実はとっても奥深いノームコアおすすめのブランド&コーデ紹介

  • 0
  • 0
  • 0
  • 1
  • 15
ノームコア

なんだか最近よく聞くノームコア(Normcore)。

実は10年以上前から存在しているスタイルで、近年のファッションへの関心の変化により徐々にスポットライトを浴び、じわじわと日本でも流行しています。

もともとはニューヨークを発信源としたファッションのスタイルなんです。

そのスタイルの特徴は特になく、ジーパンにTシャツを合わせるようないたって普通のスタイル。

ノームコアは”normal + hardcore”の造語で”究極の普通”を意味しています。

ですが普通の超定番アイテムを使ったり、今まさに流行しているようなアイテムを使わずに伝統あるブランドやディテールのアイテムを使ったりするために、本人の雰囲気や、サイズ感や組み合わせ、アイテムの使い方などが微妙だと一撃でダサいヤツ認定を受けてしまうかなりの紙一重スタイルなんです。

今回はノームコアスタイルの紹介、ノームコアスタイルに適したブランドやノームコアスタイルを作り上げるためのおすすめのポイントをご紹介をしていきます。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

1 ノームコアスタイルを着こなす際に押さえておきたい大切なポイント

究極の普通を意味するノームコア。

普通なアイテムを普通に組み合わせてオシャレな雰囲気に仕上げるのは、実はかなりオシャレ上級者。

ファッションの基本、アイテムのこだわりを理解していないとノームコアはカッコよく決まりません。

着こなしのキーワードとしては、

  • アイテムの意味と自分の感性のマッチング
  • シンプルなカラー
  • 定番のディテールかつこだわったアイテム、ブランド選び

この3つ。

1つずつ見ていきましょう。

1-1 そのアイテム、ブランドのこだわりと自分の感性がマッチするかを意識して

ノームコアを演出できるのは「すこしゆったりしたリラックス感」と「あえてこのアイテムを着ているんだよ感」。

これがこなれた雰囲気には必要。

同じシャツやデニムでもブランドによってこだわりや、ルーツなどが大きく違います。

そのために、「この服はどこにこだわっているのか」をしっかり確認し、そのこだわりポイントと自分の感性が合うようなアイテムを選んでみてください。

 

1-2 カラーは落ち着いたトーンを選ぼう

良く使うカラーはブルー系、ホワイト、アイボリー、ブラック、ネイビーなどなど。

派手な色や奇抜なデザインなどはノームコアで使われることはあまりありません。

1アイテムコーデに差し込むのであれば問題ないのですが、全体的にカラフルにしてしまうと別なスタイルになってしまいます。

 

