【デキる男の必需品】ビジネスシーンにオススメの手帳ブランド10選

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

プライベートはもちろん、ビジネスシーンにも欠かせない手帳。

あえてアナログで管理するところに魅力がある手帳ですが、一度魅力にはまるとなかなか手放せなかったりしますよね。

手帳も様々なものが出てきており、どの手帳にどんな強みがあるのか分からなかったりするものです。

特にビジネスシーンでは手帳はタスク管理に大活躍してくれます。

今回はビジネスシーンにオススメの、生産性を向上させてくれる手帳ブランドをご紹介していきます!

1 ビジネスシーンにオススメの手帳ブランド10選

1-1 MOLESKINE(モレスキン)

nws_140603_18months-img

出典:www.moleskine.co.jp

ノート感覚で使えるモレスキンの手帳。

ノーロがとくに有名なブランドです。

さらにもう1ページめくると次の月…ではなく、フリーの横罫ページが2ページ用意されています。その月についての具体的なメモやアイデアなどをすぐに加えることができるモレスキンらしい仕様です。

スケジュールは簡易的に、でもメモする場所は多く取りたい方にオススメです。

1-2 Filofax(ファイロファックス)

出典:www.pen-house.net

1921年からあるイギリス発祥の手帳。

ルーズリーフ式の紙を上質の革で作ったバインダーで綴じるという、現在のシステム手帳の元祖とも言えるアイデアを生み出したブランドです。

システム手帳のパイオニアとして時代のニーズに応じたシステム手帳を作り続け、「システム手帳の代名詞」と称されるまでに成長しています。

専用のリフィルも種類が多く揃い、ライフスタイルや好みに応じて使い分けることができるのもポイント。

1-3 KAKURA (カクラ)

出典:http://www.amazon.co.jp

カクラの手帳は「ナチュラルヌメ」と呼ばれる革を中心に使っています。

革の断裁から手縫いでの縫い上げまで、ほぼすべての行程をKAKURAの工房で、職人の手でひとつひとつ丁寧に作られています。

一枚革で包み込む一風変わった風貌は、別売のレザーリフィルで自分仕様にカスタマイズでき、切符やクリップや、ふせんなど細かなものをかさばらずに収納することもできるのもポイント。

1-4 Franklin Planner(フランクリン・プランナー)

出典:www.franklinplanner.co.jp

「人生を変える時間管理ツール」と言われる手帳。

スティーブン・R・コヴィー博士の「7つの習慣」を実践するように設計されており、自分の目標を達成できるよう日々の行動計画をアシストしてくれます。

手帳は単なる手帳という概念にとらわれることなく、時間管理は人生管理の基本であるという理念に基づき作られている、独特の手帳です。

タイムマネジメントが劇的に変化する考え方が詰め込まれた手帳です。

1-5 ASHFORD(アシュフォード)

出典:http://www.ashford-style.com/

1982年にスタートした手帳。

ASHFORDでは、手帳本体を「ジャケット」と呼びます。

ファッションにも通じる理念で、手帳を単なる文房具として捉えるのではなく、自分の個性を表現するアイテムとして考えています。

システム手帳自体が「ハード」だとすると「ソフト」にあたるリフィールが充実していてこそ、真のシステムだという考えのもとにリフィールの研究開発にもじっくりと時間をかけてその利便性を追求しています。

サイズも多種類用意されており、もちろんリフィルの種類も豊富。

「ハード」「ソフト」ともに高い質のアイテムを柔軟に使い分ける事ができる本物思考の手帳です。

1-6 トラベラーズノート

出典:www.kokoro-fire.com

極めてシンプルな牛革カバーにリフィルを挟んで使う自由なスタイルを楽しめるノート。

「旅を愛するすべての人たちに」むけた、使い込むほど味わいが増す本革カバーのノートシリーズです。

爆発的にファンを増やしてきた理由は、使えば使うほど味が出る経年変化する本革と、カスタマイズ力の高さ。

特にカスタマイズの柔軟さに関しては群を抜いています。

リフィルはもちろん、その他のツールも豊富に用意されており、使う事が楽しくなる事間違い無しの逸品です。

1-7 NOLTY(ノルティ)

出典:https://jmam.jp

ライフスタイルに合わせて様々な種類が用意されてるノルティシリーズ。

伝統の能率手帳シリーズと掛け合わせた使い心地は、シンプルながら確かな実力を感じさせてくれます。

シンプルな表情ながら、味のある手帳です。

1-8 Davinci(ダ・ヴィンチ)

出典:www.pen-house.net

上質なレザーを使ったダヴィンチシリーズのバインダー。

様々な企業のエグゼクティブが仕様しているブランドでもあります。

質の高いレザーだからこそ楽しめる経年変化がビジネスマンの風格をアシストします。

1-9 Bindex(バインデックス)

出典:www.rakuten.ne.jp

実用性を重視する方におすすめのシステム手帳ブランド。

能率手帳でお馴染みの、日本能率協会マネジメントセンターが手がけるブランドです。

日本のビジネスパーソンにとっての「使いやすさ」を第一に考え開発されたバインデックスは、「薄さ」、「軽さ」、「様々な筆記具での書きやすさ」、「書いた文字が透けない」などさまざまな要望にこたえる工夫がなされています。

1-10 BRIT HOUSE(ブリットハウス)

出典:item.rakuten.co.jp

「ハイクオリティーレザープロダクト」がコンセプトのブリットハウス。

「品質の良さ=耐久性、使い勝手の良さ=愛着、更に機能性、美しさを兼ね備えた手帳」を理想としています。

ワックスを塗りバフの摩擦熱で革の表面を焦がす事により味わい深い色の濃淡が生まれたレザーは一見の価値あり。

耐久性に優れ、滑らかで柔らかく、耐久性にも優れている手帳です。

まとめ

いかがでしたか?

ビジネスシーンにオススメの手帳をご紹介してきました。

是非参考にしてみて下さいね!

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す

*