オシャレなメンズにおすすめ!一目置かれるメガネブランド10選

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 6

自信の持てるメガネ、持っていますか?

良いメガネはかけるだけで男らしさも、大人っぽさも見せられるアイテム。

でも機能性だけで選んだメガネではなかなかかっこよさを引き出せないことも…。

せっかくならかっこいいメガネをかけたいと思いませんか?

今回はかけているだけで一目置かれるイケてるメガネブランドをご紹介します!

お気に入りのブランドを見つけてみて下さいね!

メガネを選ぶならこのブランド!おすすめの人気ブランド紹介

今回はセレクトショップやファッション感度の高い方に人気のブランドをセレクトしています。

3万〜5万円前後のアイテムが揃うブランドが中心です。

初めてかけるときは少し抵抗のあるアイテムが多いかもしれません。

メガネ屋さんに行ってきになるアイテムがあればぜひかけて見てください。

ご紹介するアイテムはどれも「かけて見たら思ったほどハズレておらず、むしろアリ」なアイテムばかりです!

1 Ray-Ban(レイバン)

201604_mens-glasses-brand_001

出典:http://www.sunglasshut.com/

世界で最も象徴的なアイウェアブランドであり、その分野の世界的リーダーともいえるブランド。

サングラスが特に有名ですが、メガネフレームも人気。

ハリウッドセレブ、モデル、芸能人やアーティスト、歴史的著名人など、世代、ジャンルを問わず広く多くの有名人に愛されてきたブランドでもあります。

1-1 WAYFARER(ウェイファーラー)

rx51212000main

出典:http://item.rakuten.co.jp/

1952年に誕生したウェイファーラーはレイバンを代表するモデル。

当時の反骨精神豊かなロックミュージシャンやアーティストが「自由と個性のアイコン」として身につけていたことで知られ、「ロックの象徴」「反体制の象徴」として多くの著名人に愛され、未だに愛されています。

特に音楽ファンや映画ファンなどを中心にひとまり、今ではファッショニスタに愛される伝説的なモデルに。

現在は当時と変わらないウェイファーラークラシックをベースに、折りたたみ式、アジアンフィット、ミラーグラスがリリースされるなどトレンドの動きに合わせながら、オリジナリティを忘れることなく進化を続けています。

ちなみにウェイファーラーは大きく7種類に分けられるんです。

  1. ウェイファーラークラシックモデル RB2140…すべてのウェイファーラーの原点になるモデル
  2. ウェイファーラーフルフィットモデル RB2140F 52mm
  3. ウェイファーラーフルフィットモデル RB2140F 54mm…通称ビッグウェイファーラー
  4. ニューウェイファーラー  RB2132F 52mmサイズ
  5. ニューウェイファーラー  RB2132F 55mmサイズ…通称ビッグウェイファーラー
  6. ウェイファーラーフォールディング RB4105 50mm
  7. ウェイファーラーフォールディング RB4105 54mm

この中でRB2132Fのように「F」がついているモデルは「フルフィットモデル」と呼ばれており、彫りの深くないアジア系人々の骨格にあわせてレンズの傾斜角を浅く、鼻あてを大きくしてフィット感を改善させたモデルです。

逆に型式にFが入らないモデルはインターナショナルモデルと言います。

基本的には彫りが深く、顔立ちがはっきりした欧米人に似合う形状です。

ちなみに旧モデルに用いられていた「A」というのはアジアンフィッティングの略。

こちらも「F」と同様の意味を持っていますが「F」に比べてインターナショナルフィッティングに近い形状になっています。

1-2 RX5228F

出典:http://www.seikoudo.com/

「ウェイファーラーはレンズが大きくてちょっと似合わない気がする…」

「レイバンは欲しいんだけど、もっとクセのないフレームがいいな…」

「フォーマルな場でも使えるレイバンが欲しい」

そんな方にはこのフレームがおすすめ!

