オン・オフ問わず大活躍!TUMIのおすすめリュック15選

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 1
リュック rumi

ビジネスマンを中心に支持を集めているTUMI(トゥミ)のアイテム。

機能性に強いこだわりのあるバッグは実用的で、使い勝手が良いため、機能美に優れています。

リュックも同じで、たっぷりな容量と使いやすさが良いことから、多くのファンを集めています。

ビジネスのみならず、オフのスタイルにも活躍すること間違いないTUMIのリュック。おすすめのモデルをご紹介していきます。

画像出典http://item.rakuten.co.jp/galleria/222389/

1 TUMI(トゥミ)ってどんなブランド?

トゥミ

出典:http://jp.clipartlogo.com/image/tumi_698955.html

アメリカのバッグブランドであるTUMI(トゥミ)。

1975年にニュージャージー州で生まれたブランドは40年以上の歴史を誇ります。

旅行用のトラベルバッグ(キャリーケース)やビジネスマン向けのブリーフケース、リュックなどのアイテムを展開しています。

機能美に特化しているのが特徴で、タフな素材として知られているバリスティックナイロンを用いたバッグがブランドを代表する定番アイテムとなっています。

2 TUMI(トゥミ)のリュックの魅力とは?

TUMI リュック

出典:https://www.amazon.co.jp

リュックのみならず、TUMI(トゥミ)のバッグ全般に言えることですが、何といっても機能性の高さが魅力。

収納はたっぷりとしたアイテムが多く展開されていて、PCやタブレット、書類の収納ができるスペースが用意されています。

そのためビジネスマンを中心に支持を集めています。

また、軍隊の装備品などでも用いられている、バリスティックナイロンが使われているため、耐久性の良さもお墨付き。

アクティブに動く人にとって、これ以上ない装備を備えています。

デザインは比較的プレーンでシンプルなものが多く、服装を選ばないのもうれしいポイントです。

3 便利すぎるTUMI(トゥミ)のおすすめモデル15選

3-1 スリーウェイブリーフ

スリーウェイブリーフ

出典:https://www.amazon.co.jp/

ビジネススタイルにマッチするスリーウェイタイプのバッグ。

リュックのほかに、手提げ、ショルダーと使い方を変えることができるのがポイントに。

しっかりとした作りと、大容量の収納は戦うビジネスマンのニーズに合っているのではないでしょうか。

このアイテムの詳細はこちら

 

3-2 ノックスバックパック

出典:http://www.tumi.co.jp/shop/g/g0222681NVY2/

多機能な収納が完備されているノックスバックパック。

PC、ラップトップ用の収納や小物用のスペース、傘の収納スペースが完備されていて、十分すぎるくらいの大容量です。

レザーが上品さを感じさせるポイントに。

このアイテムの詳細はこちら

 

3-3 ドーバーバックパック

出典:https://www.amazon.co.jp/

ややコンパクトなサイズ感のドーバーバックパック。

コンパクトなサイズ感ながらも、書類やPCの収納はバッチリ。

ショルダーのストラップはサイズの調整が可能なので、体に合ったサイズに調整をすることができます。

このアイテムの詳細はこちら

 

3-4 コンパクト・ラップトップ・ブリーフパック

出典:https://www.amazon.co.jp/

ブリーフバックとリュックが一体型になったモデルであるコンパクト・ラップトップ・ブリーフパック。

PCの収納スペースにはパッドがあるので、保護もばっちり。

撥水加工も施されていて、キャリーケースと取っ手に付けることもできるので、出張の多いビジネスマンにオススメ。

このアイテムの詳細はこちら

 

3-5 バトラーバックパック

出典:https://www.amazon.co.jp/

無駄のないミニマムなデザインが特徴的なバトラーバックパック。

他のモデルと比べると、容量は劣るものの、軽い背負い心地とレザーのトリミングが上品な雰囲気を醸し出しています。

シュッとしたシルエットがオシャレ。

このアイテムの詳細はこちら

 

3-6 ワードバックパック

出典:http://www.tumi.co.jp/shop/g/g0798647D/

亀の甲羅をイメージさせるデザイナが特徴のワードバックパック。

使い心地は軽く、タフな作りになっています。収納もたっぷりで、ダッフルバックとしても使える二刀流のアイテム。

1泊2日の外出でも使えそうです。

このアイテムの詳細はこちら

 

