メンズ必見!アイテム別アメカジブランドと3つの着こなし術

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
201607Americancasual-brand_000

アクティブな雰囲気のアメカジ。

飾らなく、男らしい雰囲気が男女ともに人気のスタイルですね。

初心者から上級者まで楽しめるアメカジスタイルは、ファッションの基本から応用まで楽しむことができるジャンル。そのためファッションの楽しさを知る事のできる、とても奥深いスタイルでもあります。

ですが、失敗すると子供っぽく見えてしまったり、清潔感に欠ける着こなしになってしまう事も…。

今回はアメカジファッションを着こなすコツと、アメカジに欠かせないアイテム、オススメのブランドなどをご紹介していきいます!

出典:tokyo.cawaii.media

目次

1 カッコよくアメカジを着こなすための3つの極意

シンプルに見えて実はアイテム毎のバランス感覚が難しいアメカジ。

まずはカッコよくアメカジスタイルを着こなすポイントを押さえましょう!

1-1 実はタイトめな合わせが正解!オーバーサイズは控えよう

201607Americancasual-brand_001

出典:a-mp.jp

アメカジのアイテムはユルい印象がありますが、シルエットだけ見るとタイトめだったり、小さ目だったりします。

トップスはタイトめすぎるとおかしなことになってしまいますが、やや細めぐらいのサイズ感を意識してみて下さい。

ダボッとしたパンツもありますが、腰回りはジャストサイズのアイテムをチョイスしましょう。

ゆったりしたシルエットがカッコ良く見えるサイズ感は「腰回りがジャストかどうか」で判断するのが正解です。

1-2 アメカジテイストを演出してくれるアイテムを知ろう

201607Americancasual-brand_002

出典:vokka.jp

アメカジの雰囲気を演出してくれるアイテムを知るだけで、グッとコーデが完成しやすくなります。

アメカジはメンズファッションでの定番アイテムが多く使われますが、主流のトレンドとは少し違う、アメカジならではのトレンドがあったりします。

アメカジファッションを楽しむ際は「今どんなアメカジがイケてるのか」を意識してみて下さい。

1-3 ブランドにしっかりこだわろう

201607Americancasual-brand_003

出典:popachi.exblog.jp

ただアメカジで使われやすいアイテムを使っているだけではイケてるアメカジスタイルは完成しません。

こだわりのアイテムが多く揃うアメカジでは、ブランドや細かいディテールにこだわる事が大切です。

デニムのボタン1つでアイテムの価値が大きく変わるアメカジにおいては、こだわる事が楽しさに直結します。

ですがアイテムやコーデにこだわりすぎると、ファッション好きな男へのウケは急上昇しますが、女子ウケが急下落していく可能性があるので、気をつけましょう!

2 アメカジに欠かせないアイテムとオススメブランド

ここからはアメカジに欠かせないアイテムとオススメのブランドをご紹介していきます!

トップスからシューズまで、ご紹介するブランドで揃えればかっこいいコーデができること間違いなしです♫

2-1 アメカジでオススメのTシャツブランド

メンズファッションに欠かせないTシャツですが、アメカジではTシャツすらもこだわり対象アイテム。

アメカジで好まれるTシャツは無地Tシャツはもちろん、カレッジテイストのアイテムや、ロゴが入ったTシャツなど。

気の抜けたスタイルを演出してくれるTシャツは、デザイン違いで何枚でも持っていたいですね♫

2-1-1 Champion(チャンピオン)

201607Americancasual-brand_003

出典:http://zozo.jp/

カレッジTシャツに定評があるチャンピオン。

デザインや他ブランドとのコラボレーションも豊富なため、アメカジテイストのアイテムが多く揃います。

2-1-2 JUNK FOOD(ジャンクフード)

201607Americancasual-brand_004

出典:http://www.junkfood.jp/

ポップなプリントが人気のLA発のTシャツブランド。

古着のような風合い、どこか懐かしいカジュアルなデザインが人気のブランドです。

可愛めのキャラクターデザインからロゴのみのシンプルなアイテムまで、幅広く揃います。

2-2 アメカジでオススメのチェックシャツブランド

アメカジでのド定番アイテムであるチェックシャツ。

カラーやデザインもそれぞれで、コーデにアクセントを加えてくれるマストアイテムです!

