メンズカーディガン着こなしポイントとおすすめコーデ18選

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
2016-2-mens-cardigan-coordinate-000

季節問わずオールシーズン活躍してくれるカーディガン。

ラクに使えてコーデを上品に見せてくれるマストアイテムですよね!

カジュアルにもフォーマルにも使えるカーディガンは場面を選ばず着用でき、女子ウケもバッチリなアイテムなんです!

そんなさっと羽織れるカーディガンですが、カラーやデザインも様々。

そこで今回は羽織るだけで簡単にオシャレになれちゃうカーディガンの上手な着こなしのポイントをご紹介していきますよ♪

1 メンズカーディガン着こなしの2ポイント

カーディガンの着こなしで押さえておきたいポイントは

  • デザイン
  • カラー

まずはこの2つ!

しっかり押さえておきましょう♪

1-1 カーディガンのデザインを知ろう

カーディガンを上手に着こなす1つめのポイントはデザイン。

カーディガンのデザインによって結構印象が変化するんです。

なりたいイメージに合わせてカーディガンをチョイスできるように、代表的な種類をご紹介していきます!

【Vネックカーディガン】

2016-2-mens-cardigan-coordinate-002

出典:http://e.right-on.co.jp/Outlet/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0&pid=0000152000413&vid=000015200041300950203&cat=&swrd=

カーディガンといえばこのデザイン!というほどメジャーな形ですよね。

アウターにもインナーにも使えますし、フォーマルな服装の際にも使用できる万能アイテムです。

出典:http://wear.jp/

カットソーの上にサラッと羽織るような使い方がオススメ。

ややタイト目なサイズ感になるようにしてみて下さい。

【ショールカラーカーディガン】

2016-2-mens-cardigan-coordinate-003

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/ikest/1149-9748-443.html

Vネックに続き多くみられるデザインがショールカラーカーディガンです。

襟元にボリュームがあるのが特徴で、カットソーに羽織るだけで男らしい印象になります。

出典:http://wear.jp/

男らしい印象のショールカラーカーディガン。

コーデにちょっとアクセントが欲しい時など、大活躍してくれます!

【ロングカーディガン】

2016-2-mens-cardigan-coordinate-004

出典:https://sumally.com/

実はさり気なく取り入れるメンズが増えてきているロングカーディガン。

女性用のイメージが強いロング丈のカーディガンですが、お尻くらいの長さのものなら男性でも違和感なくオシャレに着こなすことができます。

カーディガンの存在感が目立つデザインです。

出典:http://wear.jp/

一際存在感のあるロングカーディガン。

薄手のチェスターコートを羽織るような感覚で楽しんでみて下さい。

【ラップカーディガン】

2016-2-mens-cardigan-coordinate-005

出典:http://www.amazon.co.jp/

軽く羽織ることのできるラップカーディガンは春夏におすすめのデザインです。

ラフなスタイルにしっくりハマりますよ!


出典:http://wear.jp/

「普通のカーディガンっぽい感じだけど、人とは違っていたい」

そんな方にオススメのラップカーディガン。

軽い着用感と、中性的な雰囲気が魅力的です。

【ジップカーディガン】

2016-2-mens-cardigan-coordinate-006

出典:http://flagshop.jp/fs/shop/g/gR01YJ50102FS/

カーディガンというよりアウターの印象が強いジップデザインですが、

カーディガンならアウターにもインナーにも使いやすい生地の厚さなので合わせやすいですよ。

羽織るだけでシンプルな服装でもオシャレな印象を出すことができます。

出典:http://wear.jp/

ニットアウターとしての雰囲気が強いジップカーディガン。

カジュアルなアイテムと合わせる事でこなれた印象に。

1-2 カラーの使い方

2つめのポイントはカラーです。

カーディガンにはさまざまなカラーや柄のものがあります。

コーディネートのアクセントに使用することもできますし、合わせやすく使いやすいダークトーンのカーディガンを着まわすこともできます。

自分のなりたいスタイルに合ったカーディガンを選び上手くコーディネートに取り入れましょう。

その際に大事になってくるのがカラー使いです。

次の章具体的なカラー使いをご紹介していきます!