3-7 トビーバックパック

出典:http://zozo.jp/shop/tumi/goods/11638450/

トビーバックパックはTUMI(トゥミ)のアイテムの中でも軽いモデルと言われていて、ライトな使い心地が特徴的。

収納力の担保されています。無駄のないデザインなので、オフのスタイルにもマッチするでしょう。

このアイテムの詳細はこちら

 

3-8 ショーデラックス・ブリーフバック

出典:http://zozo.jp/shop/tumi/goods/12552485/?did=28398150

タブレットやPC、筆記用具、ノートなど収納に優れているショーデラックス・ブリーフバック。

はっ水加工も施されていて、実用的なモデルになっています。レザーのハンドル、トリミングが上質な雰囲気に。

このアイテムの詳細はこちら

 

3-9 ピーターソン ウィールド・バックパック

出典:https://www.amazon.co.jp

リュックとキャリーケースの2ウェイで使うことのできる、ピーターソン ウィールド・バックパック。

バリスティックナイロンが使われているので、耐久性もばっちり。

収納力は言うまでもありません。旅行・出張使いにもOKですね。

このアイテムの詳細はこちら

 

3-10 コーヴ バックパック

出典:http://www.tumi.co.jp/shop/g/g0798645D/

シュッとした縦長のシルエットが特徴的なコーヴ バックパック。

サイドにファスナーがあるため、物の出し入れが便利に。軽量タイプのモデルなので、軽い背負い心地も。

このアイテムの詳細はこちら

 

3-11 モリソンバックパック

出典:http://www.tumi.co.jp/shop/g/g0933256D/

ナイロン素材の多いTUMI(トゥミ)において、珍しいレザー素材のバックパック。

無駄のないシンプルなバックパックは、レザーの光沢が高級感を演出しています。

他のモデルと同じように、PCの収納なども付いており、機能性もそのままになっています。

このアイテムの詳細はこちら

 

3-12 ルーク ロール-トップ・レザー・バックパック

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらも珍しいレザー素材のバックパック。優れた収納力が特徴です。

ジップの作りに特徴があり、従来のアイテムと異なり、物の出し入れが比較的容易なモデルになっています。

キャリーケースへの接続もできます。

このアイテムの詳細はこちら

 

3-13 サジントン バックパック

出典:http://www.tumi.co.jp/shop/g/g0350653NVY/

カーボンファイバーを用いられて作られた希少なモデルである、サジントン バックパック。

たっぷりした収納とタフな素材で荷物を守ります。ラグジュアリーさを感じさせる上品なデザインも特徴的です。

このアイテムの詳細はこちら

 

3-14 ロックウッド フラップ・バックパック

出典:http://www.tumi.co.jp/shop/g/g063022D/

レザーで作られているロックウッド フラップ・バックパック。

フラップタイプのモデルで、紐を調整することで、荷物の出し入れを行うモデルです。

比較的コンパクトなモデルで、オフに適したデザインと言えるのではないでしょうか。

このアイテムの詳細はこちら

 

3-15 ブラッドリー バックパック

出典:https://www.amazon.co.jp/

耐久性に優れているといわれているHTLSポリエステルで作られた、ブラッドリー バックパック。

ポケットにはマイクロファイバーが張ってあり、衝撃を吸収。PCやタブレットの収納もOKです。

ポケットの位置も計算されていて、使い勝手の良さも考えて作られています。

このアイテムの詳細はこちら

 

まとめ

TUMI(トゥミ)のリュック・バックパックのおすすめモデルをご紹介しました。

機能性にこだわりを持つTUMIのリュック。収納力やタフな素材感が多くのファンを獲得する要因となっているようです。

またデザインも主張の少ないシンプルなものばかりなので、スーツの色や洋服のデザインに左右されないのも高いポイントになっています。日本のブランドとコラボしているモデルもあるので、多くのバリエーションが展開されています。

機能的で快適すぎるTUMIのリュックをぜひ試してみてはいかがでしょうか。

SNSもチェック!