【体験】お店で作るオリジナルプリントTシャツの作り方マニュアル

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
Tシャツ

オシャレ好きな人なら一度は夢見る”オリジナルブランドを持つ”という事。

と言ってもなにから始めればいいかすら全然わからないですよね。

実はこのオリジナルブランドを持つ第一歩として簡単に始められることとしてオリジナルTシャツ作りがあります。

自分の好きなようにデザインできて、しかもスピーディーに、かつ安価にできるということで色々な人がチャレンジしています。

そこで今回は、オリジナルTシャツ作りの方法をご紹介!

実際に体験したオリジナルTシャツ作りを最初からくまなくご紹介します!

1 まずはこれだけ決めておけばOK!3つの重要ポイント

1-1 デザイン

デザインに関してはルールはありません。

イラストなのか画像を使うのか文字のみで構成したいのか等、自分が作りたいと思ったデザインを自由に表現してください。

パソコンが苦手な人でも自分の作りたいデザインを形にしてくれる会社はあります。

世界に一つしかない自分だけのデザインを考えてみてください。

1-1-1 パソコンで作る

Adobe Illustotator

出典https://www.amazon.co.jp/

Adobe Illustotatorを使用してデザインをします。

ブラシツールを使って自由なデッサンをしたり、たくさんあるフォントの中から自分が気に入った書体でデザインを構成します。

入稿時は文字データはアウトライン化、オブジェクトは分割・拡張を忘れずに。

adobeの公式サイトはこちらから

 

1-1-2 写真で作る

Adobe Photoshop

出典https://www.amazon.co.jp/

自分で撮影した画像やインターネットの画像を使ってデザインをすることができます。

Adobe Photoshopを使用してオリジナル画像をさらに加工することもできます。

 

1-1-3 手書きで作る

手書き

パソコンで絵を描いたことがなかったり、描くのが苦手だという人でも紙とペンで描いたイラストをデータとして描き起こしてくれる印刷会社もあるようです。

手数料はかかってしまいますがパソコンに苦手意識を持っている方も安心して自分が思い描いたデザインを形にする事ができます。

詳細は下記のURLから↓

http://www.p1-intl.com/guide/originalprint/senddata.html

 

1-2 生地選び

オリジナルTシャツ制作において用途に合った生地選びは重要なポイントです。

素材感や生地の厚さを実際にサンプルをみて選んでください。

1-2-1 綿100%

綿100% Tシャツ

出典http://www.united-athle.jp/ua/items/index/399101

Tシャツの定番素材で、着心地がしっかりしていて何度洗っても型崩れしにくい素材です。

リーズナブルなところも特長です。

 

1-2-2 トライブレンド

トライブレンド Tシャツ

出典http://www.united-athle.jp/ua/items/index/10900

コットン、ポリエステル、レーヨンの3種類をブレンドした素材で肌触りがよく快適な着心地です。

 

1-2-3 ドライ

ドライ Tシャツ

出典http://www.united-athle.jp/admin/webroot/upload/ua/img/5088-02-511_150cm.jpg

ポリエステル100%もしくはポリエステルと綿の混合素材です。

速乾性に優れていてスポーツやフィットネスに用いられる素材です。

 

1-3 印刷方法

1-3-1 インクジェット

インクジェット

出典http://www.accea.co.jp/tsp/print.html

インクジェットプリントとは専用のプリンターを使用しTシャツにプリントを行う方法です。

シルクプリントに比べると柔らかい風合いになるのが特長です。

グラデーションやフルカラーでの印刷が可能です。

また製版代がかからない為数量が少なくても低コストで作成可能です。

 