腰に巻いたりインナーとしたり、シャツアウターにしたりと活躍の場が多いのもポイントです!

2-2-1 REMI RELIEF(レミレリーフ)

201607Americancasual-brand_005

出典:http://zozo.jp/

物作りへこだわりが強いブランド。

特にデニムアイテムに定評のあるレミレリーフですが、チェックシャツのクオリティもしっかり高いレベルで作りあげています。

2-2-2 Wrangler(ラングラ―)

201607Americancasual-brand_006

出典:http://zozo.jp/

歴史あるデニムブランド。

アメカジの歴史を牽引してきたブランドの一つであり、本物の雰囲気漂う作りです。

ガシガシ使えてカラーバリエーションも豊富なのもポイント。

2-3 アメカジでオススメのデニムシャツブランド

どんなコーデにもバッチリはまるデニムシャツ。

いいデニムシャツがあると「とりあえずこのシャツ着ておくか」となるほどだ活躍してくれます♫

アメカジスタイルにもバッチリはまります!

デニムシャツのオススメブランド特集はコチラ

2-3-1 REMI RELIEF(レミレリーフ)

201607Americancasual-brand_007

出典:http://zozo.jp/

またもや登場のレミレリーフ。

レミレリーフで最も人気の高いアイテムでもあるデニムシャツは、ブランドの真骨頂ともいえるこだわりある作りを楽しむ事が出来ます。

一度着ると違いが分かる、ファッションフリークが虜になるアイテムです。

2-3-2 Schott(ショット)

201607Americancasual-brand_008
出典:http://zozo.jp/

100年近くの歴史を持つアメカジの代表的なブランド。

現代でもコアなファンが多いブランドです。

2-4 アメカジでオススメのスウェット(トレーナー)/スウェットパンツブランド

シンプルなアイテムからカレッジ系のデザインのアイテムまで幅広いアイテムが揃うスウェット。

ガシガシと使えてラフな雰囲気を演出できる、アメカジらしいアイテムです。

2-4-1 Champion(チャンピオン)

201607Americancasual-brand_009

出典:http://zozo.jp/

スウェットと言えばチャンピオン。

無地からロゴが入ったアイテムまで揃います。

201607Americancasual-brand_010

出典:http://zozo.jp/

スウェットパンツもチャンピオンのアイテムがオススメ。

多くのブランドとのコラボレーションも行っており、プレミア価格がついているアイテムもあるほど。

スウェットパンツのブランド特集はコチラ

2-5 アメカジでオススメのデニムブランド

特にアメカジでは強いこだわりが問われるデニム。

デニムなしではアメカジは語れません。

一目置かれるアメカジファッションが完成するデニムをご紹介していきます!

デニムのオススメブランド特集はコチラ

2-5-1 Levi’s(リーバイス)

201607Americancasual-brand_011

出典:fashion-basics.com

デニムブランドの頂点に君臨するブランド。

デニムの歴史を牽引し、数々のファッションに大きな影響を与えてきたブランドでもあります。

ヴィンテージアイテムになると百万円単位で取引される事もあり、未だに多くの熱狂的なファンを生み出し続けています。

特に47(ヨンナナ)、66(ロクロク)と呼ばれるモデルが人気で、デニムを楽しむ人の一つのゴールとまで言われていましたが、今ではリプロダクトアイテムが生産され、LVC(リーバイスヴィンテージクロージング)で同モデルが手に入り易くなりました。

最上級クラスの大戦(タイセン)モデルというデニムは、多くのデニムファンの憧れです。

2-5-2 LEE(リー)

201607Americancasual-brand_012

出典:http://lee-japan.jp/

リーバイスと双璧を成すデニムブランド。

リーバイス同様歴史的なブランドです。

こだわりをしっかり貫きながら、高いファッション性でファンを魅了し続けています。

2-5-3 Resolute(リゾルト)

