ベージュジャケットのオシャレな着こなしコーデ集

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
2015-12-beige-jacket-coordinate-000

モノトーンの印象が強く、大人っぽく見せてくれるジャケットですが、カラーをベージュにすることでグッとオシャレな印象に見せることが出来ます。

しかしベージュのジャケットは、合わせ方がなかなかイメージしにくいアイテムです。

着こなし方を間違えると一気に老けた印象になってしまう事も。

今回はそんなベージュのジャケットの着こなし方をご紹介していきます。

1 ベージュジャケットの着こなし方

【ジャケット×白シャツ×ブラックパンツ】

2015-12-beige-jacket-coordinate-001

出典http://daigaku-fashion.com/post-632/

ベーシックなコーデです。

べ―ジュのジャケットを使う時に気を付けたいのはサイズ感。

短すぎても長すぎても、また細すぎても太すぎてもコーデでは使えません。

細身に着れて少し余裕があるぐらいのサイズ感であればどんなコーデにも取り入れやすいです。

キレイめな印象のあるベージュのジャケットは、あえて大きく着崩さないのが正解。

ブラックのパンツと革靴で色を絞れば、グッと大人っぽく見せてくれます。

 

【ジャケット×白カットソー×デニム】

2015-12-beige-jacket-coordinate-002

出典http://hardrockradiobl.com/itemcode/jakect/459/

もともとフォーマルな「ジャケット」をあえてカジュアルなアイテムと合わせたスタイル。

ラフなスタイルにベージュジャケットを合わせる事でメリハリのあるキレイめな印象に。

 

 

【ジャケット×ライトブルーシャツ×デニム×スニーカー】

2015-12-beige-jacket-coordinate-003

出典http://u-note.me/note/47503057

上級者向けのコーデです。

フォーマル+カジュアルをうまくまとめています。

あえてのベージュジャケットにポケットチーフをワンポイントで。

シューズもスニーカーを使う事で、一際シャレ感を際立ててくれています。

サイズ感も絶妙で、全体的に「はずし」を効かせながらも上手くまとめています。

結婚式の二次会や、フォーマルすぎないけれどジャケットを羽織る必要があるシーンにも参考にしてみて下さい。

 

【ジャケット×ボーダーカットソー×カーゴパンツ】

2015-12-beige-jacket-coordinate-004

出典http://style-cruise.jp/journalstandard/item/jacket/14010640030010.html

カジュアルなスタイルです。

ベージュのジャケットはカーゴパンツとの相性も抜群

ボーダーカットソーを使う事でカジュアルな印象に。

ベージュジャケットに着られている感なく、サラッと着こなせます。

腕まくりをする事でカジュアルさも引き立ちます。

このコーデにチャレンジする時は、麻などの柔らかめの質感のジャケットを使いましょう。

キレイめにしすぎない事がポイントです。

 

【ジャケット(トレンチ)×ブラックカットソー×デニム×レザースニーカー】

2015-12-beige-jacket-coordinate-005

出典http://wear.jp/DRAGONHEADKYOTO/

トレンチコートの着こなしです。

ベージュのトレンチは、あまりカジュアルなシーンに登場しません。

デニムと革靴、ブラックのカットソーで男らしいコーデに、トレンチを合わせれば、

余裕ある大人の男の雰囲気が完成します。

この色のジャケットを使う時は、カジュアルさにワンポイント味付けするイメージで使いましょう。

 

【ジャケット×ブラックニット×デニム×スニーカー】

2015-12-beige-jacket-coordinate-006

出典http://wear.jp/coordinate/?tag_id=7063

今までご紹介したブラックのトップス、デニム、スニーカーにベージュのジャケットを合わせるスタイルですが、

ワーク感あるジャケットを取り入れると大きく印象が変わってきます。

きれい目な印象とは少し違い、男っぽい、こなれた自然体の印象を与えてくれます。

同じベージュのジャケットでも大きく印象が異なります。

 

【ジャケット×ボーダーカットソー×チノパン×ドレスシューズ】

2015-12-beige-jacket-coordinate-007

出典https://kaumo.jp/topic/25575

上級コーデです。

セットアップ(上下でワンセットのコーデ)にボーダーのカットソーを合わせています。

上下同じ色合いでのコーデに抵抗がある場合は、パンツをデニムやカーゴパンツに変えてみましょう。

インナーをシャツにすれば「しっかり感」も出せるため、意外と多くのシーンに対応できます。

 

【ベージュブルゾン×スウェット×デニム】

2015-12-beige-jacket-coordinate-008

出典https://www.pinterest.com/pin/549931804474703942/

代表的なブルゾンの「バラクータ」を使ったコーデ。

背伸びせず、リラックスした大人の男のイメージです。

「きれい目」な印象よりかは「男らしい」印象を与えてくれるコーデですが、サイズ感を間違えると、ただ野暮ったくなってしまう組み合わせです。

かなりこなれていないと雰囲気を出すのは難しいコーデといえます。

 

【ライダースジャケット×グレータートルネック×ブラックチノパン×レザーシューズ】

2015-12-beige-jacket-coordinate-009

出典http://wear.jp/coordinate/?item_id=602267

男らしさと大人らしさを組み合わせたコーデです。

きれい目になりすぎそうな服装に、あえてワイルドなライダースジャケットで一味加えています。

モノトーンに明るいベージュのカラーを挿せば、より大人っぽい印象を引き立ててくれます。

 

【ショップコート×カットソー×デニム】

2015-12-beige-jacket-coordinate-010

出典http://wear.jp/eguchi/

長めのアウターにロールアップしたデニムと、絶妙なバランスのコーデです。

カットソーとスニーカーの色を合わせている所も高得点。

リラックスしていながらも、しっかり計算されたお手本にしたいコーデです。

 

【ダッフルコート×ニット×スラックス】

2015-12-beige-jacket-coordinate-011

出典http://lymph-beautycare.com/

キレイめなパンツにニットのモノトーンでコーデに、あえてベージュのアウターをプラス。

レザーシューズを使いカジュアルからは少し離れたアイテムの組み合わせなのに、

甘めに見えるのはベージュのダッフルコートだからこそ。

ワンポイントで優しい印象に見せてくれます。

 

【ワークジャケット×スウェット×カーゴパンツ】

2015-12-beige-jacket-coordinate-012

出典http://wear.jp/eguchi/coordinate/255191/

ワーク色強い色の組み合わせです。

アイテム自体は男らしい組み合わせですが、丈感とジャケットの中性的なバランスで絶妙な雰囲気に。

ニットキャップとシューズの色合わせも見逃せません。

 

【ピーコート×ハット×ニット×デニム】

2015-12-beige-jacket-coordinate-013

出典http://wear.jp/touchaaaan/coordinate/5563831/

優しい色合いのコーデです。

ホワイトのニットとベージュのアウターは相性バツグン。

程よいボリューム感を与えてくれるピーコートはタイトなシルエットによく馴染みます。

アクセントのハットも効いていますね。

 

 

2 まとめ

ベージュのジャケットは敷居が高いように見えて意外と取り入れやすいアイテムです。

  • かっちりしすぎないようにする
  • はずしを入れる
  • サイズ感に気を付ける

この3点を気を付ければ様々なシーンで大人っぽく、こなれた雰囲気を演出してくれます。

是非ベージュのジャケットを着こなして、オシャレを楽しんで下さいね。

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す

*