ウェイファーラーは下の写真のように独特の角度がついています。

140621-2

出典:http://chbl80.me/

RX5228Fにはこの傾斜がなく、どんなシーンでもおしゃれに使える万能選手。

どんなシーンでも気兼ねなく使えるレイバンを探している方は是非手に取ってみてください。

2 Tom Ford(トムフォード)

201604_mens-glasses-brand_002

出典:procapitalist.ru

アメリカのラグジュアリーブランドであるトムフォード。

GUCCIを立て直し、映画監督や俳優も務めるTom Ford自身が自らの名前で立ち上げたブランドです。

そんなトムフォードのアイテムはクラシカルな質感のあるメガネが特徴的。

「世界でもっとも男性をセクシーに見せるブランド」とまで言われ、祭典やフォーマルイベントにおいてセレブ着用率が最も高いことからも確かな実力と魅力を感じます。

2-1 TF4240

54999818

出典:http://www.theparkstore.jp/

クラシカルなウェリントン型の4240は、芸能人も着用しているほどの人気ぶり。

トムフォード自身が指揮をとり、大絶賛された映画「シングルマン」で主人公のジョージ役を演じたコリン・ファースが掛けていたTF5178モデルの後継モデルでもあります。

トムフォードのメガネの特徴であるサイドのTマークは前から見えないために主張も少なく、シンプルで洗練されたモデルです。

細めのメガネをかけていた方は最初にかけると「少しインパクトが強いかな?」と思うかも知れませんが、慣れてくると他のメガネには戻れないほど静かな存在感を醸し出してくれます。

2-2 TF5013

70031264

出典:MASH GLASSES

中田英寿さんが愛用しているメガネでもあります。

トムフォードのアイテムでは少ない、細めのフレームワークが特徴です。

「トムフォードのメガネは欲しいけど、やっぱり細めのフレームがいい」

という方にオススメです!

3 OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)

201604_mens-glasses-brand_003

出典:www.davidclulow.com

1986年にハリウッドで誕生したブランド。

オリバーピープルズは「高級感」というイメージをブランディングの基礎に置いた戦略をとり、ニーマン・マーカス、バーグドーフ・グッドマン、バーニーズ・ニューヨーク、ヘンリー・ベンデル、マックスフィールドといった高級百貨店に厳選して販売しました。

洗練されたアメリカンヴィンテージを発信し続けた結果として20年以上アイウェアブランドとして人気を獲得し続け、ハリウッドセレブやミュージシャンなど、多くの著名人に愛用されています。

デザインやカラーバリエーションも豊富なので、自分にあったメガネを選ぶことができるのも嬉しい所。

3-1 505

OP_505

出典:Continuer

1987年創業時のファーストコレクションだったモデルを多くのリクエストに応えて再復刻したモデル。

丁寧に彫刻された金具に、質感を感じるアセテートのコンビネーションフレームを知的で都会的なボストンスタイルで。

計算し尽くされたデザインすべてが折り重なって1920年代のヴィンテージスタイルを演出しています。

おしゃれさ大爆発のモデルです。

3-2 SHELDRAKE(シェルドレイク)

20130206_2fc75d

出典:http://www.ponmeganeweb.com/product/3705

人気が絶えないボストンウェリントンタイプです。

天地幅が広く、角が少し丸みを帯びた逆台形のフレームは、アンティーク感バツグン。

アンディ・ウォーホールのアイコニックなスタイルにインスパイアされて生まれたデザインで、1960~70年代のデザインをそのまま体現したかのようなオーセンティックな雰囲気が人気の秘訣。

フレームだけ見るとかなりクラシカルな印象ですが、かけて見ると顔にスッと馴染んでしまうあたりはさすがです。

4 金子眼鏡

201604_mens-glasses-brand_004

出典:www.fukulow.info

金子眼鏡株式会社は 1958 年に眼鏡卸商として創業したブランド。

現在はオリジナルブランドを中心とした企画・デザイン・販売を手掛け、日本国内において眼鏡業界のトレンドリーダーとして確固たる地位を確立しています。

また、アパレル業界とのコラボレーションも積極的に推し進めており、国内を中心に有力なコレクションブランドや大手アパレルメーカーとのオリジナルブランドも手掛けているほどの確かな実力のブランドです。

