【イケてる男の身嗜み】超おすすめのネクタイブランド50選

  • 0
  • 0
  • 0
  • 1
  • 0
job-hunting-suit-dressing-3

私服ではオシャレの幅が多くありますが、スーツだとなかなかオシャレが難しいですよね。

でも、そんなスーツスタイルでオシャレさを演出してくれるのがネクタイなんです!

意外と気を抜いてしまいがちなネクタイですが、スーツスタイルでのオシャレさを大きく左右するネクタイ。

この記事では、一目置かれる事間違いなしの50ブランドご紹介していきます!

ご紹介するネクタイをしていればスーツスタイルの格が上がる事間違いなし!

男性へネクタイのプレゼントを考えている女性の方も是非参考にしてみて下さいね♪

目次

1 ネクタイ選びで意識したい5つのポイント

どんなに有名なブランドのアイテムだからといって、ただ選べばいいという訳ではありません。

まずはネクタイを選ぶ際の基本的なポイントを押さえておきましょう。

さらにポイントをくわしくまとめた記事もぜひ参考にしてみて下さい。

1-1 ネクタイの代表的な2種類の形を意識しよう

201606_necktie_brand_001

出典:http://shop.e-shirt.jp

ネクタイは大剣(前に来る幅の広いほう)の幅によって名称が変化します。

レギュラータイと呼ばれる大剣の幅が7cm~9cmのアイテムが一般的なのでおすすめです。

ナロータイと呼ばれる大剣の幅が4cm~6cmのちょっと細いものは、よりスタイリッシュな印象にしてくれます。

が、あまり細いネクタイはビジネスシーンに適していないと考える方もいるので、身に着ける際は大事な商談やプレゼンなどが無い日に選びましょう。

1-2  ネクタイの色を意識して

201606_necktie_brand_002

出展:zokeifile.musabi.ac.jp

ネクタイの色は、その人の印象を大きく左右します。

例えば赤は情熱的な印象に、青、紺は誠実な印象などなど。

一般的には赤系、青系がビジネスシーンでの定番になっています。

基本的に派手な色はビジネスシーンに適していません。

1-3 ネクタイの柄を意識して

201606_necktie_brand_003

出展:subserveinformation.com

基本的には無地、ストライプ、小さめのドット、小紋などが間違いなくオススメ。

ペイズリーや動物柄など、派手な柄のネクタイはビジネスシーンでの扱いが難しいので控えたほうが無難です。

またハイブランドのネクタイには、一目でそれと分かるブランドロゴが一面にあしらわれたものなどがよくありますが、こちらも選ぶのは控えましょう。

1-4 ネクタイの素材にも気を配って

201606_necktie_brand_004

出展:suitdanshi.com

ネクタイの素材にも種類があります。

間違いはないのは、シルク100%の上質なアイテム。

シルク100%のアイテムは光沢があり締めやすく、どんなシーンでも使うことができる基本アイテムです。

夏にはリネン(麻)、秋冬にはウールなど、季節感を意識したネクタイ選びもオシャレな男の条件です。

1-5 ネクタイの結び方はしっかり意識しよう

いいネクタイを使っていても結び方が上手じゃないと残念な雰囲気に。

しっかりとネクタイの結び方は意識しましょう!

ネクタイの結び方のコツをまとめた記事も是非参考にしてみて下さい♫

2 10,000円以下のオススメのネクタイブランド11選

ここからはネクタイのブランドをご紹介していきます!