201607Americancasual-brand_013

出典:shop.zabou.org

デニム業界で20年以上デザイナーを務め、デニムファンに支持されてきた林 芳亨(はやし よしゆき)氏が立ち上げたブランド。

メイドインジャパンにこだわり、織布から染め、縫製、仕上げまでの全工程を備後地区の熟練のデニム職人たちの手によって行われます。

リーバイスを踏襲しながらも新しい解釈を盛り込んだデニムは、多くのコアなデニムファンから評価を得ています。

色落ちの仕方も秀逸です。

デニムを育てる事を楽しめる1っ本が見つかります。

2-5-4 RRL(ダブルアールエル)

201607Americancasual-brand_014

出典:www.buyma.com

ラルフローレンのラインの一つであるRRL。

土臭いアメリカな雰囲気の漂うブランドです。

生産、加工、ディテールなどなどに尋常ならざるこだわりが詰め込まれ、秀逸な色落ちとデニムマニアをうならせるデザインで、多くのデニムファンが憧れるアイテムが多く揃います。

リジット(色落ちしていない状態)から育て上げる喜びを感じられる、すべてのデニムファンにオススメできるブランドです。

2-6 アメカジでオススメのチノパンブランド

もともと作業着だったチノパンは、ラフな雰囲気のアイテムとの相性が抜群。

チノパンコーデはどんなスタイルともマッチしてくれるので、コーデに取り入れやすいのもポイント。

こなれたアメカジスタイルを作ってくれるアイテムです♫

チノパンのオススメブランド特集はコチラ

2-6-1 Dickies(ディッキーズ)

201607Americancasual-brand_015

出展:http://zozo.jp/

ワークテイストのアイテムが揃うブランド。

やや太めのリラックスした雰囲気で、ベーシックなデザインが揃うディッキーズのチノパン。

合わせ方は気張らないゆったりした雰囲気のコーデが完成します。

2-6-2 STUDIO D’ARTISAN(ステュディオ・ダ・ルチザン)

201607Americancasual-brand_016

出典:http://search.rakuten.co.jp/search/mall/STUDIO+D’ARTISAN/206373/

レプリカブランドのパイオニアであるブランド。

デニムのラインが特に有名ですが、実はチノパンもオススメ。

比較的タイトめですっきりとコーデに合わせられるのがポイント。

シンプルですが、シャリ感ある加工、太めの番手の糸を使った製作など,

随所に魂のこもったつくりが垣間見えます。

2-7 アメカジでオススメのカーゴパンツブランド

ワーク感の強いカーゴパンツ。

男らしくワイルドな雰囲気を漂わせてくれる、アメカジでマストのアイテムです!

カーゴパンツのオススメブランド特集はコチラ

2-7-1 AVIREX(アヴィレックス)

201607Americancasual-brand_017

出典:http://zozo.jp/

いくつものフライトジャケットを正規支給品として納入してきた歴史あるミリタリーブランド。

特にMA-1に代表されるミリタリージャケットが有名です。

機能性を盛り込んだ無駄のないデザイン、確かなもの作りに定評があります。

2-7-2 ENGINEERED GARMENTS(エンジニアド ガーメンツ)

201607Americancasual-brand_018

出典:http://www.doo-bop.com/

「巧みに設計された洋服」という意味を持つブランド。

実は日本のブランドですが、生産の全工程をアメリカで行っており、昔ながらのアメリカのディテールをしっかりデザインに落とし込んでいます。

作りも圧倒的なためにアメカジフリークからの評価も高く、本物の雰囲気を感じさせてくれるブランドです。

2-8 アメカジでオススメのスニーカーブランド

アメカジスタイルにはスニーカーが欠かせません。

ローテクスニーカーは特にこなれたアメカジ感を出してくれるのでオススメです♫

コーデをより意味のあるものに格上げしてくれるブランドをご紹介します!

