニムシャツの着こなしのポイントやコーデをご紹介しました。

サイズ感やコーデ、アイテムの特徴などをしっかり意識してデニムシャツを楽しんで下さいね!

 

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す

*