1-3-2 ラバープリント

シルクプリント

出典http://www.marusho369.com/rubber/

ラバープリントとは最も基本的なシルクプリント方法です。

生地の表面にインクは張り付いている感覚で、生地の色の濃淡にとらわれず印刷でき絵柄がはっきり出るのが特長です。

版代がかかってしまう為、数量が少ないと値段が高くなってしまいますが数量をたくさん印刷する時には便利です。

店舗によっては一度作成すれば何度もその版を使用できるのでその点はお得だと思われます。

お店で売っている商品はラバープリントの商品が多いです。

2 実際にTシャツを作った時の5工程

2-1 作成してくれるお店の決定

今回利用させていただいたお店は渋谷駅ハチ公前口からから徒歩で約4分ほどの場所にありますARTONさんで作成させていただきました。

ARTON 店内

ARTON 店内

出典http://www.arton.jp/index.html

店内は落ち着いていて、すごくおしゃれな雰囲気です。たくさんのTシャツが置いてあります。

実際に目の前で印刷してくれるので印刷工程を見る事もできます。

 

2-2 デザインの提出

今回はネットから引用した画像をAdobe Photoshopで加工したデザインとAdobe Illustotatorでデザインした物で2種類を提出しました。

デザイン

デザイン

 

2-3 生地を選ぶ

今回はインクジェットプリントをするので綿100%の素材にしました。

お店の方にスタンダードな物と紹介していただいたUnited Athleの5401-01を選びました。

nited Athle 5401-01

出典http://www.united-athle.jp/ua/items/index/540101

店内にはたくさんの商品があるので自分に合ったサイズや生地感をその場で選ぶ事ができます。

ARTON 店内

たくさん種類もあるので色とサイズだけ決めて店員さんに相談するのが良いと思います。

 

2-4 デザイン・サイズ調整

スタッフのデザイナーさんと一緒にサイズやデザインの調整を行います。

PCデザイン画面

パソコンの画面上と実際に印刷した時は若干違いがあります。

Tシャツとメジャー

なので、実際に出来上がるものとのギャップがないように、

念のためメジャーを使ってサイズ確認を行うのがおすすめです。

スタッフさんも親切に相談に乗ってくれるのでわからない事がありましたら相談に乗ってもらいましょう。

 

2-5 印刷

インクジェット印刷を行います。

インクジェット印刷シーン

専用のプリンターにセットして印刷開始!

出来上がりがこちらになります。

プリントTシャツ

印刷が終わったTシャツを専用のアイロンでプレスして完成です。

プリントTシャツ プレスシーン

 

そして完成したTシャツがこちらです。

【Jordan_T】↓

Jordan_T

 

【workmanship_concept_T】↓

workmanship_concept_T

3 完成までにかかる目安の時間

3-1 生地を選ぶのにかかった時間

約5分〜10分程度。

 

3-2 印刷にかかった時間

混んでいなければ5分程度で作業は完了します。

 

3-3 スタッフとのデザイン調整にかかった時間

約10分。

 

3-4 合計時間

スムーズに進めば30分程度で作業完了いたします。

4 Tシャツ完成までの目安の金額

3-1 生地代

1枚¥2,600円(印刷代込み)

 

3-2 デザイン代

今回は自分でデザインを持ち込んだのでかかりませんでした。

費用はかかりますが手描きのイラストを持ち込んでスキャンをしてTシャツにする事も可能です。

 

3-3 合計金額

今回は2枚作成したため、

2600円×2枚=5200円でした!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実は簡単に、オリジナルTシャツを作ることができるんです!

是非皆さんもお試しください!

今回実際に調査したworkmanshipの担当者情報

【公式サイト】

https://workmanship.fashionstore.jp/

上記サイトよりオリジナルTシャツ販売中です。

オリジナルデザインの共同制作依頼も承っております。

お気軽にお問い合わせください。

【instagram】

instagramID  @workmanship_official

インスタグラムDMからでも受け付けております。

 

boxlogo_T_white  ¥2,450円(セール価格)

boxlogo_T_white

 

boxlogo_T_black ¥2,450円(セール価格)

boxlogo_T_black ¥2,450円

SNSもチェック!