まずは10,000円以下のブランドからご紹介。

手軽にふだん使いに取り入れられて、質の高いブランドをセレクトしています。

2-1 ABAHOUSE(アバハウス)

201606_necktie_brand_005

出展:http://zozo.jp/

「ファッションを模索する人たちに」をテーマとしたブランド。

カジュアルなアイテムを展開していますが、ネクタイなどのフォーマルアイテムも提案しています。

シルク100%のアイテムも多く、コストパフォーマンス、デザイン性に優れています。

2-2 BEAMS F(ビームスF)

201606_necktie_brand_006

出展:http://shop.beams.co.jp/

1978年、「FUTURE」のFをレーベル名に掲げて始まったレーベルです。

アメリカンカジュアルウェアの「BEAMS」から、より幅広い世界を展開すべく ヨーロッパのクラシックをベースに、常に現代的な解釈を加えたスタンダードを提案しています。

着心地と作りの良さを追求した重衣料と、大人のためのエレガ ントなカジュアルウェアの品揃えで構成されています。

ネクタイの質も高く、ワンランク上の大人の雰囲気を演出してくれます。

2-3 Calvin Klein(カルバンクライン)

201606_necktie_brand_007

出展:store.shopping.yahoo.co.jp

アメリカのブランドで、都会的で洗練されたニューヨークファッションの代表として有名です。

ネクタイもシンプルながらも洗練されたデザインアイテムが揃っているので、スタイリッシュなスタイルを好む方にオススメ。 

2-4 EDIFICE(エディフィス)

201606_necktie_brand_008

出典:http://style-cruise.jp

フレンチ感ある大人のファッションを提案するブランドは、フォーマルなファッションも得意としています。

シルクにリネンをブレンドしたシーズン感のある生地を使用したコモン柄のタイなど、こだわりのアイテムが揃います。

セレクトショップならではの感度が楽しめるアイテムが多いのも嬉しいところ。

2-5 green label relaxing(グリーンレーベルリラクシング)

201606_necktie_brand_009

http://store.united-arrows.co.jp/

ユナイテッドアローズの系列ブランド。

写真はシルクならではの光沢感とドット柄デザインの組み合わせで、使い勝手の良いアイテム。

リーズナブルな価格で、洗練されたスタイルのアイテムが手に入ります。

2-6 Les Copains(レコパン)

201606_necktie_brand_010

出展:jp-necktie.com

イタリアでも人気の高いレコパン。

シルクの質が高いことで有名なネクタイです。

肉厚でデザイン性の高いアイテムは、世界的なブランドと比肩される程の完成度。

にも関わらずコストパフォーマンスが高いのも嬉しいところ。

2-7 nano・universe (ナノ・ユニバース)

201606_necktie_brand_011

出展:http://zozo.jp/

きれいめなカジュアルファッションに定評のあるナノユニバース。

ドレスアイテムの展開も行っています。

アイテムはベーシックなデザインながらも洗練されたデザインが光ります。

2-8 ORIHICA(オリヒカ)

201606_necktie_brand_012

出展:http://onlineshop.orihica.com/

オリヒカは老舗紳士服メーカー青木「AOKI」が提案する新しいスーツブランドです。

2004年にコレクションをスタートしています。

ワンランクのおしゃれを目指す大人のためのブランドです。

デザイン、品質も良く、コストパフォーマンスも抜群。

アイテム数も豊富です。

2-9 The suit company(スーツカンパニー)

201606_necktie_brand_013

出展:http://www.uktsc.com/

洋服の青山で有名な青山商事が展開するブランド。

スーツカンパニーのコンセプトは「What is brand?」。

ネームバリューやトレンド性など、ブランド的な価値を提供するのではなく、クオリティの高い生地と縫製やファッション性を重んじています。

2-10 TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)

201606_necktie_brand_014

出展:http://zozo.jp/

フォーマルなラインからカジュアルなラインまで幅広く展開しているブランド。

なかでもフォーマルのアイテムには定評があります。

主張しすぎない洒落感と、シーンを選ばない使いやすさを併せ持ったアイテムを多く提案してくれます。

2-11 URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)

201606_necktie_brand_015

出展:http://zozo.jp/

セレクトショップ「アーバンリサーチ」が提案するメンズドレスラインは、「Traditional material + playfulness」をテーマに伝統的な素材を用い、形式に捉われない自由なスタイルを提案しています。

ベーシックなデザインを中心としながらも、さりげなくトレンドのエッセンスをプラスした趣味の良いアイテムが揃います。

3 10,000円以上のオススメのネクタイブランド22選

確かな品質のアイテムが揃う価格帯です。

エース級のアイテムばかりなので是非ここぞと言う場面で使いたいアイテムばかり。

何本か持っておくと、ここぞという場面で大活躍してくれること間違いなしですよ!

