クールビズで履きたい!快適オシャレ靴3選!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
2016-05-coolbiz-shoes01

夏場の足の問題といえば、、、蒸れからくる水虫ですよね。真夏に普通に革靴を履いていると、気づけば足が痒くなっている。。。

そんな状況を打開すべく、クールビズとして夏でも快適に履けるを3つ紹介します!

「オシャレは我慢」とは良く言いますが、今年は「我慢しないオシャレ」を実践しましょう!

1 クールビズでの靴は何色がオススメ?

2016-05-coolbiz-shoes02

出典:http://i.isetan.co.jp/shinjuku/blog/backnumber/entry.php?id=2386

クールビズといえど、「ビジネスシーンに履く靴」ということを考えると、シンプルなモノトーン系のカラーをセレクトするのが無難。

ですが最近ではクールビズが浸透してきたこともあり、ブルーや薄いピンクなどのカラーをオシャレに履きこなす人も出てきていて、自由度が高くなっています。

今年は黒、ブラウン、キャメル以外のカラーにも挑戦してみたいところですね♪

2 オススメしたい靴3種

2-1 スリッポン

2016-05-coolbiz-shoes03

出典:http://zozo.jp

靴紐がなく、足を入れるだけで履けてしまう靴の総称を「スリッポン(スリップオン)」と言います。

簡単に脱ぎ履き出来るので、蒸れを防ぐことが出来て特に夏場に重宝されますが、実は一口にスリッポンと言っても様々なデザインがあるんです。

【オペラシューズ】

2016-05-coolbiz-shoes05

出典:http://zozo.jp

スマートなフォルムで品があり、ビジネスシーンでも人気なオペラシューズ。

かかとを踏んで、スリッパのような履き方をしてもオシャレです。

【モカシン】

2016-05-coolbiz-shoes05

出典:http://zozo.jp

一枚革で作られたスリッポン形式の靴のことをモカシンと言います。

数年前に一世を風靡してから、定番アイテムとなっています。

垢抜けたデザインで根強い人気があります。

【ローファー】

2016-05-coolbiz-shoes06

出典:http://zozo.jp

「loaf=ぶらぶらする」から転じて「怠け者」「のらくら者」の意味がネーミングの元となっているローファー。

元は漁師の履く靴でしたが、今では主に革で出来ているスリッポンの事を指します。

女性が履く靴というイメージが強いですが、メンズのキレイめファッションでも大活躍してくれます!

【ドライビングシューズ】

2016-05-coolbiz-shoes07

出典:http://zozo.jp

靴底がゴム、もしくはレザーにゴムが埋めこまれたタイプの靴をドライビングシューズと言います。

ソールにゴムを付ける事により、運転中でも靴底がすべらないように、アクセルやブレーキを踏む足がより安定するように考案されているので、夏場、仕事中に車を運転する方には特におすすめです。

2-2 スニーカー

 

2016-05-coolbiz-shoes08

出典:http://www.nbalanceathletics.com/products-c-1.html

なかなかビジネスシーンでスニーカーは馴染みがないですが、スウェード生地などのキレイめアイテムであればコーデに取り入れやすいです。

カジュアルダウンしすぎずに、ビジネスカジュアルなコーデを作り出してくれます。

 

2-3 機能性靴

2016-05-coolbiz-shoes09

2016-05-coolbiz-shoes10

出典:http://vector-park.jp/item/002-901604060010/

夏場にオススメな機能性靴として「Hawkins(ホーキンス)のCOOL SYSTEM」というシリーズの靴があります。

靴底に細かな通気口があり、足を着地するたびに靴内部の空気を逃がす仕様になっています。

その為、蒸れを防いでくれるという優れものです!

3 合わせる靴下のルールは?

2016-05-coolbiz-shoes11

出典:http://item.rakuten.co.jp/gintamahonpo/s003/

クールビズファッションをする際の靴に合わせる靴下ですが、カラーやデザインに決まりは特にありません。ただ。。。

2016-05-coolbiz-shoes12

出典:http://item.rakuten.co.jp/snapper-rocks/r-3-314/

このようなくるぶしソックスはマナー上、避けるのが無難です。

4 オススメブランド

4-1 ORIHICA(オリヒカ)

2016-05-coolbiz-shoes14

出典:http://www.orihica.com

ビジネスシーンをリードする本格仕立てのスーツから、ウィークエンドを着こなすトレンドのカジュアルアイテムまで展開するショップ。

スニーカーから、革靴、スリッポンまでバリエーション豊富に取り揃えており、おしゃれな人達を対象としたスーツの新しい形を追求するブランドです。

ビジネスは勿論、オフの日ではカジュアルにも対応するデザイン性抜群のアイテム豊富です。

4-2 SUIT SELECT(スーツセレクト)

c8c4a03030ab7232f67f6f364dd34eb5

出典:https://www.bonbelta.com/shopguide/

有名デザイナーと頻繁にコラボレーションすることでも有名なショップ。

洗練されたデザインとは裏腹に手の出しやすい価格帯のものが多く、年齢を問わず人気です。

4-3 PSFA(パーフェクトスーツカンパニー)

IMG_1539

出典:http://blog.haruyama-co.jp/282/

はるやま商事の1ブランドとして若者向けにデザイン性の高いアイテムを提案しているショップ。

スーツはもちろん、ビジネスカジュアルシーンとプライベートシーン共に着用できるデザインのアイテムのバリエーションも多く人気を博しています。

機能性の革靴からオシャレなスリポンまで取り揃えているので、このショップで一から十まで、靴もバッグも揃っちゃいます。

4-4 EDIFICE(エディフィス)

2016-05-coolbiz-shoes18

出典:http://otonaninareru.net/moteru-brand-2/

EDIFICEという言葉は「なんらかの意味において重要な建物」と言う意味を持っています。

 これはエディフィスが服だけでなく、買い物をする時間そのものも大切にしているというコンセプトからも垣間見えます。

ファッションだけでなく、ライフスタイル全般に興味を持つ高感度な男性顧客層を主な対象とし、時流をとらえたデイリーカジュアルからドレスウェアまでを提案しています。  

大人の男性らしいファッション、提案、空間を楽しめるショップで、スニーカーからスリッポンまで大人なデザインを多く取り揃えています。

5 まとめ

いかがでしたでしょうか? 夏場のクールビズスタイルで履く靴として

  • スリッポン
  • スニーカー
  • 機能性靴

この3つを押さえておくと「我慢するオシャレ」からは卒業して、快適に夏場のビジネスシーンでオシャレを楽しめます。

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す

*