手のひらサイズのハイクオリティカメラ。Go Proのおすすめシリーズ5選

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

スマートフォンでも高画質な撮影が可能になった現代ですが、やはり海や山などアクティビティな場所での撮影は中々気を使います。

もちろん水没の恐れや故障の原因もあります。そんな中、いつでもシーンを気にせず使える素晴らしいアイテムがあるのをご存知でしょうか?

その名はGoPro。今回はそのGo Proの良さやオススメの機種をご紹介していきます。

是非参考にしてオシャレシーンを撮影していきましょう!

画像出典https://www.pcmag.com/

1 Go Proとは?

Go Pro ロゴ

出典https://www.pinterest.jp/pin/152770612333900426/

元々は探検での撮影向けのヘルメットカメラといったウェアラブルカメラ・カムコーダのブランドとして生まれたブランドです。

go proの会社設立に携わったニック・ウッドマンは2002年、サーフィン旅行でオーストラリアに行った時に自分のサーフィンを良い形で撮影してもらおうとしましたがアマチュア写真家が十分に近づけない、或いは手頃な価格でクオリティの高い機材を使用出来ず良い形での撮影ができなかった事が始まりとなっています。

因みにGoProという名はプロのアングルで撮影できるカメラを実現するために名付けられた物です。

またgo proが多くの人に支持される理由の一つがウェアラブルカメラとしてwi-fiが接続可能な場所であればスマートフォンアプリと連結させてすぐにSNSに投稿出来るというのも魅力の一つです。

また現在注目されているドライブレコーダーとしても使用が可能です。

基本的にはmicroSDにデータを保存するのですがPCで動画を編集する事が出来るなど現代のデジタルカメラの中では飛び抜けた性能を持つアイテムなのです。

 

2 Go Proのおすすめシリーズ5選

2-1 GoPro GoProHERO5 Black

GoPro GoProHERO5 Black

出典:https://jp.gopro.com/compare

4K撮影が出来、高画質な撮影が出来る事で人気のモデルです。

ケースは無くカメラ単体で10m防水まで可能になります。

音声コントロール(カメラのon/offや撮影など)アプリとの連携でモバイル端末やタブレットデバイスでも操作が可能です。

落ち着いた色味とコンパクトなサイズで人気があります。

商品の詳細はこちら

 

2-2 GoPro HERO 5 Session

GoPro HERO 5 Session

出典:https://www.scubastore.com//gopro-hero-5-session/136644304/p

4K撮影が可能で先ほどのHERO5より更にコンパクトな作りになっています。

10m防水、音声コントロール(カメラのon/offや撮影など)アプリとの連携などは標準装備されています。

シンプルなワンボタンコントロールが可能です。

大きな違いとしては背面のモニターの有り無し、静止画の解像度などはHERO5Blackと比べると若干劣りますがその分ロープライスで購入が可能です。

またモニターが付いていないので撮影の確認などが出来ませんがサーフィンやドライブレコーダーなど動画撮影をメインとするのであればこちらもオススメです。

商品の詳細はこちら

 

2-3 GoPro HERO Session

GoPro HERO Session

出典:https://www.amazon.co.jp/

更にシンプルな性能でロープライス化を実現したモデルです。

4k撮影に対応はしていませんが元々ハイクオリティな撮影が可能なgoproですので画質に大きな拘りがなければこちらの方をチョイスするのも選択肢の一つとしてオススメ出来ます。

商品の詳細はこちら

 

2-4 GoPro HERO 6Black

GoPro HERO 6Black

出典:https://jp.gopro.com/compare

GoPro5から進化を遂げたモデルです。

GoPro5には無かった電子式手ブレ補正を新たに搭載しており、よりアクティブなシーンでも自然な撮影が可能になりました。

これからのレジャーシーンにおいて一台持っておきたい一台です。

商品の詳細はこちら

 

2-5 GoPro Fusion

GoPro Fusion

出典:https://jp.gopro.com/compare

GoProシリーズの最新ハイエンドモデルです。

初の360°撮影が可能となり<OverCapture>という360°で撮影した歪みが生じない通常での画角映像(1080pサイズ)を切り出す機能も搭載されています。

また映像の精度は現在では最高レベルの5.2Kでの撮影が可能となっています。

前出したアイテムと比べると少し大きくはなりますがそれを補って余りある充実した機能性はカメラに興味が余り無い人も惹きつけられる事間違いなしと言えます。

レジャーシーンから普段使い、ドライブレコーダーなどアクティブユーザーのとって必要な条件を満たしたハイスペックな一台です。

商品の詳細はこちら

 

まとめ

如何でしたでしょうか?

現状販売されているGoProが何故、今爆発的な人気を持ち合わせているのかをご紹介出来たかと思います。

アクティブユーザーにおける様々な条件を満たしてくれる性能。

またネットを利用する事でほぼリアルタイムでの配信をSNSで可能とするなど非常に現代のニーズに見合ったアイテムと言えます。

またオールシーズン使用出来、大きさや重さも他のカメラとは比較になりません。

また別売りのエクステンションアームなどを使用すればセルフィーとしての使用や簡易脚立として自分や子供のスポーツの試合なども定点撮影する事が出来ます。

スマートフォンでは撮りきれない楽しい世界を沢山の人と共有できる。これこそがGoProの一番大きな魅力と言えるでしょう。

SNSもチェック!