男らしさを引き立ててくれるワイルドコーデと着こなしのポイント

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
201607_wildcoordinate_000

ちょっと悪そうな雰囲気を演出してくれるワイルドな雰囲気のコーデ、実はけっこうモテるんです。

キレイめやカジュアル、ノームコアなどとはちょっと違った「いざという時に頼れる男」感を醸し出してくれます。

しかしやりすぎると急激にカッコ悪くなってしまい大惨事を招きかねません。

かっこよく男らしさを演出できるポイントやアイテム、コツを理解して男らしさを格上げしちゃいましょう!

画像出典:item.rakuten.co.jp

1 ワイルドなコーデに重要なポイント

人によってワイルド系ファッションの定義は異なりますが、

今回はバンド系でもお兄系でもない、ベーシックな男らしいワイルドコーデをつくりあげるポイントをご紹介します。

1-1 押さえておきたい7つのアイテムを理解しよう

ワイルドなコーデを作り上げてくれるマストアイテムをまずは押さえておきましょう。

デニム

201607_wildcoordinate_001

出展:http://zozo.jp/

男らしさと言えばデニム。

ダメージ加工が入っているアイテムや、少しタイトなアイテムを選んでみて下さい。

デニムシャツ

201607_wildcoordinate_002

出典:http://zozo.jp/

男らしさと言えばデニムシャツ。

デニムシャツはややタイトめのアイテムをチョイスしましょう。

単一なカラーより、少し色落ちしていたり、ダメージが入っているアイテムがオススメです。

スウェットパンツ

201607_wildcoordinate_003

出典:http://zozo.jp/

男らしさと言えばスウェットパンツ。

ダボダボのアイテムだとかっこ悪くなってしまうので、サイズ感には気を配りましょう。

レザージャケット

201607_wildcoordinate_004

出典:http://zozo.jp/

男らしさと言えばれレザージャケット。

問答無用の男らしさを誇る必殺アイテムです。

丈はやや短め、サイズ感はややタイトめのアイテムがオススメ。

ミリタリーアイテム

201607_wildcoordinate_005

出典:http://zozo.jp/

男らしさと言えばミリタリーアイテム。

カモフラージュガラのアイテムやカーゴパンツ、流行のMA-1なども男らしいコーデに大活躍。

ゆったりしたシルエットのアイテムが多いので、コーデのバランスがおかしくならないようにしましょう。

柄モノアイテム

201607_wildcoordinate_006

出典:http://zozo.jp/

男らしさと言えば柄モノアイテム。

様々な柄がありますが、シンプルなアイテムと合わせる事でアクセントになってくれますよ。

ちょっと悪そうな雰囲気を演出してくれるアイテムが多いのが特徴。

小物

201607_wildcoordinate_007

出典:critem.exblog.jp

男らしさと言えば小物。

小物を上手に使う事でシンプルなコーデでもグッとワイルド感をアップさせられるんです。

帽子、サングラス、ネックレス、指輪、ブレスレットなどもしっかりコーデにとりいれてみて下さいね。

 

1-2 サイズ感はややタイトめがかっこいい

201607_wildcoordinate_008

出典:www.west-shop.co.jp

ワイルドなファッションをつくる上でサイズ感への意識は避けて通れません。

オススメのサイズ感は、ややタイトめ。

ダボついたファッションは野暮ったくなってしまうので、シュッとしたシルエットをイメージしてみて下さい。

 

1-3 カラーは絞ってコーデを組もう

201607_wildcoordinate_009

出典:nxpg.net

カラーにもしっかり意識を向けましょう。

ワイルド感をアップさせてくれるカラーは、

  • ブラック
  • ネイビー
  • カーキ

この3つ。

モノトーンコーデも定番で男らしさを演出してくれます。

このメインカラーをしっかり使いながら、アクセントでさし色を入れていくのもオシャレですね。

 

2 男らしさ抜群のワイルドコーデ10選

ここからはオススメのコーデをご紹介していきます。

是非参考にしてくださいね。

【Tシャツ×デニム】

201607_wildcoordinate_010

出典:wear.jp/

タイトめのデニムとシンプルなカットソーのコーデ。

カラーを絞ってシンプルに着こなしています。

 