3-1 agnes b.(アニエスベー)

201606_necktie_brand_016

出展:http://zozo.jp/

フレンチカジュアルスタイルの王道ブランド。

確かな品質と、程よくエッジの効いた上品さが特徴です。

シンプルながらもどこか人と違う、さりげない高級感を演出できます。

3-2 ATELIER F&B(アトリエ F&B)

201606_necktie_brand_017

出展:http://onlinestore.barneys.co.jp/

1919年設立の今でもメイドインフランスにこだわる数少ないブランドの1つ。

上品でやわらかな色づかいが特徴です。

さりげなくメリハリを効かせたデザインが胸元を彩ってくれます。

3-3 Atkinsons (アトキンソン)

201606_necktie_brand_018

出展:www.buyma.com

1820年、アイルランドのタブリンにリチャード・アトキンソンズによって創業されたブランド。

自社で織物工場を持ち合わせているために徹底した品質管理もでき、自社内で全てハンドライティングによるデザインを起こすことが可能なのも長所。

ネクタイ素材として最高の品質を誇る「ロイヤルアイリッシュポプリン」を中心に、ピュアシルク・ピュアウールなど厳選された上質な素材のみを使用している事でも知られています。

1837年に、英ビクトリア女王よりロイヤルワラント(国王より授与される認定書)を授与されている事もあり、世界中で高い評価を受け続けているブランドです。

3-4 Aquascutum(アクアスキュータム)

201606_necktie_brand_019

出展:store.shopping.yahoo.co.jp

トレンチコートを生み出した英国の老舗ブランド。

英国王室御用達ですが、世界的には知れ渡っているわけではない知る人ぞ知るブランドです。

ネクタイは品質と価格のバランスがとれており、どんなシーンでもエース級の活躍をしてくれるラインナップです。

3-5 BARNEYS NEW YORK(バーニーズニューヨーク)

201606_necktie_brand_020

http://onlinestore.barneys.co.jp/

シーズントレンドを取り入れたデザインと確かなクオリティに定評のあるバーニーズニューヨークのオリジナルコレクション。

汎用性の高いカラーとデザイン、質のバランスもよく、どんなスタイルでもコーディネートしやすい点も魅力です。

3-6 BENTLEY CRAVATS(ベントレークラバッツ )

201606_necktie_brand_021

出展:zozo.jp

1956年にアメリカ、ニューヨークで創業したブランドで、なんと現在も生地裁断以外は全て手縫いでネクタイを生産しているというブランド。

アメリカントラッドやプレッピースタイルに良く合う逸品です。

ややカジュアルな印象なアイテムが多いので、シーンを選んで楽しんでください。

3-7 BREUER(ブリューワー)

201606_necktie_brand_022

1892年、オーストリアのウィーンでネクタイ製造におけるパイオニアの1社として創業したブランド。

ハンドメイドで行われるカンヌキ止め、 柄の位置に配慮した生地のカッティングに定評があります。

ネクタイを締めた時のほどよい肉厚感が演出できるような生地へのこだわりも秀逸。

美しい色味のネクタイとしても有名で、その発色の良さがも人気の秘訣になっています。

3-8 Brooks Brothers(ブルックス ブラザーズ)

201606_necktie_brand_023

出展:item.rakuten.co.jp

ブルックス・ブラザーズは、1818年創業のアメリカン・トラッドを代表するブランド。

ラルフローレンと並ぶアメリカの代表的なブランドです。

ラルフローレン創始者であるラルフローレン氏を輩出した経緯もあります。

ネクタイの品質はもちろん折紙つきで、シルク地が基本の質のいいアイテムを展開しています。

紳士的な装いにピッタリです。

3-9 DRAKE’S(ドレイクス)