2 カラー別おすすめコーディネート18選

2-1 ブラック

【Vネックカーディガン×カットソー×デニム×スニーカー】

2016-2-mens-cardigan-coordinate-026

出典:http://wear.jp/loungelizardtokyo/4257458/

カジュアルなコーディネートです。

ブラックカーディガンを合わせることで落ち着いた雰囲気も出て全体が上手くまとまります。

デニムを明るい色味にすることで夏でも重くならないようにブラックカーディガンを着こなすことができますよ。

アクティブなデートにもおすすめのコーディネートです。

【ショールカラーカーディガン×シャツ×デニム×スニーカー】

2016-2-mens-cardigan-coordinate-008

出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=6080678

カーディガン以外のコーディネートはフォーマルですが、

ショールカラーのカーディガンを合わせることでカジュアルダウンさせた着こなしになります。

シューズにスニーカーを合わせているのもポイントです。

全体的にシンプルですがカーディガンに柄が入っているのでアクセントになります。

2-2グレー

【ショールカラーカーディガン×カットソー×デニム×ブーツ】

2016-2-mens-cardigan-coordinate-009

出典:http://shop.menz-style.com/item/detail?item_code=39-31-H078&color_code=GRY

明るいグレーにホワイトのカットソーを合わせた爽やかなコーディネートになります。

ショールカラーカーディガンを合わせることで男らしさもでるので女子ウケもバッチリの着こなしですよ。

【ショールカラーカーディガン×カットソー×ストレートパンツ×ローファー】

出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=6106574

ざっくりとしたショールカラーカーディガンにカットソーを合わせたラフなスタイルになります。

パンツとシューズでフォーマル感をプラスするとショールカラーデザインの男らしさがアクセントになり

大人っぽいワイルドなコーディネートになります。

2-3 チャコール

【Vネックカーディガン×シャツ×ブラックパンツ×スニーカー】

2016-2-mens-cardigan-coordinate-011

出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=4870858

チャコールグレーのカーディガンを合わせることで重すぎず落ち着いたコーディネートを作ることができます。

インナーを無地でなくチェックシャツにすることでアクセントになりますよ。

【Vネックカーディガン×タートルネックニット×スラックス×スニーカー】

2016-2-mens-cardigan-coordinate-012

出典:http://wear.jp/817249/5587087/

ニットとカーディガンの色味をグレーで合わせたコーディネートになります。

カーディガンをチャコールグレーにすることでインナーと少し色味の差が生まれるのでオシャレな着こなしになります。

2-4 ホワイト

【ショールカラーカーディガン×シャツ×ブラックパンツ×ブーツ】

2016-2-mens-cardigan-coordinate-013

出典:http://shop.menz-style.com/item/detail?item_code=39-50-H526&color_code=BLK

厚手のニットカーディガンを使用したコーディネートになります。

ホワイトカラーで優しい印象が生まれますよ。

パンツをブラックにすることでメリハリが出て大人っぽい着こなしになります。

【Vネックカーディガン×カットソー×デニム×スニーカー】

2016-2-mens-cardigan-coordinate-014

出典:http://zozo.jp/shop/hystericglamour/goods/10036495/?did=24389876&rid=106174664