セレクトアイテムも多く、特に職人シリーズは眼鏡好きなら是非手に取りたいものです。

4-1 井戸多美男作

t-462

出典:http://www.breeze-breeze.jp/

金子眼鏡の職人シリーズから。

近年殆ど使用されないサンプラチナ製の眼鏡造りを得意とする数少ない眼鏡職人。

非常に複雑で、数多くの行程を一人でこなす井戸多美男の職人技はメタル職人の中でも突出した存在であり、非常に完成度の高いアイテムです。

その職人技は伝統的な製法や、今や見聞きすらしない古の製法にまで到るほど。

繊細で上品な仕上がりは、奥ゆかしく凛とした佇まい。

レトロな雰囲気がお好きな方に是非手に取って欲しい一本です。

4-2 泰八郎謹製

exclusive-2-thumb-400x300-6675

出典:http://www.breeze-breeze.jp/

海外でも人気を誇る、山本泰八郎氏の手による手作りのセルロイド製眼鏡フレーム。

3年以上寝かせたセルロイドは変形せず、曲がりにも強いため、テンプルに金属芯を使用しない「ノー芯」という伝統的な製法を用いて作られます。

最近は新素材や金属素材に押されてセルロイドのメガネが絶滅寸前とまで言われていますが、セルロイドならではの温もりと柔らか味のある感触を好む人たちの間では、今なお熱烈な支持を得ています。

レトロな雰囲気を好む若いファッションフリークからも見直されてきている素材です。

一度手に取ると違いが分かる一本です。

5 白山眼鏡

201604_mens-glasses-brand_005

出典:kinarino.jp

1883年に誕生した老舗メガネブランド、白山眼鏡店。ジョンレノンをはじめとして多くの著名人に愛用されています。

ジャパンメイドにこだわったオリジナルフレームは、シンプルで上品なデザインが魅力的。

1975年に初のオリジナルフレームのモデル「HANK」を発表して以来、「デザインしすぎないこと」をコンセプトに、自然と人に馴染むフレーム作りで、純国産にこだわったメガネを発表し続けています。

ラインナップも豊富ですが、何と言っても「ジョン・レノン」の愛用で知られるモデル「メイフェア」が有名。

過度な装飾はせず、シンプルで美しいシルエットのメガネはまさに「本物」の風格です。

5-1 HANK(ハンク)

at0101-1400x933

出典:http://hakusan-megane.co.jp/

1975年に製作した白山オリジナルフレームのファーストモデル。

金属部分はすべてゴールドカラーを使用しています。

絶妙なボリューム感、サイズ感で、雰囲気抜群の一本。

サイドの飾り鋲、ヒンジパーツも印象的。

5-2 MAYFAIR(メイフェア)

history_05

出典:http://hakusan-megane.co.jp/

ジョンレノンもかけていた一本。

1979年ジョンが日本に来日したとき一目ぼれしたのが白山氏が作ったフレームであるMAYFAIR。

優しい印象のフレームです。

6 CLAYTON FRANKLIN(クレイトンフランクリン)

201604_mens-glasses-brand_006

出典:http://www.eyewearmebius.com/

「古いものが時代を経て新しいモノとして生まれ変わる」をデザインコンセプトにした日本のブランド。

クラシックなデザインをベースにしながらも最先端の技術を取り入れた、全く新しいテイストのメガネを提案しており、 各所に見られるメタルパーツ、ディテールにまでこだわった繊細なデザインなどに、クラフトマンシップが感じられます。

アメリカやヨーロッパでの展開を主に考えてデザイン、製作される日本においては珍しいアイウェアブランドで、アメリカやヨーロッパを中心に世界中に多くファンを持っているブランドです。