201606_necktie_brand_024

出展:store.shopping.yahoo.co.jp

英国ロンドンで創業されたブランドで、ネクタイは定番中の定番。

上質な光沢とボリュームのあるネクタイは、ビジネスシーンで大活躍してくれること間違いなしです。

3-10 Dominique France(ドミニク フランス)

201606_necktie_brand_025

出展:item.rakuten.co.jp

1939年、フランス・パリのピエール・シャロン通りでルネ・ブランドーにより創業し、特にネクタイや刺繍技術に定評があります。

7段階に分けられた商品の中で「星」と「王冠」は代表的なアイテム。

「星」は若々しくカラフルなモデルに、「王冠」はその外見と手触りにおける職人の腕の冴えが見事に生き、ドミニク・フランスの名声を確立した商品となっています。

ネクタイを製作するにあたり、厚みのあるジャガード織は普通の絹の3倍近い密度のヘビーシルク、しかも正バイヤスに裁断することから、同じ色柄は140本しか製作されないとまで言われてます。

3-11 FAIRFAX(フェアファクス)

201606_necktie_brand_026

出展:store.shopping.yahoo.co.jp

日本を代表するネクタイブランドの1つ。

低速織機で生地を織ることで、職人によるハンドメイド風の柔らかさと光沢を兼ね備えています。

高品質でありながら、コストパフォーマンスに優れています。

3-12 FRANCO BASSI.(フランコバッシ)

201606_necktie_brand_027

出展:store.shopping.yahoo.co.jp

1973年にシルク生産で有名なイタリア北西部のモコにて設立されたネクタイブランドです。

落ち着いた雰囲気のデザインは、どんなスーツにも自然にマッチします。

大人らしい雰囲気に仕上げてくれる、ちょっとシブめのブランドです。

3-13 Franco Minucci(フランコ ミヌッチ)

201606_necktie_brand_028

出展:http://shop.beams.co.jp/

エレガントなコレクションをリリースしているブランド「Franco Minucci」のネクタイは印象的な胸元を演出してくれます。

本国では“イタリア一の洒落者”として、その名を知らない者はいないと言われているフランコ・ミヌッチ。

氏の名前が冠になっている「Franco Minucci」製品のネクタイやストールは、その極上の品質から“世界一美しい”と評されているほどです。

3-14 Holliday & Brown (ホリデイ&ブラウン)

201606_necktie_brand_029

出展:http://shop.beams.co.jp/

1926年にホリデイ氏とブラウン氏によって1926年に設立された老舗ネクタイブランド。

工業化が進んでいく中でも一貫してハンドメイドにこだわり、高品質な素材を用いて仕上げられたネクタイは世界でも最高峰の評価を受けています。

3-15 LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)

201606_necktie_brand_030

出展:store.shopping.yahoo.co.jp

もともとはシャツを作るメーカーとして有名だったイタリアのブランド。

独自の縫製方法を用いたルイジボレッリのネクタイは、立体的で美しいフォルムが特徴。

ネクタイの色や柄だけでなく、フォルムにもこだわりのある、さりげない存在感のあるブランドです。

3-16 MEROLA(メローラ)

201606_necktie_brand_031

1870年、イタリア・ナポリで創業した歴史あるブランド。

決して流行に左右される事無く、長い歴史の洗練を経て行き着いたクラシックなスタイルを踏襲し続けるという哲学の下、完全ハンドメイドを徹底しています。

メローラのネクタイは、裁断、縫製、仕上げに至るまで、全ての工程を専門職人が行っていため、よく見るとステッチの幅が不均等だったり、剣先の左右の長さが微妙に異なっていたりしている事で、一本一本に独特な存在感を秘めています。