デニム以外をホワイトでまとめたコーディネートになります。

ホワイトに合わせデニムは明るいブルーにすることで全体に統一感が生まれますよ。

ホワイトはカジュアルな着こなしにもおすすめです。

2-5 ネイビー

【ロングカーディガン×カットソー×ホワイトパンツ×スニーカー】

2016-2-mens-cardigan-coordinate-015

出典:http://sputnicks.jp/fs/sputnicks/cardigan/buy151343

印象の強いロングカーディガンをネイビーにすることで

大人のラフさが生まれ余裕のある男性を演出することができます。

インナー、パンツ、シューズは明るいトーンのものを選び、カーディガンで引き締めることで上品なコーディネートになります。

【ジップカーディガン×カットソー×デニム×スニーカー】

2016-2-mens-cardigan-coordinate-016

出典:http://style-cruise.jp/js-relume/item/cutsew/15070464750030.html

ボーダーのネイビーとカーディガンの色味を合わせたコーディネートになります。

ネイビーのジップカーディガンを合わせることでデザインが出すぎず上手くまとまります。

カジュアルなコーディネートの中にこだわりを感じる着こなしです。

2-6 ベージュ

【Vネックカーディガン×カットソー×スウェットパンツ×ローファー】

2016-2-mens-cardigan-coordinate-017

出典:http://www.selectsquare.com/nanouniverse/g1197528/

 ボーダー柄のカーディガンを使用したコーディネートになります。

インナー、パンツ、シューズはダークトーンでまとめられているのでカーディガンのベージュが程よい柔らかさをプラスしています。

ベージュ1色のカーディガンよりボーダーのホワイトが入っているので全体のまとまりを良くしてくれているのもポイントです。

【Vネックカーディガン×シャツ×グレーパンツ×スニーカー】

2016-2-mens-cardigan-coordinate-018

出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=5202733

シャツのチェックとカーディガンのベージュのカラーを合わせることでまとまりがよくなります。

カーディガンの素材も柔らかさが強調されアクセントになっています。

トップスが明るいのでパンツはダークトーンで抑えるのも統一感を出すポイントです。

2-7 ワイン

【Vネックカーディガン×シャツ×チノパン×ブーツ】

2016-2-mens-cardigan-coordinate-019

出典:http://shop.menz-style.com/item/detail?item_code=07-280260&color_code=WIN

アクセントカラーになるワインのカーディガンを使用したコーディネートになります。

深いレッドなので上品な印象になりますよ。

カーディガン以外は明るいトーンのアイテムでそろえることで、よりカーディガンが映えます。

インナーをシャツにすることでセクシーさもプラスされますよ。

【Vネックカーディガン×シャツ×デニム×スニーカー】

2016-2-mens-cardigan-coordinate-020

出典:http://wear.jp/session22/1718647/

デニムとスニーカーを合わせることでシャツとワインカラーの大人っぽさを上手くカジュアルダウンさせたコーディネートになります。

それぞれのアイテムはシンプルですがワインカラーのカーディガンがアクセントになった大人のカジュアルスタイルです。

2-8 グリーン

【ショールカラーカーディガン×シャツ×ブラックパンツ×ブーツ】

2016-2-mens-cardigan-coordinate-021

出典:http://zozo.jp/coordinate/?cdid=5215269

落ち着いた色味のグリーンなので大人っぽさの感じられるコーディネートになります。

ショールカラーのカーディガンを合わせることでこなれた印象の着こなしになりますよ。

【Uネックカーディガン×シャツ×デニム×ドレスシューズ】

2016-2-mens-cardigan-coordinate-022

出典:http://wear.jp/rnewboldstaff01/5416890/

シャツとデニムはブルーで統一し、落ち着いたドレスシューズを合わせることで大人カジュアルな着こなしになります。

そこにUネックのカーディガンを合わせることで柔らかさや優しい印象が出ますよ。

グリーンも深い色なのでアクセントとしても使いやすいアイテムです。

2-9 ブルー

【Vネックカーディガン×カットソー×スウェットパンツ×スニーカー】

2016-2-mens-cardigan-coordinate-023

出典:http://www.magaseek.com/product/detail/id_001652958-mc_039-ms_044?cid=mgsaflinkshare

カーディガン以外をホワイトとブラックにすることでカーディガンのブルーがコーディネートのアクセントになります。

スポーティーですが落ち着いた印象も持てるコーディネートです。

ブルーを使用する際はパンツをブラックにするときれいにまとまるのでおすすめです。

【Vネックカーディガン×シャツ×スラックス×モカシン】

2016-2-mens-cardigan-coordinate-024

出典:http://wear.jp/edifice07/42771/

落ち着いた印象ですがカラーでアクセントを入れたオシャレコーディネートです。

インナーのシャツのチェック柄の中にブルー系の色が入っているので

カーディガンのブルーと上手くまとまります。

パンツとモカシンで落ち着いた印象になります。

4 オススメのカーディガンブランド&ショップ10選

ここからはカーディガンをゲットするのにオススメのショップやブランドをご紹介していきます!