6-1 559 AS

70726f647563742f32303134303432365f3665656533652e6a7067003630300000660066

出典:http://www.ponmeganeweb.com/

細かい部分にこだわりが見え隠れする一本。

薄くシート状にしたセル生地をフレームに巻きつける手法「巻セル」は、繊細な手仕事が要求される為、マシンメイドが主流の現代では貴重な手法です。

デザインを追及する上で必要である高度な技術を兼ね備えている数少ないブランドらしいアイテムです。

細かい調金柄も精度が高く楽しめます。

6-2 590 BR

出典:http://www.ponmeganeweb.com/

削ぎ落としたデザインの中にもクオリティーの高さを感じる大人のナイロールブローフレーム。

ビジネスライクで品の良さを感じるデザインです。

クレイトンフランクリンのサーモントブローはセルやメタルを極限まで細く仕上げたスタイルで、シンプルながらもこだわりが感じられます。

静かな佇まいですが、かけると存在感を増すモデルです。

7 Oliver Goldsmith(オリバーゴールドスミス)

201604_mens-glasses-brand_007

出典:http://www.ponmeganeweb.com/

1926年創業のイギリスを代表する老舗ブランドです。

50年代にラディカルなデザインと色使いで一大ムーブメントを巻き起こし、ヨーロッパにおけるアイウェアの代名詞とまで言われるようになります。

当時の顧客名簿には多くの著名人が名を連ねています。

90年代のブランド休止期間を経て、2005年、センセーショナルに復活し、そのコレクションは、過去に多くの著名人をも魅了した50年代から70年代のモデルを中心に復刻しています。

今なお色あせることの無いデザインと機能性で多くのファッション愛好家を虜にしているブランドです。

7-1 VICE CONSUL-S(バイス コンスル エス)

vice-consul-dt

出典:http://blinc-aoyama.com/

ピンクパンサーでお馴染みの「ピーターセラーズ」が使用していたモデル。

8ミリという厚みのある生地を使いながらもそのデザインは極めて顔馴染みの良い仕上がりは、シャープにエッヂを利かせる為の直線と、優しい目元を映し出す曲線の調和のとれたバランスが絶妙だからこそ。

10金を使用した3点の飾りカシメ鋲をはじめ、クラフト感あふれるブランドの刻印や芯金に至るまで全てをゴールドに統一し高級感のあるディテールに纏めています。

7-2 LIBRARY

出典:http://blinc-aoyama.com/

これまで復刻されてきたモデルは2代目と現在の3代目がデザインしたものばかりでしたが、こちらの「LIBRARY」は「初代ゴールドスミス」のデザインを復刻したものです。

天然素材の鼈甲によるフレームを扱っていた初代らしい繊細なデザインが光ります。

ラウンド型に若干ティアドロップのシェイプが入っており、実はなかなかないデザイン。

独特な雰囲気が出るラウンド型は伊達メガネでも人気のモデルです。

8 Bobby Sings Standard(ボビーシングススタンダード)

201604_mens-glasses-brand_008

出典:http://www.continuer.jp/

インハウスデザイナーとして数々のファッションブランドのフレームデザインを担当していた森山秀人氏が2009年末に立ち上げたサングラスブランドです。

Bobby Sings Standard,=「ボビー、スタンダードを歌う」当時の洋楽レコードの邦題にはよくこんな言い回しが使われていました。その単純なセンテンスの中にあの頃のmoodが濃密に凝縮されていると感じたことから、これをそのままブランド名としています。

学生時代にファッションデザインを専攻していた森山氏がシンパシーを感じるという1970年代前後のアイウェアは「ヴィンテージフレーム」と呼ばれ、昨今のフレームデザインを語る上で欠かせないキーワードとなっています。

そんな時代のプロダクトにインスパイアされて生まれたコレクションは、かつての時代が持つノスタルジーな要素と「今」という時代の感性があいまった、ヴィンテージテイスト溢れるハイエンドなアイウェアとして提案されています。

シンプルなデザインと大胆なシェイプが印象的ですが、熟練の職人の手によって生まれる上質な質感や絶妙なカッティング、オリジナル蝶番などのディテールに至るまでのこだわりがクオリティーの高さを生み出し、ファッション感覚に優れたデザインを支えています。