代表的な「50オンスシルクツイル」を使用したネクタイは、しっかりとした厚みと量感があり、しなやかで締めやすく一日中していても緩まないのもポイント。

締めた時のノットの美しさは言うまでもなく、サテンのような優雅な光沢、深く絶妙な発色など、すべてにおいて秀逸なアイテムです。

各国の政治家やエグゼクティブに愛用され、映画「ローマの休日」にも登場したことでも広く知られており、クラシコイタリアを日本に広めた、服飾評論家の落合正勝氏が絶賛している事でも有名です。

201606_necktie_brand_032

出展:zozo.jp

1926年、イタリアミラノで創業したブランドで、裁断から縫製まですべての工程を手作業によって仕上げているのが特徴。

クラシックスタイルの中にトレンドを調和させた高いデザイン性に定評があり、そのデザインを表現させるのにイタリアのみならず英国の工場を使ってクオリティーの高い生地を生産しています。

ハンドメイドに加え、表地の風合いに合わせて芯地を使い分けたり、グランドカラーに合わせて裏地の色を変えたりと、細部にまで深いこだわりをもっています。

様々な有名ブランドのネクタイとして採用され高い評価を受けている一本です。

3-18 SEAWARD & STEARN(シーワード&スターン)

201606_necktie_brand_033

出展:page16.auctions.yahoo.co.jp

2002年、イギリスで創業したブランド。

ネクタイ製造に従事する家系に生まれ、ターンブル&アッサーのデザインディレクターを務めた経験もあるマーク・スターン氏と、長くネクタイ業界で活躍してきたゲイリー・シーワード氏が創業者。

歴史が浅いブランドでありながら、デザインだけでなく素材にも独自の強いこだわりを見せています。

3-19 SHIPS(シップス)

201606_necktie_brand_034

出展:http://zozo.jp/

セレクトショップとして有名なシップスは、フォーマルなスタイルの提案も強みの一つ。

SHIPSのオリジナルネクタイにも、いいネクタイの証の一つのたるみ糸をつけるなど、こだわりが詰め込まれています。

※「たるみ糸」は、大剣の裏側にある糸のことで、ネクタイを結ぶ際、この糸が動くことで力を分散させ、縫い糸とネクタイ自体の生地の破損を防ぎます。内側に入り込んでいることあります。

3-20 TOMORROWLAND(トゥモローランド)

201606_necktie_brand_035

出典:http://store.tomorrowland.co.jp/

上品な大人のスタイルを提案するワンランク上のセレクトショップ。

メリハリがあるカラーリングを、あえてトーンをおさえて落ち着きのある雰囲気に仕上げるなど、大人っぽさを演出してくれるアイテムが揃います。

3-21 Turnbull&Asser(ターンブル&アッサー)

201606_necktie_brand_036

出展:shop.vulcanize-lon.com

1885年創業のイギリスの老舗ブランド。

王室との付き合いは深く、チャールズ皇太子はもちろん、ふたりの王子も子どもの頃からターンブル&アッサーを愛用、ウイリアム王子は婚約発表の場でターンブルアッサーのシャツとスーツを着用するなど、その信頼のほどは絶大です。

007シリーズでジェームズ・ボンドが愛用するシャツとネクタイでもあります。

一流の男にぴったりのブランドです。

3-22 UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

201606_necktie_brand_037

出展:http://zozo.jp/

言わずと知れた有名ブランドユナイテッドアローズはアイテムの質、デザイン共にハイレベル。

Vゾーンにラグジュアリー感を与えてくれるアイテムが揃います。

ワンランク上のセンスある装いを演出してくれるアイテムです。

4 オススメのハイブランドネクタイ17選

誰もが知っているハイブランドのネクタイ。

選ぶ際はロゴが前面に出ていないシンプルなネクタイがオススメです。

明らかに「いいもの」と分かるアイテムで、周りのメンズと差をつけてくださいね!

