男の“大人かっこいい”を演出するダッフルコートの着こなし方

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
2015-12-mens-dufflecoat-coordinate-000

数あるアウターの中でも女子ウケがいいダッフルコート。

どうしてウケがいいのか?実際に渋谷で働く20代女子の方々に聞いてみました。

 

ダッフルコートを着ている人は親しみやすい気がします! 可愛い系も格好良い系も出来るのでダッフルコート良いと思います♪

ダッフルコートはどっちかというとかわいらしくなりますよね!私はかわいい系はちょっと・・・。なのでダッフルコートでも男らしくキメてほしいです★

men’s FUDGEみたいな、オシャレかわいらしい男の子コーデがいいです!

カジュアルなファッションしてほしい~! 個人的にアメカジ好きなのでデニムシャツを着てほしいです!!

ダッフルコート自体がカワイイイメージなので、とことんカジュアルに着るか、 大人っぽいコーディネートをダークトーンのダッフルで作っているとオシャレなんだなぁって思います♪

 

こうしてみると女子ウケはいいのですが、やはりダッフルコートでも男らしく着こなしてほしいという意見が多数みられました。

ダッフルコートは子供っぽい印象になりがちでダサいという人もいると思います。

しかしご安心ください。子供っぽい印象は合わせるアイテムや色合いによって変えることができます。

この記事を読んだ後ダッフルコートに対する印象がガラリと変わりますよ。

大人っぽいダッフルコートの着こなし方を是非活用してください。

1 カラーで印象を決めるダッフルコートの着こなし6選

ダッフルコートは数あるコートの中でも色の種類や丈感が豊富で色やシルエット次第で印象もガラリと変わります。

正統派キレイ系も、カジュアル系も、ナチュラル系もすべて色の印象操作で変わっていきます。

ではどんな色を選ぶとどんな印象になるのか?さっそく色別で見ていきましょう。

 

1-1 爽やかに正統派のネイビー

2015-12-mens-dufflecoat-coordinate-001

出典:http://kurumani.com

ネイビーは清潔で爽やかさと品のある印象を持たせることができます。

キレイめカジュアル系のコーディネートをするのならネイビーがオススメ。

ネイビーのダッフルコートに合うカラーはホワイト、ブルー、ネイビー

ボトムスにホワイトを入れると大人っぽいきれいめカジュアルが完成します。

 

1-2 上質な大人の雰囲気を出すグレー

2015-12-mens-dufflecoat-coordinate-002

出典:http://wear.jp

上品で落ち着いた印象のグレーは大人っぽいコーディネートをするのに最適。

グレーのダッフルコートに合うカラーはグレー、ブラック、ネイビー、ホワイト

合わせるならモノトーン系または寒色系の色がオススメ。

 

1-3 シャープに魅せるブラック

2015-12-mens-dufflecoat-coordinate-003

出典:http://zozo.jp

定番のブラックのダッフルコートは大人の魅力を最大限に出してくれます。

スタイリッシュなモノトーンコーディネートがオススメ。

ブラックのダッフルコートに合うカラーはホワイト、グレー、キャメル、ネイビー

白やキャメルなど明るい色のものをインナーかボトムスに取り入れると黒の重さがなくなりますよ。

 

1-4 カジュアルに甘くするならキャメル

2015-12-mens-dufflecoat-coordinate-004

出典:http://wear.jp/tkstaff008/coordinate/3109026/

柔らかく優しい印象のキャメルは甘めのカジュアル系がオススメ。

また、キャメルはどんなコーディネートにも似合う万能カラーです。

キャメルのダッフルコートに合うカラーはホワイト、ブラック、ブルー、ネイビー

インナーにホワイトかブルーを取り入れて、ボトムスはダークトーン系で全体の色を締めると綺麗なAラインができすっきりとした印象になります。

 

1-5 周りと差をつける個性派グリーン

2015-12-mens-dufflecoat-coordinate-005

出典:http://kurumani.com/?p=2098

普通とは違う、人と被るのが嫌!という方はグリーンのダッフルコートで周りと差をつけ一味違う着こなしを。

今年の流行色でもあるカーキ色に近いグリーンがオススメです。

グリーンのダッフルコートに合うカラーはホワイト、ベージュ、レッド、ブルー

明るめのインナーを使い、ボトムスはベージュのチノパンがベストコーディネートです。

 

1-6 存在感を際立たせるボルドー

2015-12-mens-dufflecoat-coordinate-006

出展:http://kurumani.com/?p=3284

自分の存在を際立たせたいのなら存在感の強いボルドーのダッフルコート。

冬の時期は多くの人がモノトーン化していくなか深いボルドーの色は冬っぽさもあるのに存在感があってあなたの印象をよりハッキリと残してくれます。

ボルドーのダッフルコートに合うカラーはブラック、ブルー、グリーン、ネイビー

インナーはボルドーと同じトーンのグリーンやブルーがオススメ。

ボルドーの色を崩さないためにも出来るだけボトムスは落ち着いたダークトーン系を合わせましょう。

 