オススメのスニーカー特集はコチラ

2-8-1 CONVERSE(コンバース)

201607Americancasual-brand_019

出典:http://zozo.jp/

アメカジには欠かせないコンバース。

様々なライン、年代などで値段も変わってくるため、こだわりがいのあるアイテムです。

クタクタになったキャンバズ地のコンバースはアメカジファッションの説得力をグッとあげてくれます。

2-8-2 VANS(バンズ)

201607Americancasual-brand_020

出典:出典:http://zozo.jp/

スケーター系、サーフ系から好まれるバンズ。

どんなコーデにもはまってくれる便利なスニーカーです。

リラックスした雰囲気の表情が、コーデをよりこなれた印象に見せてくれます。

カラー、デザインが豊富なため、気分によって履き替えて楽しめますね。

2-9 アメカジでオススメのレザーシューズブランド

トラッドスタイルなどに欠かせない革靴や、ワーク感あるブーツなど、タフな雰囲気のアメカジを楽しむ上では持っておきたいレザーシューズ。

アメカジコーデのランクを格上げしてくれるアイテムです。

2-9-1 ALDEN(オールデン)

201607Americancasual-brand_021

出典:http://zozo.jp/

1884年アメリカ、マサチューセッツ州ミドルボロウにおいてスタートしたアメリカ屈指の老舗ブランドです。

アメリカントラディショナルスタイルをリードしてきた最高峰ブランドでもあります。

伝統的な靴作りを貫きながらも、新しい素材や木型等も開発しており、常に時代をリードしています。

オールデンのシューズは誰もが憧れる一品です。

チャッカブーツ以外にも、ローファー、ブーツも取り揃えています。

チャッカブーツのオススメブランド特集はコチラ

スエードシューズのお手入れ方法はコチラ

2-9-2 G.H. Bass & Co.(バス)

201607Americancasual-brand_022

出典:http://zozo.jp/

1876年に、George Henry Bass氏により創業されたアメリカ老舗のシューズブランドです。

世界で始めてローファーを作った会社でもあります。

ローファーとは「怠け者」があり、その名の通り脱ぎ履きしやすいデザインです。

実直な作りの合わせやすいアイテムです。

ローファーのオススメコーデ特集はコチラ

2-9-3 Danner(ダナー)

201607Americancasual-brand_023

出典:http://zozo.jp/

人気の高いアメリカのワークブーツブランド。

作りにこだわり、堅牢なのに歩きやすく、ただのワークブーツとは違うどこか上品な雰囲気を漂わせます。

2-9-4 RED WING(レッドウィング)

201607Americancasual-brand_024

出典:http://zozo.jp/

キングオブブーツと称されるほどのブランド。

履けば穿くほど愛着がでるアイテムです。

ブーツの種類も70種類以上あるため、気に入ったアイテムを探しにお店に足を運んでみるのもオススメです。

2-10 アメカジでオススメのミリタリーアイテムブランド

無骨で男らしい雰囲気を演出してくれるミリタリーアイテム。

近年トレンドのMA-1に代表されるミリタリージャケットはコーデに登場する機会も多いですが、実は数多くの種類があるためにモデルを見極めるのが困難。ミリタリージャケットの種類も併せてチェックしておきましょう!

2-10-1 ALPHA INDUSTRIES(アルファインダストリーズ)

201607Americancasual-brand_025

出典:http://zozo.jp/

軍にアイテムに提供していただけある確かなクオリティが自慢のブランド。

特にMA-1の人気が高い事でも知られます。

近年でも通用するようなデザイン性も兼ね備えており、スタイリッシュなミリタリ―スタイルが多く揃います。

2-10-2 AVIREX(アヴィレックス)

201607Americancasual-brand_026

出典:http://zozo.jp/

こちらも軍に多くのアイテムを提供してきたブランド。

アヴィレックスのアイテムは有名映画などにも登場しており、コアなファンが多くいるのも特徴。

無骨で男らしいミリタリーテイストのアイテムが多く揃います。

2-11 アメカジでオススメのデニムジャケットブランド

合わせやすいデニムジャケットはアメカジには欠かせないアイテム。

チェックシャツやカットソーの上からサラッと羽織ってもよし、スウェットの上から着てもよし。

デニムシャツを羽織る感覚で使ってみて下さい。

2-11-1 Denime(ドゥニーム)