 

4-1 Giorgio Armani(ジョルジオ・アルマーニ)

201606_necktie_brand_038

出展:http://kakaku.com/

ファッション業界で権威のあるブランドの1つ。

アルマーニのネクタイは機能性が重視されているにもかかわらず、デザイン性もしっかり担保されています。

嫌味あるデザインは少なく、ビジネスシーン向きのネクタイが揃っています。

4-2 Burberry Black Label(バーバリーブラックレーベル)

201606_necktie_brand_039

出展:store.shopping.yahoo.co.jp

バーバリーは英国を代表するファッションブランド。品質の高さは英国王室のお墨付きです。

そのバーバリーが日本で展開している20代・30代男性向けのラインがバーバリーブラックレーベル。

主張しすぎないのに一目で分かる、ブランドの代名詞であるバーバリーチェックのネクタイが人気です。

大人らしい落ち着いたトーンのデザインが多く、シーンを選ばずに活躍してくれるアイテムが揃います。

4-3 BOTTEGA VENETA(ボッテガ ヴェネタ)

201606_necktie_brand_040

出展:store.shopping.yahoo.co.jp

イントレチャートと呼ばれる革の編み込みデザインを得意とするイタリアのブランドです。

革製品がメインですが、ネクタイなども扱っています。

フォーマルなスーツスタイルに合わせやすいシンプルなネクタイが揃っていますが、どこか個性的な印象を与えてくれます。

どこか人とは違っていたい、でも確かなものをさりげなく身に纏いたい方にオススメです。

4-4 Celine(セリーヌ)

201606_necktie_brand_041

出展:store.shopping.yahoo.co.jp

バッグを中心とした女性向けのアイテムが多く揃うセリーヌはメンズアイテムも実は用意しています。

セリーヌのネクタイをヘビーローテンションしている男性は決して少なくありません。

飽きが来ない落ち着いたデザインがその人気の秘密。

シンプルで趣味がよく、どこか中性的な雰囲気を醸し出してくれるアイテムが揃います。

4-5 DUNHILL(ダンヒル)

201606_necktie_brand_042

出展:store.shopping.yahoo.co.jp

1880年、紳士の国イギリス・ロンドンに生まれた紳士による紳士のためのラグジャリーブランドです。

サッカー日本代表のオフィシャルスーツを提供したことでも話題になりましたね。

いつの時代もシーンを牽引しているブランドの一つ。

そんなダンヒルのネクタイはシンプルで男らしいデザインです。

4-6 Ermenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア)

201606_necktie_brand_043

出展:store.shopping.yahoo.co.jp

1910年創業のスブランド。

スーツの生地を作っているブランドでもあり、ネクタイの品質が高いのも特徴。

決して主張しすぎないデザインで、大人らしく、上質なアイテムが多く揃います。

4-7 FENDI(フェンディ)

201606_necktie_brand_044

出展:store.shopping.yahoo.co.jp

ローマの高級ブランド。常に革新的なアイデアを取り入れてきたブランドでもあります。

一見シンプルなネクタイですが細かくデザインされており、洗練されたアイテムが揃います。

違いが一目で分かる、大人のためのアイテムです。

4-8 GIVENCHY(ジバンシー)

201606_necktie_brand_045

出展:store.shopping.yahoo.co.jp

パリのブランドで、モードとストリートが融合したようなデザインを得意としています。

落ち着きのあるデザインは、どんなシーンでも大活躍すること間違いなし。

シンプルながらも他とは違うお洒落さが手に入る、何本持っていてもいいブランドです。

4-9 Gucci(グッチ)

201606_necktie_brand_046

出展:store.shopping.yahoo.co.jp

1921年に創業したイタリアの老舗ブランド。

定番のGG柄も人気ですが、その他シンプルなデザインなど様々な種類のものがあるので、ブランドをアピールしたい方も、さりげなくいいアイテムを選びたい方にもオススメです。

