冬本番こそダウンジャケット!一味違うおすすめコーデ15選

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 1

冬場のマストアイテムであるダウンジャケット。

どんどん寒くなる時期には欠かせませんよね。

でもダウンジャケットに頼るとコーデが単調になりがち…

そこで今回はダウンジャケットを使ったメリハリコーデをご紹介していきます!

ぜひ参考にしてみてください!

1 ダウンジャケットを着る際に気をつけたいポイント

1-1 シルエットはキレイめを意識して

ただでさえサイズ感が大きく見えるダウンジャケット。

これで丈が長くなってしまったりしたら大惨事です。

丈感はベルトあたりまでのアイテムをチョイスするようにしましょう。

1-2 素材感にも着目しよう

ダウンジャケットでよく使われるナイロンやポリエステルはテカテカしていたり、シャカシャカしていたり、少し抵抗のある方も多いかもしれません。

そんなときはウール系素材のアイテムをチョイスしてみてください。

独特のツヤ感がなくなり、コーデに合わせやすくなります。

2 ダウンジャケットを使ったおすすめコーデ15選

20161217163208968_500

出典:http://wear.jp

ダウンジャケットにスウェットを合わせたコーデ。

スポーティーかつラフな雰囲気ですが、シルエットがタイトめなのでだらしなく見えません。

 

20151228150232541_500

出典:http://wear.jp

全体的にモノトーンの雰囲気ですが、シャツのチラ見せ、ネイビーのダウンでアクセントをプラスしています。

カジュアルになりがちな組み合わせですが、ハットがアクセントになっています。

20161217144612613_500

出典:http://wear.jp

ネイビーを基調にしたコーデ。

ツヤ感のないダウンジャケットはスポーティーな雰囲気が少なく、どんなコーデにも合わせやすいのでおすすめです。

20161209142253503_500

出典:http://wear.jp

全体的にライトブルーでまとめたコーデ。

タイトなシルエットがポイントです。

20161211174821374_500

出典:http://wear.jp

ダウンジャケットを着る際のベーシックなコーデ。

カジュアルな組み合わせでこなれた雰囲気抜群です。

20161218213303621_500

出典:http://wear.jp

キャップを合わせるのもアリ。

ストリート感のあるコーデが完成します。

20161222071636811_500

出典:http://wear.jp

ワーク感のあるカラーのアイテムを使用したコーデ。

ブーツと合わせて男っぽさを醸し出しているのもポイントです。

20161219022805011_500

出典:http://wear.jp

カジュアルさの中に大人っぽさを演出したいときはニットをチョイスするのもおすすめ。

タートルネックのアイテムが大人っぽさをグッと引き立ててくれます。

20161215113257649_500

出典:http://wear.jp

モスグリーンのミリタリー感あるアイテムを使用したコーデ。

スウェットパンツを合わせて無骨な男性の雰囲気に。

ニットキャップの使い方もお手本にしたいところです。

20161215072155098_500

出典:http://wear.jp

サーフ感あるコーデ。

シューズとニットキャップでカラーを合わせているところがポイントです。

20161127175538125_500

出典:http://wear.jp

カモフラージュ柄のアイテムを使ってのコーデ。

柄物のアウターをチョイスするときはシンプルなアイテムと合わせましょう。

20161213113551560_500

出典:http://wear.jp

インナーにパーカーをチョイスしたコーデ。

ワイルドな雰囲気抜群です。

20161211113542592_276

出典:http://wear.jp

ボーダーのニットをチョイスしたマリン感のあるコーデ。

ニットキャップからシューズに至るまでの統一感が抜群です。

20151024102745444_500

出典:http://wear.jp

ニットのダウンジャケットを使用したコーデ。

オシャレな雰囲気を底上げしてくれます。

20161219122938987_500

出典:http://wear.jp

綺麗めな雰囲気でダウンジャケットを着たい場合はホワイトのパンツもアリ。

清潔感のある組み合わせです。

まとめ

いかがでしたか?

ダウンジャケットを着るとみんな同じような格好になってしまいますよね。

しっかりメリハリのある着こなしをして、差をつけてくださいね!

SNSもチェック!