201607Americancasual-brand_027

出典:http://zozo.jp/

デニムに定評あるブランドのデニムジャケット。

細部まで丁寧に作りこまれたジャケットは、デニム本来の育てる楽しさも備えながらも、

キレイなシルエットが魅力的。

デイリーで使いやすいアイテムです。

2-11-2 Lee(リー)

201607Americancasual-brand_028

出典:http://zozo.jp/

リーの定番、ボアストームライダー。

デニムジャケットだけだと少し肌寒い時などにオススメです。

2-12 アメカジでオススメのレザージャケットブランド

問答無用のワイルド感を誇るレザージャケット。

ゆるめのアメカジスタイルをグッと引き締めてくれます。

タイトめなサイズ感のアイテムをチョイスするのがポイントです♫

2-12-1 Schott(ショット)

201607Americancasual-brand_029

出典:http://zozo.jp/

1928年に世界で始めてジップ開閉のライダースジャケットを開発したショット。

確かな歴史あるブランドのアイコンアイテムでもあるレザージャケットは、アメカジ好きであれば是非袖を通したい所です。

2-12-2 VANSON(バンソン)

201607Americancasual-brand_030

出典:http://zozo.jp/

アメリカ最大のモーターサイクルジャケット専門のブランド。

体になじみやすい上質の革を使用したウエアを、アメリカの職人たちによって丁寧に仕上げている、アメリカ屈指のレザーブランドです。

レザージャケット好きの憧れのブランドでもあります。

2-13 アメカジのオススメのキャップブランド

アメカジでは帽子をアクセントにする事が多くあります。

コーデがさびしい時、もう1点加えたい時など重宝します!

オススメのキャップブランド特集はコチラ

2-13-1 Healthknit(ヘルスニット)

201607Americancasual-brand_031

出典:http://zozo.jp/

コットンのクオリティに定評のあるヘルスニットのニットキャップ。

シーズン問わずに使えてコストパフォーマンスも高いアイテムです。

2-13-2 POLO SPORT(ポロスポーツ)

201607Americancasual-brand_032

出典:mericca.shop-pro.jp

ラルフローレンのラインであるポロスポーツ。

現在はポロスポーツとしてのライン自体はありませんが、流通はしています。

コアなファッションフリークにまで人気が及ぶ人気のブランドです。

3 アメカジアイテムが手に入るオススメセレクトショップ

ここからはアメカジテイストのアイテムをセレクトしているショップをご紹介!

是非アメカジ系のアイテムを探す際は参考にしてみて下さいね!

3-1 BEAMS(ビームス)

201607Americancasual-brand_033

出展:www.karuizawa-psp.jp

超有名セレクトショップであるビームス。

アメカジ系のTシャツはもちろん、サーフ系、ストリート系など幅広く揃います。

とくにアメカジ系のセレクトが光るショップです。

3-2 FREAK’S STORE(フリークスストア)

201607Americancasual-brand_034

出展:matome.naver.jp

まさにアメリカらしいカジュアルファッションを中心に提案を行っています。

常に新鮮、でもどこか懐かしい、こだわりを持ったアイテムが見つかる事間違いなしです。

土臭く、男らしい雰囲気のアイテムに定評がります。

3-3 JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)

201607Americancasual-brand_035

出典:nagoya.parco.jp

セレクト、オリジナル商品の特徴はアメリカンテイストでカジュアルなものが多く揃います。

定番アイテムの中にひねりのあるアイテム、セレクトが光るショップです。

男らしさあるラインナップが魅力的です。

3-4 Ron Herman(ロンハーマン)

201607Americancasual-brand_036

出展:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

洗練されたアイテムが揃うLA発のセレクトショップです。

セレクト商品もさることながら、オリジナル商品にも高い人気があります。

アメカジ系、サーフ系テイストのアイテムが多く揃います。

ワンランク上の品揃えが楽しめるショップです。

まとめ

いかがでしたか?

アメカジの着こなしのポイント、ブランドをご紹介してきました。

着こなしのポイントは、

  • サイズ感を意識
  • アイテムを意識
  • ブランドを意識

この3ポイント。

イケてるアメカジアイテムを着こなして、カッコいいアメカジファッションを楽しんで下さいね!

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す

*