4-10 LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

201606_necktie_brand_047

出展:store.shopping.yahoo.co.jp

誰もが知る有名高級ブランド。

もちろんデザイン性、機能性、実用性は折紙付。

ブランドロゴが前面に出ているものが有名ですが、ネクタイはシンプルで飽きの来ないデザインのものも多く揃います。

4-11 E. MARINELLA(マリネッラ )

201606_necktie_brand_048

出展:store.shopping.yahoo.co.jp

ネクタイ界のトップとも称される1914年創業のイタリアブランド。

熟練職人がハンドメイドで仕立て上げたネクタイを展開しています。

歴代のイタリア大統領を初め、アメリカのバラク・オバマ大統領、フランスのサルコジ大統領も愛用しているほど。

確かなブランドです。

4-12 Paul Smith(ポールスミス)

201606_necktie_brand_049

出展:store.shopping.yahoo.co.jp

独特のストライプ柄が代名詞の英国ブランド。

20代、30代の男性の圧倒的な支持を集めています。

さりげない遊び心を取り入れたデザインが特徴です。

4-13 Ralph Lauren(ラルフローレン)

201606_necktie_brand_050

出展:store.shopping.yahoo.co.jp

実はネクタイ店からスタートしたラルフローレン。

アメリカントラッドなアイテムが多く揃うため、硬めのシーンには不向きかもしれません。

ビジネスカジュアルなど、少し砕けたシーンにオススメです。

4-14 PRADA(プラダ)

201606_necktie_brand_051
イタリア発祥のブランド。

女性に人気のあるアイテムが揃います。

ビジネスシーンでの実用性もあるだけでなく、シックでスタイリッシュなデザインのネクタイが多数展開されているのも嬉しいところ。

さりげなくいいものを身につけたい方にオススメです。

4-15 Tie Your Tie(タイ ユア タイ)

201606_necktie_brand_052

出展:store.shopping.yahoo.co.jp

ブランドのオーナーは、オーナーはイタリアきっての洒落者といわれるフランコ・ミヌッチ氏。

最高峰と言われるものだけを集めた、世界で最もラグジュアリーで高感度なセレクトショップであるタイユアタイは、別注品ばかりではなく。オリジナルのアイテムも多くラインナップしています。

中でも最も人気なのが、スカーフを原型としているセッテピエゲのネクタイです。

タイユアタイのネクタイの中で、セッテピエゲという芯地を使わずにシルクの生地を7つ折りにして作られるネクタイは、今世界中で注目されているアイテムでもあります。

極上のシルクを使用し、ハンドメイドの精巧な作りのネクタイを是非楽しんでみてください。

4-16 Yves Saint-Laurent(イヴ・サン=ローラン)

201606_necktie_brand_053

出展:store.shopping.yahoo.co.jp

フランスが世界に誇るモードのラグジュアリーブランド。

エレガントで洗練されたデザインのネクタイが、ワンランク上のスーツスタイルを演出してくれます。

決して前に出過ぎないデザインは、周りに一目置かれること間違いなしです。

4-17 Versace(ヴェルサーチ)

201606_necktie_brand_054

出展:store.shopping.yahoo.co.jp

イタリアのブランドらしく、明るめのデザインのネクタイが豊富に展開。

メデューサの刺繍が必ず入っているのが特徴です。

やや派手なデザインが多いので、遊び心が許されるシーンでは是非トライしてみて下さい。

まとめ

いかがでしたか?

持っていると周りと差をつけられること間違いなしのネクタイブランドをご紹介しました。

ネクタイを選ぶポイントとしては、

  • 主戦力はレギュラータイ
  • ネクタイの色をしっかり意識
  • ネクタイの柄をしっかり意識
  • ネクタイの素材をしっかり意識
  • ネクタイの結び方をしっかり意識

このポイントを押さえて、イケてるブランドのネクタイを楽しんでくださいね!

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す

*