是非参考にしてみて下さいね♪

4-1 nano・universe(ナノユニバース)

出典:http://zozo.jp/

キレイめなアイテム提案を得意とするナノユニバース。

シンプルで嫌みのないカーディガンが見つかります。

もちろん質にもこだわっているため着心地は抜群です。

3-2 URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)

出典:http://zozo.jp/

洗練されたファッション提案を得意とするショップ。

シンプルながらも違いが分かるアイテムが楽しめます。

素材にもこだわっており、麻を使ったアイテムもオススメです!

3-3 BAYFLOW(ベイフロウ)

¥

出典:http://zozo.jp/

サーフ系の提案と得意とするブランド。

モコモコの素材感がクセになります。

羽織るだけでコーデを格上げしてくれる事間違いなしです。

3-4 RRL(ダブルアールエル)

出典:http://zozo.jp/

ラルフローレンのラインの一つであるダブルアールエル。

圧倒的なこだわりと完成度が世界中のファッションフリークを虜にしています。

羽織るだけで格が上がるようなアイテムが光ります。

3-5 INVERALLAN(インバーアラン)

出典:http://zozo.jp/

スコットランドのニットメーカーで「ハンドメイドニットの最高峰」と言われるブランド。

1人のニッターが少なくとも25,000ステッチからなる1枚のニットを約90時間かけて編み上げるという驚異的なこだわり。

工場には約3000人のニッターが登録されており、糸の調達から最終の出荷まで、納期までは通常6か月かかるハンドメイドならではの仕上がりが楽しめます。

タグにはニッタ―のサインが記載されているのもポイント。

3-6 JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)

出典:http://zozo.jp/

1784年にイギリスで誕生したブランド。

完璧できれいなつなぎ目に仕上げるために、ボディと袖は手作業でひと針ひと針つなぎ合わされています。

いまやファインゲージニットウエアをリードするブランドとして世界中にその名が知られています。

一度着たら手放せない着用感です。

3-7 SAVE KHAKI UNITED

出典:http://zozo.jp/

ニューヨーク生まれのブランド。

「デニムばかりがもてはやされている中でカーキ(チノパン)を救いたかった…」というストレートなコンセプトがブランド名の由来となっており、ミリタリーとワークをベースにシンプルで都会的な洗練されたウェアが楽しめます。

どこか無骨で暖かみのあるアイテムが魅力的なブランドです。

3-8 v::room(ヴィルーム)

出典:http://zozo.jp/

日本のカットソーブランド。

奇をてらわないベーシックかつシンプルなデザインが特徴的ですが、素材や縫製、着心地に徹底的にこだわっている事で知られます。

一度袖を通せば違いがわかるブランドです。

3-9 EDIFICE(エディフィス)

出典:http://zozo.jp/

上質なカジュアルウェアを楽しめるブランド。

ワンランク上の大人のファッションが見つかるショップです。

3-10 ADAM ET ROPE’(アダムエロぺ)

出典:http://zozo.jp/

リラックスした雰囲気のロングカーディガン。

少しクセのある、洗練されたアイテムをセレクトするショップならではの感性が楽しめます。

 

まとめ

カーディガンの着こなしポイントとおすすめのコーディネートをご紹介しました。

カーディガンを上手に着こなすポイントは

  • デザイン
  • カラー

この2つでしたね。

ご紹介したコーディネートも簡単に真似できるものばかりなので、自分のなりたいスタイルに合ったデザインとカラーのカーディガンを選んで、

毎日のコーディネートを楽しんでみてください♪

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す

*