【ボーダーTシャツ×スウェット】

201607_wildcoordinate_011

出典:wear.jp/

ボーダーカットソーもモノトーンのアイテムをチョイス。

ニットキャップ、サングラスを使って男らしさをプラスしています。

 

【ジャージ×デニム】

201607_wildcoordinate_012

出典:wear.jp/

スポーティーな印象のジャージ。

シンプルに合わせればこなれ感あるワイルドファッションに。

 

【デニムシャツ×デニム】

201607_wildcoordinate_013

出典:wear.jp/

上下デニムのコーデ。

カラートーンを少し変えることで洒落感あるコーデが完成します。

 

【デニムシャツ×スウェット】

201607_wildcoordinate_014

出典:wear.jp/

デニムシャツはスウェットパンツとの相性抜群。

ヌケ感あるコーデです。

ネイビー、グレーにカラーを絞っている点も見逃せません。

 

【レザージャケット×チノパン】

201607_wildcoordinate_015

出典:wear.jp/

男らしい印象のレザージャケットはシンプルなコーデに合わせるのが正解。

アクセサリーが栄えますね。

 

【レザージャケット×モノトーンコーデ】

201607_wildcoordinate_016

出典:wear.jp/

全身ブラックでまとめたコーデ。

足元にレザーシューズを使って上品なエッセンスも加えています。

 

【MA-1×デニム】

201607_wildcoordinate_017

出典:wear.jp/

無骨な印象のあるMA-1を使ったコーデ。

さりげなくネックレスをコーデにプラスするのも小技です。

 

【MA-1×チノパン】

201607_wildcoordinate_018

出典:wear.jp/

モノトーンコーデにブラックのMA-1をプラス。

男らしい印象ながらもブラックのMA-1がどこか上品な印象を醸し出してくれます。

 

【カモフラ柄ジャケット×チノパン】

201607_wildcoordinate_019

出典:wear.jp/

ワイルド感あるカモフラージュ柄のアウターを使ったコーデ。

インパクトあるアイテムはシンプルな組み合わせで楽しみましょう。

 

3 オススメのショップ、ブランド紹介

ここからは男らしいワイルドなコーデにオススメなショップ、ブランドをご紹介していきます。

3-1 AVIREX(アヴィレックス) 

201607_wildcoordinate_020

出典:www.amazon.co.jp

ミリタリーテイストに定評ある歴史あるブランド。

無骨なアイテムが多く揃います。

 

3-2 DEUS EX MACHINA(デウスエクスマキナ)

201607_wildcoordinate_021

出典:zabou.org

バイク、サーフなどのカルチャーにインスパイアされた男らしいアイテムが揃うブランド。

ほどよいヌケ感もあり、自然な男らしさを演出できるブランドです。

 

3-3 DOWBL(ダブル)

201607_wildcoordinate_022

出典:www.4pla.co.jp

ワイルド感あるアイテムが揃うブランド。

洒落感と不良感がミックスしたラインナップが魅力的。

 

3-4 REMI RELIEF(レミ レリーフ)

201607_wildcoordinate_023

出典:ninadecoito.blogspot.com

デニムシャツや加工に定評のあるブランド。

こだわりある物作りで、多くのファッションフリークから人気を獲得しています。

 

3-5 Ron Herman(ロンハーマン)

201607_wildcoordinate_024

出典:www.webuomo.jp

アメリカ発の有名セレクトショップ。

洗練されたセレクトが光ります。

 

3-6 STUDIOUS(ステュディオス)

201607_wildcoordinate_025

出典:shopsnavi.com

トレンド感あるアイテム、セレクトが楽しめるショップ。

ほどよい男らしさを演出してくれるコーデが見つかります。

 

3-7 VANQUISH(ヴァンキッシュ)

201607_wildcoordinate_026

出典:ameblo.jp

ベーシックなデザインながら男らしさをプラスしてくれるアイテムを揃えるブランド。

モテを意識したファッションを提案しています。

 

まとめ

いかがでしたか?

男らしさをプラスしてくれるワイルドなコーデとポイントをご紹介してきました。

  • ワイルドさを引き立ててくれるアイテムをしっかり理解する
  • サイズ感はややタイトめに
  • カラーはブラック、ネイビー、カーキなどをベースにする

このポイントをしっかり押さえて、ワイルドなファッションを楽しんでくださいね!

SNSで最新情報をチェック