1-3 アイテム選びは徹底的に

とにかくファッションの基本テクニックが求められるノームコア。

シンプルなスタイルなだけに、素材感やアイテムのディテールが浮き彫りになってしまうスタイルでもあります。

アイテムやブランド選びは徹底してこだわりましょう。

「シンプルなデザインだけど、なんだか他と少しちがう」アイテムがあれば手にとってみてください。

また、そのブランドがどんなファッションを目指しいているのか、どんなブランドのアイテムにインスパイアされているのかなども知っておきたいところです。

よく引き合いに出されるのがスティーブ・ジョブス。

イッセイミヤケのタートルネックとリーバイス、ニューバランスをいつも使用していました。

見かけではとても普通の組み合わせなのですが、アイテムやブランドにこだわっている点は参考にできます。

2 ノームコアでおすすめのコーディネート

ノームコアを楽しむ場合、なんとなくイメージできるようにしておく事が大切です。

写真集的にコーデをご紹介していきますので参考にしてみて下さい。

2-1 白カットソー×ワイドパンツ

白カットソー×ワイドパンツ

デニムに白Tのとてもシンプルなコーデ。そうきくとすごく普通ですよね。

トップスは実はレイヤード、パンツはテーパード(腰周りはゆったり、足首に向けて細くなる形)がかったシルエット、普通に見えて、よく見ると何かをこだわってる雰囲気。

この「普通だけどなんだかおしゃれ」な感じのイメージを作り出すのがノームコアです。

2-2 グレーパーカー×黒パンツ

グレーパーカー×黒パンツ

パーカーとブラックパンツ、スニーカー。普通のコーデですよね。

パーカーのインナーに白シャツをレイヤードする事で、こっそり味付けしています。袖からシャツをチラ見せしているのもポイント。

パンツのロールアップも、くるぶしが出るぐらいでこなれ感を。

実はこのパーカー、袖がラグランタイプ、胸元にV字ガゼットとディティールもこだわりがあります。

2-3 白カットソー×デニム

白カットソー×デニム

とっても普通な組み合わせ。

白Tはポケット付き、あえて短めのデニムはダメージ加工、ジャケットもヴィンテージ風、手にはインディアンジュエリーと、どのアイテムも少しづつ普通とは違っています。

2-4 黒MA-1×グレーニットソー黒パンツ

黒MA-1×グレーニットソー黒パンツ

1LDKのショップスタッフさんのコーデ。秋冬オススメのノームコアです。

モノトーンでまとめています。

ジャケットはブルゾンタイプ、スウェットとカットソーのレイヤード、パンツは少しゆったりめ。

ベーシックなアイテムだけですが、サイズ感と小ワザが効いていて、おしゃれな雰囲気抜群です。

2-5 黄色ニットキャップ×デニム白スニーカー

黄色ニットキャップ×デニム白スニーカー

シンプルなデニムにコンバース、ちょっとディテールの変わったポケットTシャツを合わせたコーデ。

ニットキャップでさりげなく差し色をプラスしたシンプルな組み合わせです。

2-6 黒トレーナー×グレーワイドパンツ

黒トレーナー×グレーワイドパンツ

オーバーサイズのアイテムを使ったコーデ。

こだわりあるブランドのアイテムを合わせてシンプルながらもひねりのある雰囲気に。

2-7 アイボリートレーナー×ネイビーパンツ

アイボリートレーナー×ネイビーパンツ

ノームコア感溢れるコーデ。

ベーシックなアイテム使いですが、テーパードを効かせたダークネイビーのパンツがなんだか普通とちょっと違う雰囲気を醸し出してくれています。

2-8 黒ジャケット×グレートレーナー×デニム

黒ジャケット×グレートレーナー×デニム

あえてゆったりめで気取らないシルエット感とカラーのデニムがこなれ感を出してくれています。

2-9 白シャツ×黒ジョガーパンツ

白シャツ×黒ジョガーパンツ

シャツと黒チノパンのパッと見普通のコーデ。

ですがこのシャツとパンツ、こだわりある物づくりに定評のあるYAECAのアイテム。

シンプルなコーデだからこそアイテムの味が明確になります。

リブのついたパンツがスウェットのようなラフさもプラスしてくれています。

足元は少しボリュームのあるレザーシューズ。かなり計算されていますね。

2-10 黒ジャケット×白トレーナー×スウェットパンツ

黒ジャケット×白トレーナー×スウェットパンツ

スウェットパンツを使った少しスポーティーな雰囲気のコーデ。

ミリタリー風のポケットのスウェットは実はあまり多くはりません。

全体的にスポーティーですが、上半身にジャケットを羽織る事でコーデをしまった印象に。

ニットキャップもアクセントになっていますね。

2-11 黒ハット×白カットソー×デニム

黒ハット×白カットソー×デニム

ポケットT、ゆったりデニム、スニーカー。

もうそろそろイメージがついてきたでしょうか。

それぞれのアイテムにこだわりが感じられます。

シルエットのバランス、あえてのバケットハット、柔らかい印象を演出するラウンドタイプのメガネ。

ロールアップも太めにしてよりリラックスした雰囲気ですよね。

2-12 カーキハット×白カットソー×デニム

カーキハット×白カットソー×デニム

ノームコアなコーデでは帽子が活躍してくれることが多いです。

このコーデのポイントはアクセントの帽子、あえてロールアップしないデニム。

あまりこだわっていないような風に見せて細部にこだわりがあるのが見て取れます。

アクセサリーの使い方もさりげなくていいですね。

2-13 グレーニット×デニム

グレーニット×デニム

スウェット、デニム、スニーカーと、一歩間違えば大惨事なコーデ。

アイテムの絶妙なサイズ感と、デニムの色落ち、デニムと色を合わせたNIKEがこなれ感を演出してくれています。

普通なのになんだか男らしいのは、いい意味での「適当感」があるから。

服を分かっている尽くした男の「あえて」なこだわりが見受けられます。

2-14 キャップ×白カットソー×デニム

キャップ×白カットソー×デニム

VANSのスニーカーとキャップでスケーターテイストのコーデ。

トップスはヘンリーネックに、ボトムスは少しゆったりめに。

もともと海外発のノームコアは、カルチャーシーンとも深く結びついています。

スケーターのテイストがノームコアなテイストとマッチするのも理解できますね。

2-15 グレーカーディガン×白シャツ×スウェットパンツ

グレーカーディガン×白シャツ×スウェットパンツ

カーディガン、シャツを合わせたパッと見、普通のコーデ。

1LDKというお店のオリジナルブランド、ユニバーサルプロダクツのアイテムをメインにしたコーデ。

このブランドもこだわりが強く、シンプルながらも普通のアイテムとは仕上がりが違います。

カラーパンツを使う事で少しだけ普通と違う感じを演出できますね。

2-16 カーキMA-1×白カットソー×黒パンツ

カーキMA-1×白カットソー×黒パンツ

ヘインズのTシャツはノームコアスタイルにとてもよくマッチします。

とてもシンプルなコーデですが、サイズ感が絶妙です。

2-17 スラブ地カーディガン×白カットソー×デニム

スラブ地カーディガン×白カットソー×デニム

白T、カーディガン、デニムの王道コーデは、リラックスした雰囲気満載です。

テクニカルなポイントは足元。

ノームコアなスタイルには欠かせない白ソックスにビルケンシュトックのサンダルを。「あえて感」がよりこなれた雰囲気を演出してくれています。

随所に光るインディアンジュエリーも見逃せません。

2-18 白カットソー×ワークパンツ

白カットソー×ワークパンツ

こちらもかなりシンプルなコーデ。

パンツはアウトドアテイストのグラミチをチョイス。

グリーンの時計で差し色を使う点もポイントです。

2-19 グレーパーカー×青シャツ×ブルーパンツ

グレーパーカー×青シャツ×ブルーパンツ

パーカーも使いやすいアイテム。

「さり気なく他とは違うポイントがあるアイテムを選んでいる」観点を参考にしましょう。

その感覚で見るとパンツが特に変わっているのに気づくはず。

カジュアルなパンツなのにスラックスでよく見られるセンタークリースが。

随所に「あえて感」が漂うコーデです。

次ページへ

SNSもチェック!