2 大人っぽさを出すためには“丈”と“デザイン”が重要

丈感によって印象が変わってくるダッフルコート。

カジュアルに魅せたいならショート丈、上品に魅せたいのならロング丈がオススメです。

またデザインによっても印象が変わってきます。

それではそれぞれの丈やデザインごとの印象を見ていきましょう。

 

2-1 ショート丈で爽やかに魅せる

 

2015-12-mens-dufflecoat-coordinate-007

出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=3275018

ダッフルコートはどうしても重たい印象になりがちですがコンパクトなサイズのショートダッフルにすることによってその印象が消えます。

丈が短いことにより、脚長効果もありますよ。

カジュアルなコーディネートにするならショートダッフルがオススメです。

 

2-2 ロング丈のシンプルさが大人の魅力を引き立てる

2015-12-mens-dufflecoat-coordinate-016

出典:httpkurumani.comp=7039

今年はどのコートもロングが流行となっています。

しかし長すぎるとまるでビジネスカジュアルのような印象となってしまいますので丈は長くても膝上まで。

また、ロングコートは重たい印象ですがボトムスにホワイトやブルーなどの

ハイトーンなものやカジュアルなデニムを取り入れることによって重たい印象がなくなります。

大人っぽく上品に魅せるならロングダッフルがオススメです。

 

2-3 センスが光るデザインが子供っぽさをなくす

  •  ニットデザイン

2015-12-mens-dufflecoat-coordinate-009

出典:http://elleshop.jp/web/commodity

普通のコートに飽きたという方にお勧めなのがニットダッフル。

今年はニットが流行っているのでダッフルコートにもニットを取り入れて大人っぽさとトレンドを意識したコーディネートを。

 

  • チェック柄デザイン

2015-12-mens-dufflecoat-coordinate-010

出典:http://www.magaseek.com/

定番ものや無地に飽きたならばチェック柄などで新しいものに挑戦してみるのがオススメ。

タータンチェックなどは子供っぽくなりがちなので、ウィンドペンや千鳥格子など子供っぽくないチェック柄をチョイスしましょう!

 

3 定番が“鉄板”カッコよく見せるインナー選び

コートを選んで終わりが冬のコーディネートではありません。

せっかくアウターにこだわるのならインナーもこだわったものを選びましょう。

コートを引き立てるインナーを合わせて冬のコーディネートをさらに楽しんでください。

 

3-1 ニット

2015-12-mens-dufflecoat-coordinate-011

出典:http://kurumani.com/?p=8815

やっぱりダッフルならインナーはニットが鉄板!!

さらにレイヤードスタイルにすると、グッとトレンドを意識したコーディネートが出来上がります

 

3-2 シャツ

2015-12-mens-dufflecoat-coordinate-012

出典:http://shop.menz-style.com/item/detail?item_code=104-PV1422-25KT&color_code=CHA

きれいめコーディネートなら、やはりシャツは外せません。

白シャツもしくはブルーのシャツだと、どんなダッフルコートでも組み合わせが可能です。

爽やかに魅せるならブルー、甘く魅せるなら白、カジュアルに魅せるならネルシャツがオススメ。

 

4 小物で大人っぽさを引き立たせる

帽子にマフラー、手袋、ブーツなど、冬は夏に比べて使える小物が増えます。

今年流行のモノトーンに差し色を入れるコーディネートも小物を差し色として扱うとコーディネートの幅が広がり、更にオシャレが楽しくなります。

ではどんな小物を扱うといいのか一気に見ていきましょう。

 

4-1 ニット帽でアクセントをつける

2015-12-mens-dufflecoat-coordinate-013

出典:http://kurumani.com/?p=6339

ニット帽をアクセントにしたコーディネート。

全体的にグレーのダークトーン系のコーディネートですがニット帽を赤にすることで一気にカジュアルな印象に。

 

4-2 マフラーでオシャレに魅せる

2015-12-mens-dufflecoat-coordinate-014

出典:http://ameblo.jp/baraque2006

ニット同様差し色として扱えるマフラー。

素材や巻き方などで見え方が異なってきますので、自分に似合う素材や巻き方を探すのも楽しみの一つですね。

 

4-3 ブーツで大人カジュアルに

2015-12-mens-dufflecoat-coordinate-015

出典:http://kurumani.com/?p=2433

スニーカーなどもいいですが、マウンテンブーツやエンジニアブーツなどと合わせることで大人っぽさもカジュアルさも簡単に出すことができます。

冬は暖かさも取り入れつつオシャレを楽しみましょう。

 

5 まとめ

冬の定番ダッフルコートのコーディネートをお届けしてまいりましたがいかがでしたでしょうか?

今までとは違う、子供っぽい印象にならない新しいダッフルコートの着こなし方を掴んで

さらに冬ファッションを楽しんでください。

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す

*