8-1 BRX 04

20151217_49bf85-300x180

出典:http://www.ponmeganeweb.com/

フロントフレームとメタルテンプルを組み合わせた70年代のヨーロッパヴィンテージの風合いと独特なオリジナリティが加わったメガネ。

クラシカルなデザインはもちろんのこと各国のメガネフレームに精通しているデザイナーならではのディテールへのこだわりなどが魅力のアイテムです。

上級者向けの佇まいですが、正面から見るとかなりベーシック。

少しひねったベーシックスタイルを楽しみたい方に。

8-2 BRX 07

img_2712-4

出典:http://bond-3.com/

ヨーロッパのヴィンテージフレームをデザインソースとして生まれた特徴的な一本。

フォックス特有のエッジの効いたシェイプをもつアモールタイプのコンビネーションフレームが魅力的。

大きく落ち込んだブリッジと、両端が持ち上がるようにデザインされたフロントエンドの対比が独特の掛けごたえを生み出しています。

ブローバーから釣り下がるように見えるヴィンテージのアモールと比べ、よりメタルとアセテートが濃く組み合わさった印象に仕上がっています。

通常のデザインでは物足りない方へ、色香のあるプロダクトです。

9 GLCO(ジーエルシーオー)

201604_mens-glasses-brand_009

出典:http://www.ponmeganeweb.com/

2011年、オリバー・ピープル社の創設者、そしてデザイナーだったラーリー・レイト氏の息子であるギャレット・ レイト。

父の下でキャリアを積み、その精神を受け継ぐ未来のビジョンのもと、“GLCO(ギャレット・レイト・カリフォルニア・オプティカル)”を世界に向けて発表しました。

ギャレットのコレクションは自身が持つ幅広い交友関係から友人のアーティスト、ミュージシャン、デザイナーからも影響を受けつつ、ホームタウンであるベニスのコミュニティーとそのライフスタイルからも重要なインスピレーション受取った、アメリカ・カリフォルニアの自由な精神がデザインにもこもったアイウェアブランドです。

またスタイリッシュで高度なクラフトマンシップと独自のデザインをした美しいアイウェアを創るという信念の元、現代的デザインのブランドを築き上げようとしています。

9-1 Wilson(ウィルソン)

web-pc-glco-wilson_02

出典:http://www.ponmeganeweb.com/

掛ける方、服装によって雰囲気が変えるちょっと不思議なフレーム。

レトロな雰囲気のアイテムですが、どんな服装にもスッとマッチしてくれます。

なかなか見かけることの少ないフレームなので、発見した際には是非チェックしたいですね。

9-2 HAMPTON(ハンプトン)

p1610316

出典:http://www.ponmeganeweb.com/

同ブランド不動の定番アイテム。

クラシカルな表情ですが、フレームは細め。

独特の存在感があるモデルです。

10 ayame

201604_mens-glasses-brand_010

出典:http://seisido.com/

2009年に東京で誕生したアイウェアブランド。

若手デザイナー今泉悠氏のアイデンティティーと日本の技術が誇るクオリティーの高さが融合したプロダクトです。

ブランドのテーマを「温故知新」と掲げ、永く愛される上質な眼鏡・サングラスの創造、常に色褪せることなくあり続ける形を追求しています。

ブランドネームの「ayame」には、高貴で神秘的な色を持つ花-菖蒲に、眼鏡は視力矯正器具という道具という存在だけではなく、人の目を彩るアイテムと考えた”彩目”を関連させ、かける人々に華を添える眼鏡を創造したい、という思いが込められています。

ファッション感度の高い層からも厚い支持を受ける実力派のブランドです。

10-1 GENERAL

static1-squarespace-1

出典:http://www.ayame-id.jp/

アヤメの王道ライン。

一般的なモデルではありますが、アヤメらしい一捻りくわえたオリジナリティー溢れるデザイン。

シンプルで上品なフレームなので、迷ったらこのラインがおすすめです。

10-2 NEWOLD(ニューオールド)

024_032_1-2

出典:http://continuer.jp/

ボストンとウェリントンの中間のような、不動の定番モデル。

なめらかな曲線と、細すぎないフレームは高相性で、レンズの横幅49mmというサイズ感は眼鏡としてはもちろん、カラーレンズをいれてサングラスとしてもお勧めのデザインです。

クセがあるように見えて、かけてみると案外しっくりくる一本です。

まとめ

オススメのブランドをご紹介してきました。

これらのブランドのメガネをかけていれば、周りから一目置かれること間違い無し!

是非お気に入りのブランドを見つけてメガネを楽しんで下さいね♫

SNSもチェック!